So-net無料ブログ作成

竹下派はこうして始まった

創政会結成 1985,2,7

1月28日、「毎日」の朝刊には「竹下登氏が政策集団を旗揚げ」というスクープが報じられた。

党内最大派閥の田中派では、世代交代と総裁を出すことを目的に、竹下登、金丸信、小渕恵三、梶山静六らが派内の新グループ「創政会」の結成を企図していた。

田中角栄の腹心である木曜クラブでは、当然、二階堂進会長以下、江崎真澄会長代理、小沢辰男事務総長、早坂茂三秘書、佐藤昭らがグループ結成を「分派活動」と批判。創政会の参加を表明した議員の切り崩しをはかったが、結局グループは、40名の国会議員が集結した。

竹下登ほか、橋本龍太郎(幹事長)、原田憲、小沢一郎、羽田孜、渡部恒三、中村喜四郎、村岡兼造、鳩山邦夫らが名を連ねた。会の名称は竹下後援会の機関誌「創政」にちなんだものである。

そしてこの日、砂防会館別館3階の田中派事務所で「創世会」結成が宣言された。

集まった議員は54名になった。会は月1回の会合をもつようになっていった。これがいわゆる竹下派の始まりである。

竹下派はその後しばらくの間、「田中派竹下系」という位置づけで、マスコミもそう報じていた。竹下の「創政会は決してあなた(田中)に弓引くために作ったのではありません」という言葉は、今でもこの出来事を語るときに必ず出てくる一言である。

しかし、田中角栄はその一言で激怒したとも言われ、それは事実上の「捨てぜりふ」になってしまった。

やがて経世会として独立した自由民主党の最大派閥となり、一方田中派の残党は、「二階堂グループ」という小グループに転落した。

経世会はその後、小沢一郎、羽田孜らによる「改革フォーラム21」としての分裂と新党(新生党)結成。さらに新党(新進党)結成の後、分立し、自由党、一部が保守党に別れた上で、民主党に合流した。

近年の政界の離合集散には必ず絡んでいるグループである。
だから、「小沢一郎」絡みは、やれ政局だ、やれ新党だ、という話が出てくるのである。

しかし、当の小沢一郎と竹下登は政策も政治家としてのスタンスも違い、竹下は小沢一郎を陥れるために、マスコミを使った「三宝会」なる組織も作った、と暴露しているのは、小沢一郎の懐刀である平野貞夫である。

昭和自由民主党史と、現在の民主党の馬鹿げた実態を、下記の書『日本一新』はあます所なく明らかにしている。
日本一新
『日本一新~私たちの国が危ない!』 著者:平野貞夫 協力:戸田邦司(日本一新の会顧問)/大島楯臣(日本一新の会事務局長) 鹿砦社


戦後史的にも、資料価値のある書籍である。
スポンサーリンク↓


nice!(58)  コメント(2)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 58

コメント 2

yakko

お早うございます。お越し戴きアリガトウございます。
by yakko (2010-12-22 09:19) 

Twila

Does your website have a contact page? I'm having trouble locating it but, I'd like to send you an email.

I've got some creative ideas for your blog you might
be interested in hearing. Either way, great
blog and I look forward to seeing it expand over time.
I have been surfing on-line more than three hours lately, but I by no means found any interesting article like yours.
It’s lovely value enough for me. In my view, if all site owners and bloggers made just right
content as you did, the web can be much more useful than ever before.
Hi there, I log on to your blog daily. Your writing style
is witty, keep up the good work! http://foxnews.net
by Twila (2018-12-08 18:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます