So-net無料ブログ作成

小沢一郎氏の問題、意図は?

小沢一郎氏の妻が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたという記事が今週発売の「週刊文春」に出てネットでは大変な話題になっているようだ。だが、その割には、国会議員や大手マスコミがあまり触れていない、というのも興味深い。

JCASTニュースによると、議員でその件に触れたのは3人。

「偽造情報をもとに書かされた政治文書だ」(有田芳生参院議員)

「何故、このタイミングで小沢夫人の手記が出てくるのか?これもある国家的大事をなすための官邸の広報戦かも?タイミングが良すぎる!」(佐藤正久参院議員)

「ジャーナリスト松田賢弥氏の執念ともいえる超ド級の記事。議員ということもさることながら、人間としてどうかを感じさせるものとなっており、興味深い」(小池百合子衆院議員)

「人間としてどうかを感じさせるもの」を軽々しく裏もとらずに「興味深い」とコメントする小池百合子議員の個人的な感情をいつまでも措けない粘着なコメントこそ、「議員ということもさることながら、人間としてどうかを感じさせるもの」であるのだが(笑)

それはともかく、佐藤正久参院議員というのは自由民主党の議員であり、別に小沢一郎議員をかばいだてする必要のない立場の人だ。民主党の中では決して「小沢系」ではない有田芳生参院議員のコメントといい、おそらくは、出所や意図に怪しさ感いっぱいの「官邸の広報戦」なのだろう。

そのような懐疑の視点がなく、報道を額面通り受け止めて興奮する人たちも、たいしたことないなあ、と思う。

物事には必ず原因があって結果がある。建前の裏には本音がある。物事は表に出てきていることだけでなく、裏にある「意図」や「原因」を見ようとする癖をつけた方がいいだろう。

私は、小沢一郎氏の側近中の側近である平野貞夫氏を通じてしか知らないが、小沢一郎氏は結論しか言わず、言い訳をしない人だということだ。

おそらく、夫婦の間でも「言い訳」を含めた会話がなかったのではないか。夫人にはいろいろな鬱積もあったのだと察する。

が、政治家というのは、とくに小沢一郎氏のように何かと注目される人は、誰がどういう意図で何を仕掛けてくるかわからないリスキーな立場だ。

どのような経緯であれ、そしてその真偽にかかわらず、公人の妻がああいう形で夫の話を第三者に漏らすのは、一人の国民としてはなはだ迷惑であると言わせてもらおう。

げんに今回も、小沢一郎個人の問題でなく、消費税増税が決まるかどうかという大事な問題を含めて政局に利用されるわけだから……。

これも平野貞夫氏から聞いた話だが、平野貞夫氏が数年前、大腸がんを患ったが、それを発見してくれたのが小沢一郎氏だったという。

平野貞夫氏の酒の飲み方や酔い方、その他細かいコンディションを小沢一郎氏はチェックしていたらしく、あるとき、人を介して一度検査を受けるように勧めたそうだ。

平野貞夫氏が終生側近でいるのは、小沢一郎氏が命の恩人だから、ということもあるのだろう。

毀誉褒貶はあればあるほど「大物政治家の証」だが、いずれにしても裏に意図するものがあるのはフェアではない。

消費税増税といい原発再稼働といい、ドジョウ政権やそれときちんと対決しない自民党、公明党は誰のために邁進しているのか。国民は自分たちが何をされているのか、小沢一郎氏の評価とは別に、冷静に考えなければならない。

マスコミや政治家にだまされてから、政治不信だのマスゴミだのとほぞをかんだところで遅い。形式的に民主主義である我が国では、政治の責任は国民にもあるのだ。

日本一新―私たちの国が危ない!

日本一新―私たちの国が危ない!

  • 作者: 平野 貞夫
  • 出版社/メーカー: 鹿砦社
  • 発売日: 2010/12
  • メディア: 単行本


スポンサーリンク↓


nice!(50)  コメント(10)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 50

コメント 10

コンブ

私の回りにもその記事を鵜呑みにして、もう小沢はお終いだと嬉しそうに話している人がいる。
ちょっと情けなかったです。
by コンブ (2012-06-17 06:46) 

YUTAじい

おはようございます。
コメントありがとうございます。
何かしないとおかしくなりそうです。

by YUTAじい (2012-06-17 06:46) 

rtfk

タイミングがスゴイとは思っていましたが。。。
報道姿勢もはなはだ疑問が多いですね。。。

by rtfk (2012-06-17 06:50) 

U3

週刊誌は基本的に読まないし詰まらないことには踊らされない。
わたしは叩かれれば叩かれる程その人間に肩入れする傾向がある様だ(笑)
by U3 (2012-06-17 21:39) 

いっぷく

コンブさん、コメントありがとうございます。
>>もう小沢はお終いだと嬉しそうに話している人がいる。
そうですね。お終いにしたい人がリークしたのかもしれませんね。

でも、夫婦の問題を税制や政局に利用するのは
フェアでもないし道理もないと思います。
by いっぷく (2012-06-18 00:50) 

いっぷく

YUTAじいさん、コメントありがとうございます。
>何かしないとおかしくなりそうです。
そうですね。私も偉そうなこと書いてて何もしていないのですが
日本はこれからどうなるんだろうと思いますね。
by いっぷく (2012-06-18 00:51) 

いっぷく

rtfkさん、コメントありがとうございます。
>タイミングがスゴイとは思っていましたが。。。
そうですね。夫人がタイミングを考えたというより
利用したい人がこの時期を選んだんでしょうね
「無罪判決」の直前に隠し子騒動も出ましたしね。

「週刊文春」は、よほど小沢氏を許せないことが
過去にあったのかもしれませんね
by いっぷく (2012-06-18 00:54) 

いっぷく

U3さん、コメントありがとうございます。
>わたしは叩かれれば叩かれる程その人間に肩入れする傾向がある様だ(笑)
それが実は正解かもしませんね。
叩くのには理由があり、それは往々にして特定の人間や勢力の
利益とつながっているものです。

by いっぷく (2012-06-18 00:59) 

社会派!

“民主党の中では決して「小沢系」ではない有田芳生参院議員のコメント”
確か小沢系じゃない中間派とか言っていたが口先だけだとは有田芳生のツイッターやブログを見れば誰でもわかる。
まあこれこそが意図的謀略と言うんだけどね。
by 社会派! (2012-06-18 16:00) 

いっぷく

社会派!さん、コメントありがとうございます。

>“民主党の中では決して「小沢系」ではない有田芳生参院議員のコメント”

要するに、「中間派」を自称する「小沢系」の有田氏のツイートは
「意図的謀略」ということでしょうか。

私が「決して『小沢系』ではない」と書いたのはよけいでしたね。


私が有田氏のコメントを肯定的に取り上げたのは
有田氏は、検察審査会の裁判から一貫してその怪しさを取り上げていたからです。
私もその立場です。

別に有田氏が何系を名乗ろうが、
そんなものは別に客観的な基準があるわけでもないし
それをもって「謀略」というのは大げさ。
要は、主張している内容が正しいかどうかでしょう。

しかし、おかしいよね。
かつて週刊文春が
田中真紀子の娘の離婚を報じたら
出版差し止めを大いに喜んでマスゴミよばわりしたウェブ掲示板が
今回はなぜか、記事を鵜呑みにする。
まあ、参加しているメンバーは違うのかもしれませんが
ネット掲示板というモノの水準を見るという点で考えると
なんだかなあと思います。

要は、自分にとって気に入った記事はでたらめだろうが大いに結構。
そうでなければ叩く。それだけのことなのでしょう。

by いっぷく (2012-06-18 17:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます