So-net無料ブログ作成

山口百恵・三浦友和、32年目も「記念日」が騒がれるのか

百友(モモトモ)コンビ、という呼び方は40代以上の人なら懐かしいと思うはず。70年代、東宝映画や大映テレビの作品を数多く撮った、山口百恵と三浦友和のドル箱コンビがそう呼ばれました。

山口百恵と三浦友和が“世紀の結婚”をしたのが80年11月19日。今は百恵は53歳、友和は60歳になりました。

今年32周年になりますが、おそらくは月が変わると、また「結婚記念日」の記事を書くメディアがあるはずです。

結婚以来、関連の取材を断っていた三浦友和も、昨年は自ら結婚生活を語った自伝本『相性』(小学館刊)を上梓。夫妻の“素顔”を公開しました。

2人はグリコのCM共演をきっかけに知り合い、79年に三浦友和がプロポーズ。山口百恵は、大映ドラマの『赤い』シリーズのあるシーンで、セーター姿の三浦友和に抱かれるシーンを撮ったとき、この温もりを自分だけのものにしたいと思った、と自著『蒼い時』に記しています。

同書は、中学から芸能生活を送ってきた21歳が書ける文章ではありません。当然、ゴーストライターが仕上げているわけですが、そのエピソードは事実に基づいているのでしょう。山口百恵という人間の価値観がよく表現されています。

芸能レポーターから目黒区議に転身した須藤甚一郎氏は、『週刊大衆』(2011年12月5日付)の連載「偏見自在」において、当時をこう述懐しています。
思い出すなあ。結婚式・披露宴の盛り上がりは、芸能界史上で空別絶後。ワイドショー、週刊誌が芸能ネタの全盛期で、こちとらは取材で駆けずり回った。
 結婚式の行なわれた東京・赤坂の霊南坂教会周辺には、百友ペアをひと日見ようと徹夜組までいて、全国からファンが約1万人も押しかけ「ワァー、キャッー」。挙式後、夕方、教会前に百友カップルが姿を見せると約千人ものリポーター、カメラマン、記者が「ウオーッ」「おめでとう」「百恵!」と吠えた。思えば、この頃はまだ、スターは万人の憧れだった。

なぜ1年も前の週刊誌から引用したかといいますと、この最後の1行が興味深かったからです。

山口百恵は、歌で大きな賞を取ったことはありませんが、レコードの生涯セールスはピンクレディ、森進一に次ぐ数字をたたき出しています。実働期間を考えれば、大変な数字です。

それ以外に、ドラマや映画でも実績を残しました。CMにも出ました。ラジオの『ラブリーポエム』(ニッポン放送)は私も熱心に聴いていました。

それに引き換え、今の「スター」は、個的化、細分化されています。

スポンサードリンク↓

たとえば、「グラドル」は体を見せるだけ。今の芸人と称する人たちは、落語家以外は、寄席どころか、師弟関係すら経験もなく、もっぱらひな壇バラエティをにぎやかにする「テレビ芸」のみ。

AKB48といっても、ファンとそうでない一般の人との関わり方がまるで違います。

ひと頃の嵐にもそれはいえました。コンサートのチケットやCDなどオリキで支えられる市場は潤っても、テレビで数字を取れなかった(ここ数年の露出で、最近は克服しつつありますが)。

プロ野球もそうですが、現代の人気商売は、タレントの働き場所(ターゲット)があらかじめ決まった分業制が確立されているます。

先発ローテーションの投手は今は週1回。登板する日が素人にもわかってしまいます。

山口百恵が全盛の頃は、次の日の先発予定の投手が、試合展開いかんではよもやのリリーフ登板をするから采配が読めずに面白かった。

芸能界も、「分業」にこだわらない活躍ができるスターを私たちは待っている。それがいないから、いまだに山口百恵がもてはやされるのではないでしょうか。

スタ誕三人娘・レコジャケOTAKARAファイル―芸能界の秩序を変えた“革命番組”のヒロインたち

スタ誕三人娘・レコジャケOTAKARAファイル―芸能界の秩序を変えた“革命番組”のヒロインたち

  • 作者: 草野 直樹
  • 出版社/メーカー: 鹿砦社
  • 発売日: 2010/10
  • メディア: 大型本


スポンサーリンク↓


nice!(182)  コメント(14)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 182

コメント 14

bamboo

引退した人だから幻想も膨らむのでは?
by bamboo (2012-10-27 02:17) 

rtfk

小学生の頃ファンでした☆

by rtfk (2012-10-27 05:20) 

pandan

山口百恵さん、いさぎ良かったですね。
by pandan (2012-10-27 05:42) 

beny

 南沙織も人気絶頂ではなかったかしら。
by beny (2012-10-27 07:08) 

よいこ

今の芸能人さんはネットなどで露出も多いから、あっという間に飽きられてサイクル速くて気の毒ですね
by よいこ (2012-10-27 17:39) 

k_iga

そりゃ48人もいれば好みのタイプもいるでしょう。
でもピンで勝負して欲しいな~。
by k_iga (2012-10-27 20:32) 

ゆうのすけ

だいぶ騒がれなくなりましたが 私も10月半ばを過ぎると マイクを置いた日と 霊南坂教会での挙式を 思い出してしまいます。^^;

宿命とは言いたくないけれど 何時までも 末永くお幸せに過ごされて欲しいですね!^^☆ 11/19には 結婚記念盤シングル「一恵」も 発売されましたけね。。。☆
by ゆうのすけ (2012-10-27 20:53) 

DEBDYLAN

引退したっきりの百恵さんて普通なんだけど凄いなって思います。
ガキの頃見てた彼女。
今のアイドルと比べると大人だったなと感じます。
容姿まで含めて。

by DEBDYLAN (2012-10-27 23:51) 

えのみ

友和さんは60歳なんですか?
若く見えますよね。
by えのみ (2012-10-28 01:56) 

銀狼

今のアイドルなどは存在感が軽くなってきましたよね。
やはり、ある程度の幻想と我々との距離感というモノが
彼ら彼女らには必要なんだろうと思います。
秋元某氏が、その図式を壊してしまってからは、
陳腐なモノになり下がってしまったように思えてなりません。
by 銀狼 (2012-10-28 11:48) 

kyon

あの百恵友和夫妻がもうそんなお歳に?私も歳取るわけだ。
赤いシリーズ、小学生だった私ですが、夢中で見てましたよ。
バレーボールで痣が出来ると、白血病だと騒ぐのが流行ってました^^
by kyon (2012-10-28 17:25) 

這い上がるママ

百恵さんは今も伝説のスタートして話題にのぼりますが、息子さんのバンドのメンバーの方々が「三浦のお母さん、としか思っていなかった」と話していたのを聞くと、普通の生活をされているのだなぁと実感しますね。

三浦友和さんも好きな俳優さんです。北野映画にも出演なさっていますが、コメントなどからうかがえるのは、真面目な性格の方ですね。
by 這い上がるママ (2012-10-28 20:05) 

アニ

私の世代までがかろうじて山口百恵さんを
知っている世代だと思います。

その後も決してTVには登場しない百恵さんって
ほんと伝説なんだなーと思いますね
by アニ (2012-10-29 12:11) 

ゆう

「蒼い時」は、本当にご本人が書いたもの。
原稿も存在するし、仕事場で一人原稿に向かう姿も目撃されている。
21歳であれだけのものが書けてしまうのだから百恵さんなのです。
キチンと読み返して下さい。
by ゆう (2012-12-27 23:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます