So-net無料ブログ作成

So-netブログ、アクセス解析の怪

So-netブログには、アクセス解析という機能が標準で用意されています。そのサイトに、どんなキーワードでアクセスして、何ユーザーが何ページ閲覧したかという統計です。ブログの運営にあたって参考や励みにされる方、とくに気にしないといわれる方、いろいろだと思いますが、今日はSo-netブログのアクセス解析サービスについて書いてみようと思います。

So-netブログは、So-netをプロバイダとして使うユーザー以外にも、「こんてんつコース」に登録した人ならブログを開設できる無料ブログサービスとして多くのユーザーに利用されています。

私もこのブログを開設してもう少しで3年になりますが、いろいろな方のブログを拝見して、いつも、その立場や目的や記事ジャンルの多様さを感じます。

ここのところブログの開設数が急増して、回線がしばしばパンク状態になるSo-netブログですが、提供されている機能やサービスを考えればそれもわかります。

ユーザー同士がつながるnice!機能、検索エンジンへのインデックスの早さ、ドメインの信頼性、テンプレートやcssの改編の自由、アフィリエイト・アドセンス利用などが揃っている無料ブログサービスというのは、実はそうはないんですね。いかなる立場や目的の利用においても、使い勝手の良さではトップクラスではないかと思います。

それだけに、画竜点睛を欠いた、とまで書いてしまうのは、やや過ぎた表現かもしれませんが、「アクセス解析」についてより精緻な統計と分析を行えるようにしてほしいと思います。

So-netブログの「管理画面」から「アクセス解析」のタブをクリックすると、その日の「訪問者数」と「ページビュー(閲覧回数)」が表示されます。

結論から書くと、So-netブログに限らず無料ブログサービスがカウントする「アクセス解析」の数字は、どうも本格的な解析には適していないような気がします。

So-netブログやアメブロでは、アクセス解析専用のソフトを入れて調べると、標準で提供されている「アクセス解析」の3分の1ぐらいの数字しか出ない、という話がいろいろなブログで出てくるので、このブログについて調べてみました。

3月21日。いつもよりアクセスが多いな、という実感があり、So-netブログ標準の「アクセス解析」で確認すると、わがブログの「総閲覧数」は7941。

総閲覧数

このペースでいってくれれば月20万PV超も夢ではない。この時点では「おっ、無名の一個人ブログとしては上出来ではないか」とうれしくなりました。

……が、アクセス解析ソフト「futomi」で調べると、同じ日の数字が、たしかに3分の1以下の「2251」にとどまり、

futomi

グーグルが提供しているアナリティクスでもそれに近い「2184」でした。

おそらくSo-netブログ標準の「アクセス解析」の数字がインフレ状態なのだろうと思います。「3分の1説」は本当でした。ぬか喜びさせられてがっかり。(でも2000PV自体はありがたいことです)

スポンサードリンク↓

その原因の一つは、自己閲覧をカウントしてしまうことがあるんじゃないかと思います。ブログの開設者本人が、「記事ちゃんと表示されているかな」とか、「誰からnice!来たかな」なんて自分のサイトを確認するのも「閲覧者」としてカウントされてしまうのです。

純然たる第三者の閲覧が対象でなければ、解析としては意味をなしません。

もうひとつの問題は、複合キーワードの統計がとれないことですね。

So-netブログの「管理画面」から「アクセス解析」→「検索ワード」を見ると、文字列がいろいろ出てきます。その言葉でアクセスが来ているということですが、はたしてこれにどれだけの意味があるのか疑問です。

たとえば、検索エンジングーグルで「ダイエット」というキーワードで検索した人がいたとします。すると、グーグルでは「約235,000,000件」が出てきます。検索上位には、大手プロバイダや企業のサイトがたくさんありますから、おそらくは、個人ブログで「ダイエット」について書いても、その人がブログにアクセスしてくれる可能性はまずないでしょう。

それが、たとえば「ダイエット 東京 ○○エステ 評判」なんて複数のキーワードで検索したらどうか。

キーワードの条件が増えれば増えるほど、該当するサイトは絞り込まれるわけですから、その文字列を使った個人ブログの記事が検索結果の上位に出てくることもありえます。

私たち個人ブログに、検索エンジンからアクセスが来るのは、単一キーワードではなく、ほとんどがそのような複合キーワードによるものなのです。

たとえば、So-netブログ標準の「アクセス解析」によると、このブログの「検索ワード」のトップ3は、「田代まさし」「天地真理」「千堂あきほ」となっています。

それがアクセス解析ソフトの「futomi」で調べると、「天地真理」「天地真理 現在」「田代まさし」「首 温める 効果」「天地真理は今」というのがトップ5になっています。

同じ「天地真理」でも、「現在」や「は今」という文字も入れて検索してたどりついている人が多くいるということがわかります。

しかし、So-netブログ標準の「アクセス解析」では、そこまでわからないのです。

こうした複合キーワードの統計がなかったら、具体的にどういうきっかけで自分のブログに来てくれたのか、ということが正確にわかりません。ですから、So-netブログ標準の「アクセス解析」が示す「検索ワード」にいったい解析としての意義があるのだろうか、と思います。

So-netブログでも、忍者やfc2が提供する解析サービスを組み込んでいる方を見かけます。たぶん標準の「アクセス解析」ではやはり物足りないのでしょうね。

一方で、そんなことは全く気にしていない、アクセスは結果だから、記事の更新だけで精いっぱい、などという方もいらっしゃると思いますが、もちろんそれはそれでひとつの見識だと思います。

ただ、サイトを開設して検索エンジンのロボット巡回を許可している以上、それは自分以外の人にも見せるブログとして運営していますよ、ということですから、アクセスの状態を知っておくためには参考になるのではないかと思います。

Google Analyticsパーフェクトガイド Ver.5対応版

Google Analyticsパーフェクトガイド Ver.5対応版

  • 作者: 山浦 直宏
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/11/27
  • メディア: 単行本


スポンサーリンク↓


nice!(394)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 394

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます