So-net無料ブログ作成

吉岡吉典さんを思い出す石破茂内閣府特命担当大臣の真意は……

吉岡吉典

吉岡吉典さん(1928年5月16日~2009年3月1日、元参議院議員、日本共産党政策委員長)の名前が、思わぬところで思わぬ人から発せられました。内閣府特命担当大臣である石破茂氏のブログ記事です。自由民主党の現職大臣が、日本共産党から選出され党幹部だった人を思い出すその真意は……?(上の画像はGoogle検索画面より)


石破茂氏のブログ記事が話題です。

法案成立など
http://www.huffingtonpost.jp/shigeru-ishiba/passing-bill_b_10174910.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001

石破茂
Facebookより

参議院本会議で、国家戦略特区法の改正案が可決され、今国会で所管している提出法案3本がすべて成立して、担当大臣としては、「まずは一息ついたところ」だそうです。

そして、石破茂氏は、議会の質疑を振り返っています。

山本太郎議員との質疑が、「お互いに言いっぱなしで全然噛み合わず、とても虚しい気がした」ことを告白した上で、他党だから噛み合わなかったのではなく、「立場や主義主張の異なる他党の議員にも、立派な方は多く居られます」として、日本共産党の政策委員長で参議院議員だった、吉岡吉典氏の名前を挙げています。
共産党の吉岡吉典参議院議員は、歴史に深い造詣を持たれたとても学究肌の方で、小泉内閣の防衛庁長官時代に外交・防衛委員会で有事法制やイラク派遣を巡って随分と激しい議論を戦わせたものでした。
2004年に引退される際、市ヶ谷の防衛庁長官室においでになり、「何故共産党の議員がここに来たのか、不思議に思っているだろう?あなたと私は思想も政策も全く違うが、真正面から議論に応じてくれてとても嬉しかった。最後にこれだけは言っておきたくてここに来たのだ」と言って下さったことは大切な思い出であり、ささやかな誇りでもあります。その吉岡議員も2009年に急逝され、とても寂しい思いがしたことでした。

参議院通常選挙が近く、安倍晋三総理や、菅義偉官房長官が「民共共闘」に神経質なコメントを発している時です。

にもかかわらず、たとえ現役ではなくても、日本共産党から選出された議員の名前を挙げるというのは、その反響を考えるとかなり勇気がいることであり、石破茂氏の矜持をそこに感じることができます。

この石破茂氏の記事には、「だから何?お前の自慢話なんか聞きたないわ」という批判的コメントも入っていました。

でも、石破茂氏が記事を書いた意図や自覚はどうであれ、つまり、自慢だろうが、安倍総理に対する当てこすりだろうが、私から見ればどちらでもいいことです。

ものを書くときは、誰だって書きたい動機や目的があるから書いているわけで、それがたとえ「自慢」だったとしても、それだけで書き手を咎めるわけにはいかないでしょう。

問題は中身です。

ここで私が着目したのは、きちんと議論できる政治家なら、たとえ党派が違ってもお互い認め合うとしている点です。

そして、石破茂氏は、山本太郎議員のような人ではなく、もっとちゃんと議論ができる議員が選出されて欲しい、と言っているわけです。

私は、非常識から新しい常識が生まれることもあると思うので、200人以上参議院議員がいるなら、ひとりぐらい、山本太郎議員のような人がいてもいいだろうとは思います。

ただ、やはりオーソドックスな政治家というのは、政策立案と実行力であり、野党議員なら、きちんと与党議員や大臣と実のある答弁ができることが求められると思います。

スポンサードリンク↓

「人間党」の議員・候補者であるか


過日、このブログでは、やはり日本共産党選出だった山原健二郎元衆議院議員をご紹介したことがあります。

山原健二郎さん、元“人間党”代議士を思い出す

人間党」というのは、元参議院議員で、小沢一郎氏の懐刀といわれた平野貞夫氏の造語です。

日本共産党の基礎票が3万の高知(全県区)で、山原健二郎さんが当選圏の6万票をとり続け9期連続当選したのは、党派を超えた信頼と人気があったからだ、という話です。

「人間党」とは、個々の政策について意見の違いは党派でいろいろあるでしょうが、人間としての普遍的な資質や能力、人格などが幅広く支持されている人材、ということだろうと思います。

平野貞夫氏は、「人間党」たる人材として、日本共産党では、同郷の上田耕一郎元副委員長、寺前巌氏、そして、今回の吉岡吉典さんなどを挙げています。

中選挙区時代であったことが大きいと思いますが、野党でも「人間党」としての人材がそろっていたわけです。

当時はもちろん、自由民主党や日本社会党にもそうした人材はいたと思います。

それが今は、いなくなってしまった(……と思う)。

昨今、野党共闘が話題になり、候補が一本化された場合の得票見込みとして、前回選挙における各野党候補者の得票数の「足し算」をもとに、ああでもないこうでもないと数字の議論が行われています。

間違いではないでしょう。

でも、それは、疫学調査などに例えるなら、しょせん過去の選挙の得票数から考える「後ろ向き」分析に過ぎません。

選挙は過去ではなくこれから行われるのです。

大事なのは、どんな政治を目指しているのか、そして何より候補者自身に「人間党」としての魅力があるのか。

基礎数を超えて無党派の有権者の心をつかむには、今こそそれが問われているのではないかと私は思うのです。

総点検 日本の戦争はなんだったか

総点検 日本の戦争はなんだったか

  • 作者: 吉岡 吉典
  • 出版社/メーカー: 新日本出版社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク↓


nice!(305)  コメント(9)  [編集]

nice! 305

コメント 9

痴情通

要するに山本太郎が悪いとww
by 痴情通 (2016-05-29 02:37) 

旅爺さん

吉岡さんを思い出す石破大臣の真意は・・・大学で同期だったとかあるのかな?。 カエルの弁当箱は持ち帰って孫にあげました。
by 旅爺さん (2016-05-29 08:32) 

pn

不同意の同意こそ民主主義の基本だと思ってますので吉岡さんみたいな議員がたくさん増えれば国会もちゃんと議論するんだろうなぁ。
by pn (2016-05-29 09:14) 

やおかずみ

確かに昔の政治家は右でも左でも味のある人が多かったように思います。
by やおかずみ (2016-05-29 15:11) 

ニューパソコンの通りすがりの空です

 山本太郎議員は、歯がゆかったのかも?
 私も、石破氏に関しては、歯がゆい思いというか、裏切られたような気持ちを持っています。
 結局防衛官僚に、GPSは付きませんでしたよね。
 あの頃と比べて、現在の石破氏は、何か変わっているのでしょうか?


 ところで、話を変えてすいませんが、日本のお天気について、書かせてください。といっても、今日31日の私も、全然チェックできていません。

 ただ、うろ覚えですが、今日は、荒天になる地域が多いという話があったと思うので、心配です。
 もし、遠くない時期の災害被害などで、通常の場合よりも災害に対して弱くなっている地域が、荒天になった場合、更に心配です。
 もし、災害に対してかなり弱くなっていると思われる九州の被災地が、荒天になるなら、尚更心配です。
 そのような地域は、災害に対して弱くなっている分、警戒や注意を増すべきと思います。

 と書いていて思ったんですが、荒天で風が強くなったら、海も荒れるのかも?(遠い所で強い風が吹くことで、近くでは吹いてなくても、海が荒れることもありますよね。)

 警戒や注意が必要な地域の方々は、どうぞお気をつけて。
 お天気などに関する最新情報などを、小まめにチェックなさって(気象庁は、「地元の気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意してください」みたいなことをよく言います)、必要に応じて、早目早目の避難などなさっていただければ、と心から願い祈っております。

 ただ、屋外での活動が難しくなった状況でも、ど素人考えですが、避難がどうしても必要な状況、というのもあるかも?とも思います。
 そういった状況の場合には、自衛隊のようなプロの人達に、2次災害にはくれぐれも気を付けつつ、無理になりすぎないように、避難のサポートなどしてもらって、避難するというのもありでは?などと思います。
 どうぞお気をつけて。ご無事を祈ります。


 それから、今日もやはり、暑くなる地域がありそうなので、熱中症も心配です。(湿度が高いと、それほど気温が高くなくても、熱中症になるそうです。)

 この時期は、まだ体が暑さに慣れていない人達もいると思います。
 それに、熱中症は、疲れや体調不良などがあると、なり易いらしいです。(最低気温と最高気温の差の大きさなどでも、体は疲れてしまうようです。)
 暑さの戻りでも熱中症になり易くなる、みたいな話もあったような…?
 そのように、暑さに慣れていないとか、疲れや体調不良などあるとか、お天気が暑さの戻りの陽気になった、みたいな場合、熱中症になり易い高齢者の方々や子供達だけでなく、一般の人達も、熱中症になってしまうことがあるかも?(ど素人考えかもしれませんが。)
 「予防のために、こまめな水分補給や、適度の塩分補給を」
みたいな話を聞きました。(私流の熱中症対策を書かせていただきますと、「熱中症かな?」と思った時、私は、涼しい部屋で静かに横になって、喉とか手首とか額などに冷たい水で濡らして絞ったタオルなどを当てて冷やして、気分が良くなるまで、じっとしています。ど素人考えですが…。)
 九州の方などでも、今日暑くなる地域があるとか…。もし、それが九州の被災地なら、とても心配です。
 警戒や注意が必要な地域の方々は、どうぞお気をつけて。

 と書いていて思いましたが、熱中症、やはり高齢者の方々心配です。特に、一人暮らしなどの高齢者の方々は気になります。(具合を悪くしても誰にも気付いてもらえずに、寝込んでしまうみたいなこともあるかも?などと思うので。)
 なので、最近暑い日があったり、今日暑い地域に、高齢者のご家族や知人の方がいらっしゃる方々は、安否確認のために、お電話などなさってみては?などと思います。ど素人考えかもしれませんが…。

 と偉そうに書いてきましたが、ど素人の私なので、上記以外に、日本のお天気に関して、警戒すべきことや注意すべきこと、警戒すべき地域や注意すべき地域があっても、チェック漏れしている恐れがあります。
 もし、チェック漏れがありましたら、どうぞお許しください。

 それと、ど素人の悲しさで、もし、上記の日本のお天気関連で、間違ったことを書いておりましたら、それもどうぞお許しください。
(下の私のコメントに続きます。)
by ニューパソコンの通りすがりの空です (2016-05-31 11:47) 

ニューパソコンの通りすがりの空です

(上の私のコメントの続きです。)
 と書いていて思ったんですが、話を荒天に戻してすいませんが、もしかして、荒天で暴風などになったら、それによって土砂災害が誘発されるなどといったこと、あったりするでしょうか?
 ど素人なので、その辺の危険性が、全く分からないのですが、もし、そのような恐れがあるということなら、警戒や注意が必要な地域の方々は、どうぞお気をつけて。(もし、九州の被災地に、荒天で暴風など吹く恐れがあるのであれば、とても心配です。九州の被災地では、土砂災害以外のことにも、警戒や注意が必要だろうとも、ど素人考えしておりますが…。本当に大変で、お気の毒です。どうぞお気をつけて。)


 と書いていて思い出したのですが、北海道の山林で行方不明になっている男の子がいると聞きました。
 行方不明になってから、すでに数日経っているので、それだけでも非常に心配ですが、荒天になってしまうと、更に心配です。
 ど素人考えかもしれませんが、警察犬などにも捜索に参加してもらって、なんとか早く、御無事で見つけてあげて欲しいと、心から願い祈っております。


 ところで、話を変えてすいませんが、共和党のトランプ候補について、書かせてください。
 私は、共和党のトランプ候補には、色々な理由で、アメリカ合衆国大統領には、絶対なって欲しくない、と思っています。


 理由の一つは、トランプ候補が大統領になった場合、ブッシュ前大統領の再来のようになる恐れがある、と私が感じているからです。

 トランプ候補は、「グレート」という言葉で、合衆国の人々の心を掻き立てるようですが、日本にも、かつて、「構造改革」という言葉をスローガンのように使って、人々の心を掴んだ総理大臣がいました。
 ブッシュ前大統領の子分のような、小泉元総理です。

 あの当時、「構造改革さえ行われれば、万事上手く行く」と信じ込まされていた日本人が、大勢いたと思います。
 でも、その「構造改革」には、正社員を減らして派遣やパートの労働者を増やすことを可能にした労働法の改悪や(その結果で低賃金長時間労働が横行しています)、医療の現場を痩せさせた医療法の改悪などがあったのです。(医療費削減のしわ寄せで、ベッド数の削減などもありました)
 私達は、「構造を変える時には、悪く変わることもあるのだ」ということを、忘れてしまっていたのです。

 トランプ候補は、「グレート」とよく言うようですが、それは、どういう「グレート」なのでしょう?
 安易に軍を世界各地の紛争地に出して、その軍事力で、アメリカ合衆国の「グレート」を示そうというのでしょうか?
 それとも、格差を更に広げることで、世界中から、富をアメリカ合衆国に集め、それで「グレート」を示そうというのでしょうか?

 両方とも、成果主義者のブッシュ前大統領が行ったことでは?と思います。
 その結果、アメリカ合衆国は、幸せだったのでしょうか?
 少なくとも、世界は不幸だったと思います。

 私は、トランプ候補も、やはり成果主義者と思います。(実業家で、目の前の損得だけを基準に、政治を考えていると思うからです。)そして、ブッシュ前大統領の子分のような、小泉元総理に似ていると思います。
 なので、トランプ候補が大統領になった場合、ブッシュ前大統領の再来のようになる恐れがある、と私は、非常に心配なのです。
 だから、私は、トランプ候補には、アメリカ合衆国大統領には、絶対なって欲しくないのです。


 二つ目の理由は、トランプ氏の発言の中で、どうしても聞き捨てならないものがあったからです。
 共和党のトランプ候補は、日本が核兵器を保有することを容認する考えを示したそうです。
 嘆かわしいことに、トランプ候補は、日本が絶対核兵器を持ってはいけないということの意味を、全く理解していないと思われます。
 なので、私は、トランプ氏は、国の元首となるための知識見識良識を備えていない人物と思います。
 そのような人物は、絶対アメリカ合衆国大統領になってはいけないと思います。

 日本は、唯一の被爆国です。そして、戦後70年以上に亘り、核兵器の残酷さや悲惨さを、世界の人々に伝え、核兵器の削減廃絶を、世界の人々に訴え続けてきました。
 もし、その日本が、核兵器を持つなどということになれば、世界はどうなってしまうでしょう?

 「唯一の被爆国である、あの日本さえ、核兵器を持つのであれば、やはり、核武装は必要なのでは?」
と、世界中の人達が考えるようになってしまうと思います。
(下の私のコメントに続きます。)
by ニューパソコンの通りすがりの空です (2016-05-31 11:48) 

ニューパソコンの通りすがりの空です

(上の私のコメントの続きです。)
 そうなれば、誰が核軍縮や核不拡散を唱えたところで、もう歯止めは効かないと思います。
 そして、核兵器は、世界中に溢れるような状況になるだろうと思います。
 それは、非常に危険な状況と思います。
 アメリカ合衆国を含め、世界中の人達にとって、非常に危険な状況と思います。
 そのような状況を喜ぶのは、悪魔だけだと思います。
 民主主義の国家において、国家元首の最も大事な職務の内の一つは、国民の安全を守ることだと思います。
 上記のような発言をするトランプ氏では、アメリカ合衆国の人々の安全は、危険に晒されると思います。

 その他にも、トランプ候補がアメリカ合衆国大統領にふさわしいとは思えない理由は、色々あります。

 アメリカ合衆国の人々や世界の人々を、危険な状況に落とし込む恐れがあり、不幸にしてしまう恐れもあるトランプ候補は、絶対選ばないで欲しいと、私は、心から願い祈っております。
 どうぞよろしくお願い致します。


 ところで、ちょっと話を変えますが、以前、私がネットにトランプ候補についてコメントを書こうとした時、スムーズに書き込めなかった、ということがありました。
 なので、
「もしかしたら、トランプ候補は、ハッカーを雇って、自分に対するネガティブな発言がネットに出ないよう、コントロールしている?」
などと妄想してしまいました。(と書いていて思いましたが、ハッカーを雇っていれば、「イイね」の数を大量に増やすことも、もしかして可能?)
 もし、そんなことをやっていれば、どう考えても民主主義のルールを無視しているとしか思えません。(人々を騙して洗脳していると言われても仕方ないと思います。)
 もし、そんなことをやっているなら、民主主義の国、アメリカ合衆国大統領になる資格は、ないと思います。


 他にも気になることはあり過ぎます。

 例えば、シリア情勢。
 戦闘の激しさのため、民間人の方々が犠牲になったり、民間人の方々の生活に、困難が生じているという趣旨の話を聞きました。痛まし過ぎます。酷過ぎます。
 亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
 怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。
 停戦を維持させ、民間人の方々がこれ以上犠牲にならないようにするために、プーチン大統領は、アサド政権への武器供与や、過剰な介入は、止めるべきと思います。(外に気を取られ過ぎて足下をすくわれることがないようにするためにも、その方が良いと思います。)
 人々の御無事を、心から願い祈っております。
 ところで、少し話を変えますが、シリアといえば、過激派の人質になっている安田さんも心配です。
 安倍政権は、昨年、後藤健二さんのお命を守れませんでした。今度は、しっかり守って欲しいです。
 二度目の失敗は許されないと思います。スペインの人達は解放されているのですから。
 安田さんの御無事の御帰還を、心から願い祈っております。
(下の私のコメントに続きます。)
by ニューパソコンの通りすがりの空です (2016-05-31 11:51) 

ニューパソコンの通りすがりの空です

(上の私のコメントの続きです。)
 難民問題も心配です。
 地中海の難民船問題で、多くの人々を救助なさってくださっている方々に、心から感謝しております。
 でも、死の船を海に押し出して、大勢の方々の命を奪っている難民船業者達は後を絶たず、最近聞いた話では、地中海で、今月27日までの3日間に起きた遭難事故により、700人の移民の方々が死亡した恐れがあるとのことでした。酷過ぎます。
 亡くなった方々のご冥福を祈ります。
 怪我をなさった方々がいらっしゃいましたら、早いご回復を祈ります。
 行方不明の方々の、一刻も早い御無事での発見と救助を、心から願い祈ります。(時間が経ってしまっているかもしれませんが、ど素人考えかもしれませんが、船の中の空気溜まりで生き延びている方々や、遠く流されて生き延びている方々などが、いらっしゃるかも?などと、私は、どうしても奇蹟的なことを願ってしまいます。)
 上記のような状況なので、国際社会の方々は、本当に色々大変過ぎるとは思いますが、必要に応じて、捜索・救助活動などに、ご協力なさっていただければ、と願い祈っております。
 どうぞよろしくお願い致します。
 すでに、捜索・救助活動などをなさってくださっている方々には、本当に感謝しております。
 捜索・救助活動などをなさる方々は、2次災害などには、くれぐれも気を付けて、無理になりすぎないように、頑張っていただければ、と願い祈っております。
 捜索・救助活動などをなさる方々の御無事も、願い祈っております。
 人々の御無事を、心から願い祈っております。

 イラク情勢も心配です。
 ISが、ファルージャなどで、民間人の人々を人間の盾にして、戦っていると聞きました。
 酷過ぎます。
 イスラム教の神様は、人間の盾にされている民間人の人々を、憐れんでいらっしゃると思います。
 イスラム教の神様を、ISが本当に信じているのなら、民間人の人々が、安全な所に逃げようとする時、その邪魔はできないはずと思います。
 だから私は、ISは、本当はイスラム教の神様を信じてはいないのだ、と思っています。
 イスラム教の神様を利用して、戦争をやりたいだけの人間達なのだと思っています。
 きっと、イスラム教の神様が、罰を下されるだろうと思います。
 そうなりたくないのなら、今からでも悔い改めて、民間人の人々を逃がしてあげて、降伏すべきと思います。
 ISと戦っている人々は、色々な懸念があるとは思いますが、用心しつつ、民間人の人々の避難に、できるだけ協力してあげていただきたいと、願い祈っております。(懸念ですが、例えば、避難する民間人の人々の中に、ISが工作員などを紛れ込ませる恐れ、あるかも?と思います。また、ISが、ISと戦っている人々を油断させる目的で、わざと民間人の人々を逃がす恐れなども、あるかも?とも思います。他にもあるかもしれません。)
 人々の御無事と、イラクの平和を、心から願い祈っております。
 ところで、ちょっと話を変えますが、実は私は、ISについて、コメントを書くことを控えていた時期がありました。ISについて、迂闊にコメントを書くと、日本人が被害を受けることがあるかも?と思ったからです。
 でも、コメントを控えていたのに、バングラディシュで、現地の人達と仲良く暮らして、現地の人達のお役に立っていた、日本人の男性が殺害されました。
 なので、その時から、コメントを控えるのは止めました。
 それに、そもそも、一市民に過ぎない私のコメントを、ISが一々気にするなどということは、ありそうにない話と思います。
 もし、そういうことがあるのなら、それは、ISがそれだけ脆弱な組織ということだと思います。
 いずれにせよ、コメント控えるのは止めました。  
(下の私のコメントに続きます。)
by ニューパソコンの通りすがりの空です (2016-05-31 11:53) 

ニューパソコンの通りすがりの空です

(上の私のコメントの続きです。)
 他にも、九州の被災地、世界の災害や事故(さきほど、ドイツの大雨による痛ましい被害のニュースを聞き、日本とは違って大雨による災害に慣れていないかも?と思うドイツの人々の御苦労を思い、これ以上犠牲になる方々が出ないよう、人々の御無事を、心から願い祈っております)、パレスチナ情勢(国際社会の方々は、イスラエルの右翼政権が過剰防衛を行わないよう、けん制していただければ、と願っております)、イギリスのEU離脱問題(「EUから離脱して、中国と一人で渡り合おうとした結果、経済面などで、中国に呑みこまれるようなことになったら、女王陛下や王室の方々やイギリスだけでなく、EUや、世界にとって、不幸なことだと思うので、反対。」みたいなことを、私がコメントに書いたら、習近平主席が怒って、御自慢の天候操作の技術を使って、九州の被災地や、日本の天候を、悪天候にしたりするでしょうか?妄想が過ぎるのは分かっていますが、この頃ストレス溜まっているのか?ついそんな妄想をしたくなってしまいます)、それに東京オリンピック関連問題等々…。(東京オリンピックは、どうやら、「おもてなし」で呼んだのではなく、2億円で買ってしまったらしい?世界の人達に対して、非常に恥ずかしいです。それに、最近、東京オリンピックにたかって金儲けをしようとする人間達が、謀略を巡らせているようで、非常に腹立たしいです。国立スタジアムのなどの高すぎるオリンピック予算に苦言を呈して、都民の負担を減らしてくれた、舛添都知事を降ろす謀略があるようです。たぶん、オリンピックにたかって献金などで儲けたいと思っている人間達にとっては、再びオリンピック予算を馬鹿みたいに膨らませても、文句を言わない都知事の方が、都合が良いのだろうと思います。でも、そんな人間達を儲けさせる為に、東京都民は税金を払っている訳ではありません。そもそも、東京都民は、それほどオリンピックを呼びたかった訳でもありません。なのに、変な人間達を儲けさせる為に、都税が使われるなんてことになったら、許せるはずもありません。なので、私は、東京都民を、東京オリンピックにたかろうとする人間達から守るため、舛添都知事には、続投して欲しいと、強く願っております。)
 気になることはあり過ぎます。今すぐ書けないのが、申し訳ないような思いです。

 世界の平和を祈ります。
by ニューパソコンの通りすがりの空です (2016-05-31 11:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます