So-net無料ブログ作成

池上シュー(VANNI)と七福神礼所めぐり

池上シューといえば、外側はサクサク、カリカリ、中のカスタードはトロトロのシュークリーム。VANNIというお店で売っています。ネットでもファンが多いようで、「食べログ」でも5つ星が出ています。今日はそのシュークリームと、池上七福神札所を回ってみました。

今日の散歩は東京都大田区池上(いけがみ)。


池上といえば池上本門寺。そして葛餅。
池上本門寺

これでは当たり前すぎるので、最近注目されているVANNIというケーキ屋さんと池上シューをご紹介します。

バス通りにある小さなお店で、気を付けてみないと通り過ぎてしまうかもしれません。

VANNI
VANNI(ヴァンニ)
東京都大田区池上3-40-8 山下第2ビル1F
営業時間 : 10:00~18:00
定休日:月曜日
電話 & FAX : 03-3751-1716
http://www.vanni-sweet.com/

VANNI2
いろいろ注目商品はありますが、池上シューを買ってみました。池上さんというオーナーが池上で作っているから池上シューということでテレビでも取り上げられることがあります。

池上シュー3.jpg

池上シュー
外側がかたいというのが特徴です。

池上シュー2.jpg

いろいろ食べ比べているわけではないので評価の方はよくわからないのですが、ネットの評判はいいようですね。

スポンサードリンク↓

VANNI(ヴァンニ)の最寄駅上は東急池上線池上駅です。

池上線は蒲田から五反田までトロトロ走っている小さな路線ですが、その中で池上駅は東急路線バスの多くが停まることもあり、途中駅の中では最も乗降客が多い駅です。

池上線五反田行池上駅到着

かなり前の動画ですが景色は今もほとんど変わりません

池上には、池上本門寺周辺と池上警察署(国道一号線沿い)、および池上駅に比較的近い寺院が池上七福神礼所として知られています。

すでにいくつかのサイトで取り上げられていますが、私も歩いてみました。

実は池上は30年近く住んでいたのですが、七福神礼所って行ったことなかったんです。

すべて回ると2時間ぐらい、正月などは「待ち」だそうです。

私が行ったときは、どのお寺も1~2人写真撮影していました。

では順番に。

厳定院(弁財天)

厳定院.jpg
大田区池上2-10-12
03-3751-6767

本成院(福禄寿)

本成院.jpg
大田区池上1-35-3
03-3751-0111

養源寺(恵比寿)

養源寺.jpg
大田区池上1-31-1
03-3751-0251

妙見堂(寿老人)

妙見堂.jpg
大田区池上1-31-11
03-3754-6624

馬頭観音堂(大黒天)

馬頭観音堂.jpg
大田区池上3-20-4
03-3725-1579

微妙庵(毘沙門天)

微妙庵.jpg
大田区池上3-38-23
03-3753-4796

曹禅寺(布袋尊)

曹禅寺.jpg
大田区池上7-22-10
03-5700-5111

曹禅寺はペットの葬儀の準備中だったのでひいて撮ってきました。

不思議なのは、七福「神」なのにお寺にあること。そして、そのお寺も超宗派なんですね。

私はてっきり、池上本門寺の近隣だから日蓮宗のお寺だけかと思っていましたが、曹洞宗や浄土宗の寺院もありました。

宗教というのは、他の世界観を認めたら成り立たないんじゃないかと思うのですが、調べてみると、他の地域の七福神礼所も寺院と神社の混成のところが多いようです。

七福神は神仏宗派を超越した存在なんでしょうね。

【東京都大田区散歩関連記事】
・室生犀星、大岩雄二郎、35年目の邂逅
・昭和のくらし博物館で考える「茶の間」の意義
・武蔵新田(東京大田区)を散歩してみました
・多摩川土手から下丸子のたまリバー50キロまで
・武蔵新田ロール(ボンビアン)と下丸子散歩
・久が原出世観音は伊藤博文“ゆかりの”菩薩堂
・おしゃもじさま、ぬめり坂、遺跡の町、久が原・千鳥町
・大森・美原通りなど旧東海道の史跡
・甘公園の珈琲大福、馬込文士村をまた訪ねてみました

るるぶ大田区 (国内シリーズ)

るるぶ大田区 (国内シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2010/09/29
  • メディア: ムック


スポンサーリンク↓


nice!(270)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 270

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます