So-net無料ブログ作成

ジャニーズ事務所の戦後史



スポンサードリンク↓


ジャニーズ事務所といえば、創業以来今年でちょうど50年になります。毀誉褒貶はあるかもしれませんが、巨人軍を上回る年商(400億円)を誇る偉大なる“個人商店”であることは紛れもない事実(もちろん「個人商店」というのは比喩で、「株式会社」の登記は行われています)。ジャニーズ事務所の歴史は、芸能の戦後史ともいえると思います。

ジャニーズ事務所は、会社経営は現場のスカウト・育成がジャニー喜多川御大、経理や人事管理は副社長である御大の実姉、メリー喜多川女史が担当し、50年にわたって、まさに2人の類まれなる一代芸で運営されてきました。

しかし、社長であるジャニー喜多川、副社長のメリー喜多川両氏が高齢であるところから、後継者が数年来注目されています。

昨年の今頃は、メリー喜多川女史の一人娘である藤島ジュリー景子女史を名指しする記事を書いた週刊誌もありましたが(『週刊実話』12月1日号)、最近になって、担当タレントがふえたSMAP担当のマネージャーが候補者として盛り返しているとの報道もあります。

私は、ジャニーズ事務所50年の歴史は、大きく4つの段階に分かれると考えています。

最初の段階は、1962年~1968年。あおい輝彦らのジャニーズ4人組結成やジャニーズジュニア制度の確立。フォーリーブスのデビューあたりまでです。

普通、歌手というと、当時はレコード、今ならCDをリリースしてデビューとなるわけですが、ジャニーズ4人組は、テレビに出るようになってからも、しばらくデビュー曲が出ませんでした。名前が知られ、力が認められてからの「デビュー」でも遅くない、という考え方ですね。「後だし」によって、ファンの飢餓感を高めるねらいもあります。

この手法は、今のジャニーズタレントのデビュー組にも継承されています。

当時はグループサウンズが全盛でしたが、ジャニー喜多川御大は、その潮流には見向きもせず、「歌って踊れる中性的なタレント」、要するに今でいうアイドル像をかたくなに守り、その路線でフォーリーブスをデビューさせました。

次の段階は、下降期の1969年~1979年。郷ひろみという金脈をスカウトしましたが、他事務所にさらわれてしまった。この時期は、何人かソロデビューをさせていましたが成功していません。いちばん苦しかった頃だと思います。

後の川崎麻世、豊川誕、井上純一らもそうですが、どうもジャニーズ事務所はソロタレントがうまく育たないか、育っても事務所を去ってしまいます。そのトラウマからか、今も所属タレントはグループでビューが原則で、生田斗真など例外はあくまで役者としてのデビューです。

その後も、女性を入れたグループをデビューさせるなど、相当苦労していたようですが、当時の歌謡界はピンクレディという怪物の独壇場だったため、ジャニーズ事務所の出番はなし。

それが1980年あたりから再び上昇したのは、たのきんトリオのヒットからです。ここでジャニー喜多川御大は、グループもしくはユニットとしての売り出しに確信をもったのだと思います。シブがき隊、忍者、男闘呼組、光GENJI、そしてSMAPとヒットが続きます。この再上昇期間が第3段階。

そして経営が軌道に乗り、マスコミメディアに対して主導権を握った21世紀に入ってからは、内部の改革も行いました。木村拓哉の独立騒動で所属タレントの薄給が改善され、落ちこぼれだったSMAPが成功して以来、事務所はグループ解散をしなくなったので、デビュー組が足し算で増え続け、それがまたメディアに対する力関係をより強くしました。ネット戦略が弱いとされていましたが、昨年の震災がきっかけで、SMAPの曲がネットでリリースされることになり、それも克服しました。

ジャニーズ事務所は、今のテレビ界を牛耳る三大事務所のひとつといわれています。

その意味で、今の地上波テレビをつまらなくした責任の一端はあると思います。

もとより、メディアに対する強引なやり方は、しばしば問題になっています。

しかし、それはジャニーズ事務所とメディアの力関係の中で発生していることであり、ジャニーズ事務所が悪いというよりも、メディア側がジャニーズ事務所に依存してきたことこそ責められるべきではないかという気もしないではありません。

まあ私は最近地上波の番組をあまり見ないし、芸能界の内部事情に詳しいわけでもないので、その点についてさかしらに論評できるわけではありません。

が、少なくとも私は、ジャニーズ事務所について、三大事務所の中で、暴力団とはもっとも距離があるクリーンさは評価したいと思います。

【必見関連記事】
SMAPの問題に潜む本質を国民は見抜けるか
カレンダー利権とは何か!ジャニーズ事務所VS週刊女性

アイドル帝国ジャニーズ 50年の光芒 (宝島社新書)

アイドル帝国ジャニーズ 50年の光芒 (宝島社新書)

  • 作者: 小菅 宏
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2012/06/09
  • メディア: 新書


スポンサーリンク↓


nice!(197)  コメント(11)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:芸能

nice! 197

コメント 11

reicoo

私はSMAP以降しかわかりませんが、
ジャニー喜多川氏のプロデュース力は
すごいのではないでしょうか。
by reicoo (2012-11-09 02:58) 

pandan

ジャニーズって50年になるのですね〜
by pandan (2012-11-09 04:55) 

リキマルコ

小学生のときにフォーリーブスを見に行きました!
ずっと興味はなかったのですが、この歳になるとみんな可愛くて・・・おばさんはちょっとジャニーズにはまってます(^^;)
by リキマルコ (2012-11-09 07:37) 

beny

歌謡曲とくに演歌系には暴力団がついてますね。



by beny (2012-11-09 08:01) 

サンダーソニア

いろいろあってこその歴史ですね。
by サンダーソニア (2012-11-09 08:37) 

chima

グループが多いので見分けがつくのはSMAPとTOKIOだけです
by chima (2012-11-09 09:08) 

ゆりあ

ジャニーズの歴史って50年になるのですね^^
若かりし頃、たのきんトリオに夢中になってましたが、今事務所に残ってるのは近藤真彦さんだけ・・・
グループでデビューして今もとどまってるのって少年隊以降でしょうか?
今は、嵐の勢いがすごいですね。
ファンクラブに入っていても、コンサートのチケットが全然手に入らないとか・・・
これも戦略なのかと感服します。
by ゆりあ (2012-11-09 10:08) 

アニ

年明けの1月12日嵐のLIVEを見にナゴヤドームへ
行くことになってます。うちの奥さんがファンクラブに入っていて
チケット当たったそうなので強制参加です(笑)
by アニ (2012-11-09 12:27) 

arles

こんにちは☆
by arles (2012-11-09 14:03) 

coco030705

こんばんは。
私のブログにご訪問ありがとうございました。

ジャニーズ事務所ってどんなところかと興味があったので、おもしろかったです。
私は2年ほど前、機会があってSMAPのコンサート(大阪ドーム)に行きましたが、やはりすごいなと感心させられました。
今後、後継者がどうなるのか興味津々です。
by coco030705 (2012-11-11 19:39) 

事務の職務経歴書

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 事務の職務経歴書 (2012-12-13 14:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます