So-net無料ブログ作成
検索選択

『夜逃げ屋本舗』青春俳優の10年後は“合法的夜逃げ屋の社長”

夜逃げ屋本舗

『夜逃げ屋本舗』(1992年、光和インターナショナル・日本テレビ/東宝)が、明日5日、日本映画専門チャンネルで、19時5分から放送されます。青春俳優として一時代を築いた中村雅俊が、10年後に演じた役は、合法的夜逃げ屋の社長でした。



『夜逃げ屋本舗』は、債権者に追われる多重債務者を、正当な手段で夜逃げ斡旋する業者“ミッドナイトラン”と、それを阻止する金融機関“大帝都信販”とのたたかいを描いたハウツーコメディです。

夜逃げ屋“ミッドナイトラン”の社長は中村雅俊、大帝都信販調査室の調査員は大竹しのぶが演じています。

正しい知識とノウハウで「夜逃げ」を展開させるために、宇都宮健児弁護士が協力している本格的な作り方です。

宇都宮健児氏『ニコニコ生放送』に出演

まあ、単純に考えれば、「借りたものは返すのが当たり前だろう。返さないのが悪い」ということになります。

私は、この考え自体は、人として失わないでほしいと思います。

が、契約社会の現代は、それを逆手に取って、契約さえすればプロセスは第一義的には問われないと、かなり強引な絵図を描いて、弱い人を追い込む場合が往々にしてあります。

また、取引先が急にトンでしまったことで、連鎖的に経営が立ち行かなくなってしまう場合もあります。

合法的だけれど、モラルがなかったり、理不尽だったりする追い込み方をされるのなら、合法的に逃げたっていいじゃないか、という考え方もあるわけです。

私自身は、自己破産というのは無責任で嫌だな、という考えを以前もっていました。

それによって、どれだけの人に迷惑をかけるだろう、と思い巡らせてしまうからです。

でも、自分を殺さずに復帰させる道筋を残すことで、それは後から埋め合わせができるかもしれない。

責任を一人でかぶって首をくくっても、何も解決しない。

だから、自己破産もまた「あり」なのかも、という考えも、歳をとってから持てるようになりました。

世の中というのは、価値観や利害の衝突が絡むとむずかしいものですね。

青春俳優からサルベージ俳優へ


私がこの作品に興味を持ったのは、日本テレビ・東宝の作品として、中村雅俊が出演していることです。

中村雅俊といえば、文学座研究生時代の1974年、東宝制作、日本テレビ放送の『われら青春!』の主演教師役に大抜擢され、お茶の間に登場しました。

われら青春.jpeg

その当時は、宮城訛が完全には抜けておらず、番組自体の視聴率もさほど高くなかったのですが、スタッフや共演者の間に、「俊(ドラマでの役名)をスターにしよう」という機運が盛り上がっていたそうです。

以来、『つくし誰の子』『俺たちの勲章』『俺たちの旅』『俺たちの祭』『青春ド真ん中!』『ゆうひが丘の総理大臣』と、なんと1980年まで、日本テレビはたてつづけに主演ドラマのチャンスを与え続け、中村雅俊は青春群像劇の象徴的俳優にのぼりつめました。

しかし、名子役がいずれ消えてしまうように、世代的キャラクターが定着してしまうと、歳をとった時にその脱皮が難しくなります。

中村雅俊も、『俺はおまわり君』(1981年)という警官ドラマで、これまでの青春キャラクターとは違う“単なる中間管理職”を演じ、その壁を感じざるを得ませんでした。

案の定、日本テレビの、中村雅俊を主人公とした一連のドラマは、ここで終了しています。

挫折や動揺を隠さず、試行錯誤を繰り返したあの青春群像は、歳をとったらどうなるのか。

普通のサラリーマンではつまらないし、かといって夢を壊すような役も演じてほしくない。

そんなふうに思いながら10年。

沈黙を破って登場した元青春俳優の役は、「合法的夜逃げ屋の社長」でした。

その意味で、この作品は、俳優・中村雅俊の大河ドラマを見るような趣もあると私は思っています。

明日の19時5分。関心のある方はいかがですか。

スポンサードリンク↓

高齢親の介護は、長男が、息子が、末娘がみなければならないのか


正月から、身につまされるニュースですね。

「一生懸命介護しているのに、分かってくれないから殴った」47歳息子を逮捕、母親死亡

介護

これは悲惨です。

介護という逃げ道のない苦労を背負った者の気持ちは、それをしたことのない人にはわからないでしょう。

ただ、コメントには、深読みしているものがあって

介護してるのは嘘で/年金食いつぶしてるだけの息子に激怒したら/逆上されて殺された

のではないか、というものもあります。

以前から書いていますが、事件報道は、取材に来た記者が、現場検証の警官や刑事たちとの非公式な話や、近所の人の無責任な談話から記事を作ることがありますから、マスコミ報道が間違っていることは十分ありえます。

その意味で、大切な指摘です。

しかし、今回はとりあえず警察からの発表ですから、今後の取り調べや裁判でひっくり返ることはあるかもしれませんが、少なくとも記事の限りではマスコミの捏造や勘違いは疑う余地がないことはわかります。

さて、親の介護の問題ですが、民法877条第1項には、「直系血族及び兄弟姉妹は互いに扶養をする義務がある」と規定していますから、私達が法律を真面目に守れば、遠い親戚もいない天涯孤独でない限り、誰かが誰かを支えることになっているはずです。

それが実現しない口実は、すべて家制度の考えかたを残していることにあります。

だって、こういうとき、追い詰められて親を殺したり自分が自殺したりするのは、たいてい介護を押し付けられた長男末娘と決まっているじゃないですか!

長男だから、家庭を持っているから、持っていないから、男だから、女だから、ということに関係なく、配偶者の親も含めて、どちらの親もみんなで支えるという文化や価値観をなんとかもてないものでしょうか。

もちろん、福祉の充実は必要です。

でも、自分の親への気持ちや責任をそれでごまかしてほしくない。

社会のことは社会のこととして、個々の人々の心がけも何とかしなければ、と私は思います。

夜逃げ屋本舗 [DVD]

夜逃げ屋本舗 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(344)  コメント(38)  [編集]
共通テーマ:映画

nice! 344

コメント 38

caterham_7

コメントありがとうございます。
こちらこそ本年もよろしくお願いします。
by caterham_7 (2017-01-04 17:22) 

そら

そうですね、俳優のイメージというものはなかなか消えないものですよね。
by そら (2017-01-04 17:55) 

たいちさん

青春俳優・中村雅俊、懐かしく、ノスタルジーを感じますね。
by たいちさん (2017-01-04 18:14) 

侘び助

返せなくなると困るので1人になってからはカード支払いを
止めました。先銭・チャージして使っているカード会社
年会費500円引き落としをされました@@~
年間50000円以上カード支払いをしないと・・・いけないようですね。
仕方ない・・・5万円分買うことにするか~(優良客なのに何だか変~)
by 侘び助 (2017-01-04 18:40) 

シー

遅くなりましたが「あけましておめでとうございます」
本年もよろしくお願いいたします。
私の中では「俺たちの旅」の方が印象に残る中村雅俊かもしれません
by シー (2017-01-04 19:18) 

johncomeback

『われら青春!』観てました、中学生だったなぁ。

僕の妻は介護福祉士(ホームヘルパー)です。
介護の現場は本当に悲惨な状況のようです。

by johncomeback (2017-01-04 20:24) 

ぱんだはんな

本年もよろしくお願いいたします。
病人や怪我人の看病にしても、介護にしても
「する」側と「される」側とに、お互いの立場を
考え合う余裕があれば、ひどい状況には
なりにくいのだと思いますが、現実はとても厳しいですね。
by ぱんだはんな (2017-01-04 21:18) 

green_blue_sky

『夜逃げ屋本舗』は面白い映画でしたね。
中村雅俊さんがやると、役にはまっている。
by green_blue_sky (2017-01-04 21:40) 

末尾ルコ(アルベール)

中村雅俊のテレビドラマは確かに子どもの頃は観ていました。わたしは今でも松田優作の大ファンで、松田優作との共演もありましたね。現在から見れば、ずいぶんミスマッチな共演でした。松田優作が子どもから大の大人まで熱烈に支持させるカリスマを持っていたのに対し、中村雅俊はハイティーン(笑)の頃にはもうまるで引っ掛かって来ない俳優になっていましたね。あまりに毒がなさすぎるというのも一つの要素でしょうし、日本独特の「青春ドラマ俳優」の最たる存在は森田健作かなとも思いますが。そう言えば、森田健作ともドラマで共演していた石橋正次が大好きだったという事実(笑)も思い出しました。『アイアンキング』のとか。

>配偶者の親も含めて、どちらの親もみんなで支えるという文化や価値観をなんとかもてないものでしょうか。

大大大賛成です。そのためにも常日頃、家族の関係が薄っぺらにならないような努力が必要だと思ってます。そしてわたしも現在大いに努力していることが、幸いにもまだまだ元気な親の状態を維持、できれば増進させてあげるという方向性です。何はともあれ、「家族だから」という事実に甘えるのではなく、「よき家族関係を創る」普段の努力が必要だと感じています。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-01-04 22:11) 

cyoko1112

こんばんは。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。
by cyoko1112 (2017-01-04 23:05) 

ナベちはる

「家族全員で支える」ことは、(仰る通りに天涯孤独でなければ)それほど問題なく出来ることのはずなのですが、いろいろと面倒だからなのかあまり出来ている印象がないです…

文化や価値観を持つと同時に、「介護は面倒だ」という考え方も変えていかないといけないかもしれません。
by ナベちはる (2017-01-05 00:17) 

sasorimodoki

こんにちは^^
親が死んだら一緒に死にたいって妹に言ったら、私もって。
女の子ってそういう子多いみたいですね~厳しい世の中だし。
あまり深く考えた事ないけど、死ぬまで家族と一緒にいたい!
やっぱ恋人や夫と親は違うんですよね~

by sasorimodoki (2017-01-05 00:31) 

藤並 海

友人の母親は「うちの娘は腰が悪いから嫁に出せない」
本人が知らない間に縁談を全部断っていたそうですが
ある時喧嘩になって感情的になった母親が
「あんたに出て行かれたら、面倒見てくれる人がいない。
婿養子以外を取る以外の結婚は認めない」
と言ったそうです
親の側が特定の子供に頼ろうとする姿勢にも
問題はあるかもしれません

面倒をみられる家族が一人に特定されてしまう場合
もっとサポートが必要だと思います
by 藤並 海 (2017-01-05 00:38) 

yamatonosuke

中村雅俊さんが出演されるので見てみようかな。金曜日にはバカボンもやりますね。
by yamatonosuke (2017-01-05 01:44) 

えのみ

今は介護が充実していると思いますが
私達の頃にはどうなってしまうのか不安です。
孤独死になってしまうような…。
by えのみ (2017-01-05 02:11) 

sterling.hide.j

 いっぷく さま

ご訪問とナイス! コメントを、

本当に! いつも、有難うございます。


中村雅俊 さんが、森田知事と、張り合っていたころは、

済みません、私の 物心が付いていません。


分かったのは、

だからきょねんから、「 逃げるは、役に立つ 」と、、、

、、、もしかして、、、違うドラマですか???


また、宜しくお願い致します。 

by sterling.hide.j (2017-01-05 02:53) 

斗夢

中村雅俊は生まれ故郷が同じだから興味はあったのですが
あまりドラマを見ていません、歌は聞いていましたが^^。
遺産には権利だと云って群れたかるのに、親の面倒をみること
からは逃げる・・・親の面倒も全財産も長男に、というのが
わたしの考えです。

by 斗夢 (2017-01-05 04:53) 

kinkin

中村雅俊の青春ドラマ系は見ましたね・・・・
介護、生易しいものでは無いですよ、介護する方も
さもすると仕事を辞めて介護に専念という場合も有り
そうなると、収入は絶たれます。
また、介護される方も、ボケや痴呆といった事も起き
介護する側の事なんか判らない場合も、こう言った事を
少しでも軽減するために介護保険を作ったはずなのに
なんやかんやと、介護する手があるとか色々条件付け
られて、思うような介護が受けられないのが現状。
今回の事件もそうだし、芸能人で言えば清水由貴子
みたいに介護疲れで自殺なんて事もあります。自分の
親も介護が必要でこの点つくづく感じました。
もう少し本腰入れて考えて欲しいですね国には、そして
無責任な報道は止めて欲しいです。
長文のコメント失礼しました。
by kinkin (2017-01-05 05:06) 

toshi

過去の面白そうな映画、あまり見てません。
映画も見てみたいです。
by toshi (2017-01-05 06:08) 

pn

無駄にまじめだから自己破産しないで自殺。
無駄にまじめだから介護押し付けられて自殺。
世間の目もそうさせているんじゃないのかなとも思います。
by pn (2017-01-05 06:16) 

HOLDON

あけましておめでとうございます。
今年も貴重な記事、楽しみにしております。
私、きっちり戦後そのものでございます。
by HOLDON (2017-01-05 06:58) 

なかちゃん

中村雅俊のドラマはたくさん見たように思うのですが、『われら青春』と『俺たちの旅』以外はほとんど憶えていません。
その後1977年に、映画『男はつらいよ 寅次郎頑張れ』に出演したのが嬉しかった記憶があります。
『夜逃げ屋本舗』は観てないので分かりませんが、好きな役者さんでした ^^
介護の問題は、ボクもたまに考えることがあります。
今はオフクロはまだ元気ですが、いつ介護が必要になっても仕方のない年齢ですからね…
ただ、考えると暗~くなりそうなので、正直目を背けているのがホントのところかもしれません。

by なかちゃん (2017-01-05 08:36) 

yossy

夜逃げ屋本舗 懐かしいですね
TVでよく見てました
by yossy (2017-01-05 08:57) 

kohtyan

介護の問題は、切実です。まじかに迫っています。
他人事ではなく、今、真剣に考えざるをえません。
by kohtyan (2017-01-05 09:22) 

Take-Zee

こんにちは!
中村正俊さん・・懐かしいなあ。
同い年です。

by Take-Zee (2017-01-05 09:34) 

馬爺

遅まきながらあけましておめでとうございます。
今年は5日迄ブログはお休みと云う事でゆっくりとしておりましたが今年は毎日は更新不可能な事も起きそうですがよろしくお願いたします。
by 馬爺 (2017-01-05 10:48) 

ojioji

「私達が法律を真面目に守れば、遠い親戚もいない天涯孤独でない限り、誰かが誰かを支えることになっているはず」「福祉の充実は必要です。でも、自分の親への気持ちや責任をそれでごまかしてほしくない」「社会のことは社会のこととして、個々の人々の心がけも何とかしなければ、と私は思います」
全く同感です。社会が、政治が、行政が、じゃあなくて、個々の人々よ、しっかりせい!と周囲に吠えております。地元美咲町の京都に負けない程の過剰福祉(介護保険料は県下トップ、全国三位^^;)にうんざり。そのくせ男性は全国屈指^^;の短命(平均寿命76.75歳、女性は強し86.93歳、えっ男は10年も早死!?腎虚になるほどの傾城の美女たちが美咲町にいるのだろうか、未だ見ず)、そりゃあ住民が去勢されて腑抜けになるわけです。地域老人のペット化を推進して、年寄りの票田を確保。厳しい正論を説く議員は落選。町税収入わずか11.5%にもかかわらず、町議会では金の使い道ばかり大の大人が年中話し合い、その負担をさせられている大都市住民はますます田舎に反発。早く目を覚ませ、美咲町住民田舎人よ、地産地消、自給自足を目指して独立独歩の気概を持とうよ、生き物はひとりで生きられなくなったときに去るのがマナー、EXIT from life、といつの間にか、地元民に吠えておりました^^;m(_ _)m
by ojioji (2017-01-05 11:54) 

ミムラネェ

あけましておめでとうございます
本年も色々な視点での記事楽しみにしています^^
夜逃げ屋本舗、ちょうど見ました。面白かったです
介護はこれからめじろおしでやってきます<( ̄∇ ̄;)ゞ
by ミムラネェ (2017-01-05 12:12) 

海を渡る

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年は落ち着いて写真を撮りに行きたいと思います(^^)
by 海を渡る (2017-01-05 12:59) 

ヤッペママ

本年もよろしくお願いいたします。
by ヤッペママ (2017-01-05 13:24) 

うつ夫

家制度的の思考を、それが当てはまらない家にも当てはめるのが悲劇のもとでしょうね。
相続する家督もないのに、長男だからというだけで全部押しつけるのは他人から見ても無茶苦茶な場合はあります。
by うつ夫 (2017-01-05 13:27) 

emi

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします♪
中村雅俊さんは歌を歌ってたイメージが強いです。
夜逃げ屋本舗面白そうですね(^-^)
by emi (2017-01-05 14:57) 

ひでほ

夜逃げ屋本舗なつかしいです。
by ひでほ (2017-01-05 16:21) 

erena

何でもそうだと思いますが
その立場になってみないと実際は
わからない事ばかりだと思っています。
ただ 時々にでも 相手の立場になって
考えてみたり寄り添うことは
お互いにできる大事な事だと思います。
そのためにも プロや経験者の方々の力を借りて
いろいろな面での余裕や安心は大事だと考えます。
いっぷくさん
今年もよろしくお願いいたします!
by erena (2017-01-05 16:45) 

Mrブラックアウト

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。
早々と年賀のご挨拶をいただきまして有難うございました。
by Mrブラックアウト (2017-01-05 17:36) 

犬眉母

相続することと、親の面倒を見ることは、法律上全く別の話。
家制度以前に、長男だけに扶養を押し付けることが間違いですよ。
もちろん、相続者の間でそういう合意があれば別ですが。
by 犬眉母 (2017-01-05 22:40) 

ipanemaoyaji

まさに同感です。
国が何をしてくれるかより、個人が国に対して何をできるのかを・・といったケネディの言葉とまでいかなくとも、何でも制度のせいにしたり、頼りっ放しが当然の権利のように受け取られがちの最近の世相は、自分も含めて反省をして価値観を変えていかなければ、日本は衰退するばかりと思っています。
by ipanemaoyaji (2017-01-06 13:28) 

utamaroco

長男に旨みないでしょう。
家督相続とか言っても、サラリーマンが過半数を超える現代で、
何相続するの?
退職金と10坪や20坪の相続?プッ
田舎の旧家や商売してる人じゃあるまいし、
何を名家ぶってんだか。
サラリーマンなんて退職したら何でもない人じゃない。
by utamaroco (2017-01-07 00:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます