So-net無料ブログ作成

炭酸水は健康に良い……かも、コーラで骨は溶けません

炭酸水は健康に良い?という噂があるとか。それに答えているのは、「東京スポーツ」(5月8日付)で「医学情報のウソ!ホント?」をの連載する吉田眞医師。毎週様々な巷間の噂を医学的な見地から判断しているコーナーです。今日は、そうしたいくつかの「ウソかホントか」が気になる話題を取り上げてみます

それにしても、私の高校の頃は、運動部は炭酸水禁止でした。砂糖たっぷりの炭酸水が「健康に良い」というのは考えにいのですが、どのような根拠によるのか、引用します。
水に溶けた少量の二酸化炭素は「重炭酸イオン」という物質に変化し、体に吸収されます。
 重炭酸イオンは体内に入ると“体液の酸性化を抑える”緩衝剤として機能します。なので肉体疲労や二日酔いなど、体内が酸性に傾いている時には、炭酸水のイオン成分が、そのバランス改善の手助けをしてくれるはずなのです。

ただし、「効果」はその程度で、毎日の飲用で得られる健康効果は「ないと考えていい」という一言もその後に続いています。

一方、「コーラの飲みすぎで骨が溶ける」という噂に答えているのは森田豊医師(『週刊女性』5月14・21日号)。「カラダにまつわる都市伝説」という記事で、「コーラで骨が溶けるという事実はありません」と断言しています。

コーラで骨が溶ける

「コーラを飲むと、含まれていた糖分を分解するためにカルシウムが使われます。そうして、血中のカルシウムが不足すると、骨から吸収されます。そうなると、骨の中のカルシウムが減ってしまい、骨が弱くなる可能性があります。そのことが大げさに言われて迷信が広がったのでしょう。それと、子どもにぜいたくをさせないようにする意味合いもあって、ジュースを飲みすぎないために広まった話かと思います」

私が思うに、炭酸を口に含むと「しゅわしゅわーッ」と来ますから、あれが骨を溶かしそうなイメージを抱くのかもしれません。

「子どもにぜいたくをさせないように」という点では、以前、チョコレートを食べすぎると本当に鼻血が出るか、についてもこのブログで触れたことがあります。

>>チロルチョコ50年、今明らかになる“チョコで鼻血”の真相

「ショ糖と乳糖は血糖値を上げて空腹を一時的に抑えますから、血液に活力を与えることが、“血管を破って鼻血が出る”という想像につながるといえなくもないですが……」と書きました。

飲料つながりで、アルコール関係についても抜粋してご紹介します。

スポンサードリンク↓

ビール腹はビールのせい……ウソ

「ビールは俗に“エンプティ・カロリー”といわれており、毎日飲んだからといって体重増加につながるわけではありません。太るのはむしろいっしょに食べるつまみや食事が原因。カロリーや食事量に気をつければいいのです」(『週刊女性』5月14・21日号で森田豊医師)

お酒は飲み続けるうちに強くなる……理論的には本当

「お酒を飲み続ければ、お酒を分解する仕組みの20%を占めるミクロゾームエタノール酸化酵素を高めることができます」

ただし、「さらに日本人は、(アルコールの)アセトアルデヒドを壊す酵素を持っておらず、まったくお酒を飲めない人が10%もいます。酵素の働きが十分でなく、すぐに酔っぱらったり赤くなったりするという人も45%いるので、無理は絶対に禁物」(同)

その45%の人が食道がんになりやすい、という疫学調査が話題になりましたね。

問題なのは、まるっきり飲めない人よりも、「ほどほど」の人がそうなりやすいということ。まるっきり飲めない人は最初からアルコールに手を付けないからです。

お酒を飲んで顔が赤くなる人は注意が必要です。

健康情報・本当の話

健康情報・本当の話

  • 作者: 草野 直樹
  • 出版社/メーカー: 楽工社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本


スポンサーリンク↓


nice!(309)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 309

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます