So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-  |  次の5件 »

橋本忍、多くの名監督と名作を世に送り出した骨太の脚本家

橋本忍、多くの名監督と名作を世に送り出した骨太の脚本家

橋本忍(1918年4月18日~ 2018年7月19日)の訃報です。ここのところ、訃報・命日記事が続きましたが、だからこそ大御所についても振り返る必要があるでしょう。橋本忍訃報については、マスコミは黒澤明作品の数々が紹介されています。

続きを読む

nice!(18)  コメント(3)  [編集]
共通テーマ:映画

常田富士男、たとえ俗悪でも斬新な「変化」を求めた役者人生

常田富士男、たとえ俗悪でも斬新な「変化」を求めた役者人生

常田富士男(ときたふじお、1937年1月30日~2018年7月18日)の訃報です。ここのところ、訃報と命日記事が続いていますが、今日もまた常田富士男を思い出します。マスコミでは、『まんが日本昔ばなし』の語りを代表作として紹介していますが、私はもっと別の作品も振り返ってほしいとおもいます。(上の画像は『日本一の裏切り男』から、以下の画像は当該作品から)

続きを読む

nice!(194)  コメント(14)  [編集]
共通テーマ:芸能

武智豊子、女エノケンと言われたしゃがれ声のバイプレーヤー

武智豊子、女エノケンと言われたしゃがれ声のバイプレーヤー

武智豊子(たけちとよこ、晩年は武知杜代子、1908年08月25日~1985年07月18日)の命日です。女エノケンと言われたしゃがれ声のバイプレーヤーも昨年33回忌でした。年忌法要としては“弔い上げ”を過ぎたことになりますが、作品を振り返りましょう。(上の画像は『喜劇誘惑旅行』と『社長外遊記』より)

続きを読む

nice!(207)  コメント(10)  [編集]
共通テーマ:映画

生田悦子、野村芳太郎、瀬川昌治監督作品で輝いていた日々

生田悦子、野村芳太郎、瀬川昌治監督作品で輝いていた日々

生田悦子(いくたえつこ、1947年4月8日~2018年7月15日)が急死したという夕方のニュースがキーワード急上昇です。7月15日に亡くなっていたそうです。享年71。前日まで普段と変わらない様子だったのが、15日の午前中に自宅で倒れ、病院に救急搬送されたものの虚血性心不全で亡くなったと言います。(上の画像はGoogle検索画面より、以下の画像は作中より)

続きを読む

nice!(224)  コメント(14)  [編集]
共通テーマ:芸能

マサ斎藤、1970~80年代の新日本VS全日本対立の契機を作った男

201807162303.png

マサ斎藤(斎藤昌典、元プロレスラー)が14日に亡くなったと、Yahoo!のトップページで報じられて急上昇キーワードです。1999年に引退。2000年からパーキンソン病の治療を受け、2013年に障害者手帳の交付を受けていたそうです。

続きを読む

nice!(239)  コメント(11)  [編集]
共通テーマ:学問
-  |  次の5件 »
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます