So-net無料ブログ作成

河本準一問題、いったい何を論じたいのか

河本準一問題のスレッドが、ネット掲示板にはまだたってますね。

私は生活保護は受けていませんが、昨年は身障者手帳を申請した経験があり、「不正受給」呼ばわりされるところが自分の体験と重なり気になっています。

この問題、ネットで熱く議論すること自体を否定はできませんが、片山さつき議員とか、杉村なにがし前議員といった本質ではない人たちの話になっているところを見ると、やっぱりネット掲示板の議論なんてその程度か、と、いつものことながらがっかりしてしまいます。

要するに、ネット掲示板て、どんな話題であろうが、○○対××、というわかりやすい対立構図をつくってどちらかの「派」になり、互いにネガティブに揚げ足を取り合い誹謗しあう、紅白対抗ディベートごっこが目的化した展開になりがちです。

今回で言えば、河本準一対片山さつき、という基本の対立構図をつくって、どっちの言い分が正しいか、と両派があくたもくたをやってる。

で、話題に乗っかりたい、あさましい一部タレントがメディアで片山議員批判をすると、それを河本さんに代えて対立軸にしている。

そういう対立軸自体が意味がなければ、善意にいっても「議論のための議論」で終わってしまいます。



今回のことを、さっそく恥知らずな民主党ドジョウ政権は、厚生労働大臣が生活保護費削減の口実に利用しています。

とんでもないことです。

生活保護費が削られれば、これでまた、餓死者のニュースが増えるでしょうね。

ただ、一方で、ネットにおける河本準一の「不適切な受給」に怒る気持ちが、わからないわけでもありません。

要するに、私たち庶民は、インターネットの時代になり、社会にはびこる不公正な分配を知ってしまったのです。そのため、福祉と役所に対して不信感を抱いているのです。

だから、そういう不信感を一気にはき出せるような出来事があると、今回のようなことになる。

河本準一さんは、その意味でスケープゴートにされてしまったのだと思います。

一部には、生活保護的福祉の削減自体には反対するものの、これを機会に生活保護のあり方を見直そうという、ベーシックインカム派もいます。それもひとつの見識だと思います。

本来なら、メディアで発言する識者は、そのへんの議論と解決の道筋を示すべきなのですが、残念ながら、片山さつき議員の非難に終始しています。

曰く、選挙で当選したいから点数稼ぎでやっている。ツイッターで実名をさらすべきなのか云々かんぬん。


たしかに、片山さつき議員、少しおしゃべりです。わきまえるべきところができていないのかもしれません。

元官僚(大蔵省主計局)の現職国会議員なら、むしろ今回の「問題」では制度の不十分さに頭を垂れる側でしょう。

ただ、そうであったとしても、生活保護費のあり方を真剣に詰めたいなら、そんなものの評価など二の次で十分ではないでしょうか。

いったい、何が-本質なのですか。生活保護のあり方ですか。片山さつき議員の棚卸しですか。


つまり、この問題に発言した松尾貴史氏や杉村なにがしらは、芸人仲間を庇いたいか、話題の騒動に絡んで自分の名前を売り出しておきたいか、その程度の了見でこの問題を利用していると見ることすらできます。

そうでなかったら、その人たちには是非、生活保護費についての建設的な提言を述べていただきたいものです。



私は生活保護を受給していないので、今回のことは具体的なところわかりませんが、
自分の体験で言うと、火災のため、長男の回復が十分でない昨夏の時点で、身障者手帳を申請しました。

車いすや、介護サービスを利用したり、手当をいただいたりするためです。

診断書は、「1年後に見直す」となっていたので、最低でも1年は「福祉の恩恵」にあずかれるのだな、と思っていました。

それが、幸いにも1ヶ月後には歩行を回復。上半身の麻痺もすっかりとれていたので、では身障者手帳はどうなるのかと思っていたところ、役所は病院と密に連絡を取っていたようで、こちらが何も報告せずに黙っていても手帳は却下されました。

河本家のケースはわかりませんが、一般的に役所は、ネットの有象無象が思っている以上にシビアでまじめだと思います。

だいいち、河本準一は「不適切な受給」との解釈はできても、役所と交渉があって、その結果役所が支給しているのですから「不正受給」とはいえず、ましてや「詐欺」などという言い方は明らかに河本準一に対する名誉毀損ではないでしょうか。

熱く議論するのはいいのですが、事実と道理で、何を議論すべきか、何を見直し何を守るべきか、そのへんはきちんと整理してからにしていただきたいものです。

How to 生活保護―申請・利用の徹底ガイド 雇用不安対応版

How to 生活保護―申請・利用の徹底ガイド 雇用不安対応版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 現代書館
  • 発売日: 2011/05
  • メディア: 単行本


スポンサーリンク↓


nice!(50)  コメント(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 50

コメント 1

okin-02

同感ですね・・・
有名人だからと、有名税と言う人達も多いだろうが、
人身御供・見せしめに個人名を挙げるとは如何なものかと、
家庭・まして子供も居るのですよ、此の事で子供達への
パッシングが有るだろう事は想像できますよね・・・
先に、己ら行ってきた政治の不明と行政の怠慢を正す方が先決
こんな輩が大きな顔して国会議員だと言ってる事に嫌悪感が(怒)

by okin-02 (2012-05-29 13:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます