So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中条静夫の俳優人生を変えた『あなただけ今晩は』

中条静夫

中条静夫(1926年3月30日~1994年10月5日)という映画、テレビで活躍した俳優を覚えていますか。今日は中条静夫さんの生まれた日です。一般にはこの方の代表作は『雲のじゅうたん』(1976年、NHK)『夢千代日記』(1981年、NHK)『花へんろ』(1985年、NHK)『あぶない刑事』などといわれていますが、私は少し違う作品を思い浮かべます。

邦画に詳しい方ならご存知と思いますが、大映時代(50年代後半から60年台前半頃)の中条静夫といえば、若尾文子の映画に、役名がなかったり苗字だけだったりの端役でよく出ていました。飲食店の板前とか。

渡る世間は鬼ばかりSP2.png
『渡る世間は鬼ばかりSP2』より

同じ頃の東宝でいうと、石田茂樹とか、沢村いき雄ぐらいの格じゃないかと私は思っています。いわゆる大部屋俳優ですね。

それが、『ザ・ガードマン』(1965年4月~1971年12月、大映、大映テレビ、TBS)のレギュラー主演7人に大抜擢されました。

でもその時も、あくまで主役は宇津井健。最終回で、サンタクロースに扮したガードマンたちが順番に素顔を見せるシーンがあるのですが、その順番は宇津井健、藤巻潤、川津祐介、稲葉義男、中条静夫、倉石功、神山繁。神山繁はトメということでナンバー2かナンバー3ぐらいの扱いで、それ以外には中条静夫の後ろは大映の若手だった倉石功だけでした。

その後、大映テレビの作品などにその他大勢の役でたまに出ていたのですが、新劇の劇団に入り、あまりテレビの実績はなかったように記憶しています。

スポンサードリンク↓

俳優人生のターニングポイントは倉本聰作品


それが一躍脚光を浴びたのは、『6羽のかもめ』(1974年10月~1975年3月)と『あなただけ今晩は』(1975年7月~9月)というフジテレビのドラマでした。

『6羽のかもめ』は最初、例によって端役の中間管理職役だったのですが、「弱っちゃうよなあ」という悩ましい台詞がウケて、いつの間にかレギュラーを食う存在になり、メディアでも取り上げられるようになりました。それが、同じ枠の次の次の作品である『あなただけ今晩は』の出演につながったのだと思います。

『あなただけ今晩は』は、倉本聰脚本、若尾文子主演のドラマ。亡くなった妻が天国に行きそびれて地上に降りてくるものの、夫(藤田まこと)には見えず、夫の兄(中条静夫)だけが話し相手というストーリーです。この作品でも、例によって軽妙に演じました。

若尾文子が主演ではありますが、ドラマのクライマックスにおいて、映画時代にはなかった若尾文子とのツーショット。毎回屋根の上のシーンでドラマの核になる台詞のやりとりをする中条静夫。映画の序列とは違うポジションを掴んだ象徴的なシーンで、子供心に感動的でした。

以来、重要な役が回ってくるようになり、先日の三ツ矢歌子さんの記事「『気まぐれ本格派』を三ツ矢歌子さんの命日に思い出す」でご紹介した『気まぐれ本格派』(1978年、ユニオン映画、日本テレビ)では、甥が兄の本当の子ではないことを主人公の石立鉄男に告げる役でした。

201802122351.jpg
『気まぐれ本格派』より

もうひとつ印象に残っているのは、やはりフジテレビで放送されましたが、木曜劇場『間違いだらけの女磨き』(1985年)というドラマです。

宮崎のタイル会社東京支店の社宅に、元夫婦だった市毛良枝と三田村邦彦がそれぞれ婚約者を伴ってともに生活するようになるのですが、昔を思い出して元夫婦は1度だけ関係してしまうものの、結局昔には戻れず、市毛良枝は婚約者(角野卓造)と結ばれ、三田村邦彦の方は婚約者(中井貴恵)とも関係が終わってしまうという話。

中条静夫は支店長の役。親子ほど年の離れた後妻(佳那晃子)と新婚です。本社に帰った前支店長の夫人(大森暁美)が昔の恋人で、夫人は昔を思い出して社宅に居残っていたものの、社内旅行で関係することを中条静夫が拒否。自分には大切な妻がいること、過ぎた時間は取り戻せないことなどを諭して、前支店長のところに帰るよう勧めます。

シチュエーション・コメディですが、「人生は2度と同じところには立てない」という深いテーマが印象に残る作品でした。おそらく、フジテレビのCSで今後放送されることがあるのではないかと思います。

晩年の『あぶない刑事』の評価も高いし、たしかに作品を締める重要な役どころですが、すでにこの時点で中条静夫は主演もできる大物俳優の仲間入りをしていたので、私個人は実を言うとそれほどの思い入れはありません。

こうして振り返ってみると、中条静夫のターニングポイントは、『6羽のかもめ』と『あなただけ今晩は』だったんだろうなあと私は思います。

人間、頑張っているからといって誰にでも必ずチャンスがあるとは限りません。

が、少なくとも頑張ることでチャンスをものにする可能性はあるのだろうと、中条静夫の俳優人生を振り返ると思います。

ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 後編

ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 後編

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


スポンサーリンク↓


nice!(316)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 316

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます