So-net無料ブログ作成

マタニティーブルーと煮豆入りかるかん

マタニティーブルーってご存知ですか。産後間もなくして情緒不安定になること(gooベビーなど)と定義されていますが、実際には妊娠中の不安定な精神状態も含めてそう呼ばれています。日本人は2人に1人の確率でマタニティブルーになるといわれています。

結婚&妊娠を発表した声優・佐久間紅美が、今年の夏にマタニティブルーだったという記事が「RBB TODAY」(11月15日17時30分配信)に出ました。
「自分で選んで決めた結婚と、ありがたく授かった命であるのに、環境や気持ちや身体の変化についていけず、一時期は自分でもどうしたらいいのかわからないくらいの陰鬱とした気持ちにもなり、『こんな自分は誰とも一緒にいてはいけない。母親になる資格もない』と、どんどん救いのない方向へ考えが向かってしまいした」(中略)「『せっかく授かったのに罰当たりだ』という批判もあるかもしれません。子供が欲しくて不妊治療をなさっている方がたくさんいらっしゃるのも知っているつもりです」と前置きした上で、「でも、妊娠という人生を左右する大きな出来事に誰もがすぐに、同じように、喜んだり前向きになれるとは限らないんじゃないかとも思うのです」と自身の考えをつづる。
まあ結局は、「周囲のアドバイスや優しい言葉によって少しずつ変化が現れ」「迷いながらもなんとか進んできました」という前向きな結論になっているのですが、マタニティーブルーがとりあげられることは、少なくとも不妊治療や高齢出産のニュースに比べれば少ないので、新鮮に感じられました。たぶん、マタニティーブルーそれ自体をご存じない方もおられるのではないでしょうか。私もつい最近までは知りませんでした。

ネットで検索すると、個人の体験を綴ったブログや、マタニティーブルーについての質問、掲示板では悩みを書き込むスレッドなど、関連のページが予想以上に出てきました。

つわりのように、妊娠・出産者は、誰にでもありえるものとして認識しておくべきなんですね。

我が家の場合には、上の子は癒着胎盤で母子ともに命がけで生まれ、下の子は高齢での出産だったので、妊娠中も産後も、「ブルー」になるような発想のきっかけも余裕もなかったと思うのですが、まあ男性は生む当事者ではないのでそうならなかっただけで、妻はこちらにはわからないように、自分をコントロールしていたのかもしれません。

解決には、友人に相談しろとか、家族の理解とか、気分転換の趣味を持つとか、家事をするとか、いろいろ提案がありますが、何をするにもまずは家族、とくに配偶者の理解が必要なんでしょうね。

ということで、妊娠中と産後の人に、こんなおやつはどうでしょう。

煮豆入りかるかん
煮豆入りかるかん

【材料】
・長芋 100グラム
・砂糖 80グラム
・豆乳 100cc
・上新粉 120グラム
・ベーキングパウダー 小さじ1
・煮豆 適宜

【作り方】
1.長芋は皮をむいてすりおろす
2.砂糖を少しずつ長芋に加えてよく混ぜ合わせる
3.豆乳を入れてさらに混ぜ、上新粉とベーキングパウダーを入れて混ぜる
4.型に流し込み、上に煮豆を散らして強火で15~20分蒸す

【特徴】
・煮豆で、妊婦に必要な鉄分と葉酸を摂れます
・他のお菓子に必須である乳製品を使わないことで、乳脂肪の過剰摂取を抑えて母乳がつまらないようにします

といっても、これは自己満足の後付で、別に妊産婦の方がいなくても普通におやつでいけると思うんですけど……。

かるかん自体のレシピは、ネットにたくさんあります。そこで何か特徴と思って煮豆を入れました。
型に流し込むので、全く難しくありません。今までもそれほどむずかしい料理はありませんでしたが、これはとくに簡単です。
スポンサーリンク↓


nice!(186)  コメント(17)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 186

コメント 17

pandan

おやつおいしそう〜
女性は妊娠出産などホルモンバランスも変化するので
いろいろ大変です。
by pandan (2012-11-16 06:09) 

hirochiki

手作りのおやつは、安心ですしとても美味しそうですね。
私自身は、マタニティブルーの経験はありませんが
この記事に書かれているようにやはりご主人様のご理解が一番大切なのではないかと思います。
by hirochiki (2012-11-16 06:54) 

reicoo

豆もちみたいですね
by reicoo (2012-11-16 07:06) 

リキマルコ

友人はマタニティブルーになっていましたが、高級なちりめんじゃこを食べると気持ちが楽になったといっていました・・・カルシウムがきいていたのでしょうか??(笑)

煮豆入りかるかん作られたのですか?優しい味でほっこりできそうですね(*^^*)

by リキマルコ (2012-11-16 08:19) 

もーもー

これも、美味しそうですね・・・
ごぼうと豚肉、レンコンにこんにゃくも入れて作ってみました
美味しく出来ました  一番下に  不妊に ごぼうは良いんだって
と言ったら  笑ってた    食育  ですね(^。^)
   女性は、ホルモンのバランスを崩しやすいので、、
なんでも、ブルーになりやすいんですよね・・・・
豆乳のかるかん  良さそうですね
  きっと  骨が弱ってる方のも  良いですよね・・・・
うちも  母に作ってみます・・・山芋たっぷりあるし・・(^。^)
by もーもー (2012-11-16 08:47) 

川島

命を宿すことは、とても大変なことであり、素晴らしい事です^^

by 川島 (2012-11-16 08:57) 

サンダーソニア

ブルーというよりグレー?
産まれる前も後も 大変だったので
妊娠中はつわりがひどかったくらいで
落ち込みは少なかったです。
多少は誰でもあると思います。
by サンダーソニア (2012-11-16 09:27) 

ゆりあ

私の場合、子どもが生まれる期待感の方が大きかったのでマタニティブルーは経験しませんでした^^
産後の育児も、配偶者や実家の母親がずいぶん助けてくれました。
今考えれば、そういう環境だったからマタニティブルーに陥らなかったんだと思えますが・・・

かるかんって、自分で作れるのですね^^
以前お土産に頂いて食べたことがあるのですが、こうして作れるとは思っていませんでした^^;
お豆も入っておいしそうですv^^v
by ゆりあ (2012-11-16 10:36) 

這い上がるママ

私は「ずっとマタニティーブルーが続く状態=産後うつ」です。10人に1人がなる、と言われていますが、あまり知られていないような気がします。
by 這い上がるママ (2012-11-16 11:07) 

アニ

マリッジブルー、マタニティブルー。やはり女性にとって
結婚・出産というのはほんと一大イベントなんだな~
と実感しますね。
by アニ (2012-11-16 12:42) 

ryuyokaonhachioj

今は、子供少ない時代なので大変でしょうが
頑張って下さい。
ベニシジミとヤマトシジミが偶然撮れました。
感動でした~。
by ryuyokaonhachioj (2012-11-16 14:34) 

chima

マリッジもマタニティもブルーになりまくりましたよ~
あんまりメジャーじゃないということに驚きました
そういうもんなんですね
その時におやつ作ってもらえたらすごく幸せになれたかも
と、思いました
by chima (2012-11-16 18:59) 

uryyyyyy

いっぷく さん,、こんばんは。

オイラ、今はただただブルーです。
全くテンション上がりませんわぁ。
by uryyyyyy (2012-11-16 19:42) 

カリメロ

今思うと、あったような、無かったような・・・
私の場合は生んでから、仕事柄きずいてしまう我が子の?や育て難さの苦労が多く、思い出せません(笑)
不妊で苦しんだ上での妊娠でしたので喜びいっぱいでしたが、出産近くになりあったと思います。
やっぱり配偶者の理解、これに尽きると思いますね。
by カリメロ (2012-11-16 21:40) 

えのみ

やはり病院へ通っている時に
同じ妊婦さん同士仲良くなって話し合えると良いですね。
by えのみ (2012-11-17 02:21) 

φ(・ω・)かきかき

経験者です。ブルーになりましたよ。
自己肯定感が薄いので、私が親になれるのか不安でした。
産んでしまえばそれも杞憂だった。
兎にも角にも、配偶者の支えはいつどんな時も必要です。
今、求めています(笑)
by φ(・ω・)かきかき (2012-11-17 07:10) 

su-nya

はじめまして!
私も産後うつ経験者です。いや、今もその再発の波と闘病中です。
もっと産後うつについての理解と協力を広めてもらえるようマスコミさんに広くこのことを啓蒙してほしいと思いマス。
by su-nya (2012-11-20 04:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます