So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ネトウヨとは何だ、これがネトウヨだ

ネトウヨとは何だ、これがネトウヨだ

ネットで注目される発言には、大きくふたつの潮流があります。ひとつは、ネトウヨといわれる政治的な発言を行う潮流、もうひとつは、障碍者、高齢者、高齢出産、その他事件・事故の被害者・犠牲者等、弱い立場の人を悪く言う潮流ですが、私はどちらも軌を一にしていると思っています。



まず、誤解のないように書きますが、これは保守的・右翼的な意見を批判する記事ではありません。

そうではなくて、いわゆるネトウヨとは、そのような潮流とは似て非なるものである、という話です。

普段から、ネットで叩かれている日刊ゲンダイですが、ネトウヨとは何か、という読み物を集中連載しています。

ネットでは全部読むことができます。

よくまとまっていますよ。

高齢者の巣窟 ネトウヨの正体
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3341

連載を一通り読んだうえで、私なりにまとめた、ネトウヨの定義とは……

1.とんちんかんでも極論でもズバッと言い切ってしまうことでカッコよく受け取られる
2.異論反論疑問者は反日というレッテルを貼るが、根拠が単純もしくは虚偽
3.基本は排他主義(「強い」ものに憧れ「弱い」ものを唾棄する
4.判断や根拠がネットコンテンツに全面依存で、自力調査や独自の論考はない浅学無責任


「3」の排他主義や、「4」のネット完結浅学無責任なところは、政治的な発言だけでなく、まさに弱者叩きがそれにあたります。

ですから、冒頭の2潮流は、ネトウヨとは別個に弱者いじめの潮流があるのではなくて、障碍者叩きもネトウヨ的メンタリティであると私は解しているわけです。

要するに、ネトウヨとは、本来の右翼的・保守的思想とは違い、ネット情報に踊られされるただの排他的なおっちょこちょい、と定義できます。

ネトウヨの政治的立場が、右翼的なものに影響を受けているのは、『「強い」ものに憧れ「弱い」ものを唾棄する』からであり、そこに根拠となる理論があるわけではないでしょう。

たとえば、ネトウヨが騒いでいる、外国人が日本の国民健康保険や生活保護を(不正に)使う問題ってありますね。

では、そもそも論として、どうして、外国人が日本の福祉を享受できるのでしょうか。

ネトウヨは、「反日」の民主党のせいにしています。

が、2009年7月に、麻生政権が外国人登録法の廃止を決め、外国人も住民票をつくれ、国民健康保険や国民年金の受給対象となるよう法改正したことにこそ客観的原因があるのに絶対に触れようとしない。

政権交代したときが施行と重なっただけで、ネトウヨがいうところの「売国法案」の生みの親が自民党であることをなぜ見ようとしないのでしょうか。

やはり、ネトウヨがひとつ話にしている悪名高き「人権擁護法案」を作ったのはいつですか?

自民党の小泉政権じゃないですか。

じゃあ、民主党政権が素晴らしかったかというと、そんなことはありません。

ただ、ここでいいたいのは、ネトウヨ的論陣が、事実と道理を外れたものであるということです。

社会現象から帰納的に定義される言葉もある


ネトウヨ側の反論として、「ネトウヨなんていう言葉は、客観的な定義がない。そんなものはマス『ゴ』ミの造語であり、定義の曖昧なレッテルを貼るのは不毛である」という反論があります。

たぶん、日本の学校教育は哲学を教えないから、そういう反論が出るんでしょうね。

たとえば、コップというのは、物理的なものでありすでに概念が明確であるから、コップとは何かということは客観的にその特徴を述べられます。

しかし、たとえばカルトとか、トンデモとか、ネトウヨとか、社会現象的に発生した言葉は、「何となくこんな感じだ」という表象による認識から始まっていますから、あらかじめ○○と決まった概念があるわけではなく、人々の表象における普遍的なものが論理的に推論され整理され、社会的に定義されていく帰納的な成り立ちになっています。

ですから、「ネトウヨ」という言葉の定義は変化しながら完成していくものであり、客観的に説明できないから、ネトウヨという存在自体がない、ということにはなりません。

スポンサーリンク↓

まとめ


繰り返しますが、これは右翼的な意見がだめだという話ではありません。

右とか左ではなくて、ネットで意見や情報をインプットしたりアウトプットしたりする時の、基本的な心得の話です。

1.事実は事実として、意見は意見として混同せずに論点を整理すること
2.本当のことが知りたかったら、ネットの掲示板やまとめで完結しないで、自分で苦労して調査論考にあたること
3.ただし、その際は、自分とは異なる立場の人の言い分もきちんと聞いておくこと
4.間違いは率直に認めること

私の経験として、この4点を守れない心得知らずに、ずいぶん嫌な思いをしてきましたし、また私自身気をつけているつもりでも、完全に守れてないいこともあろうかとおもいます。

ですからまあ、自戒を込めて、これは何人たりともどんなときでも守ってほしいですね。

そうすれば、ブログであれ、ネット掲示板であれ、こうしたネットの意見発表は、もっと有意義なものになるでしょう。

ネトウヨ化する日本 (角川EPUB選書)
ネトウヨ化する日本 (角川EPUB選書)
スポンサーリンク↓


nice!(267)  コメント(15)  [編集]

nice! 267

コメント 15

ナベちはる

「ネトウヨ」、ネット(特にTwitter)では何故か目にすることが多くても意味はあまりよく分かっていなかったので、定義を含めて解って良かったです。
by ナベちはる (2018-06-10 00:41) 

yamatonosuke

ネトウヨという言葉が簡単に使われるのに違和感あります。
by yamatonosuke (2018-06-10 00:55) 

末尾ルコ(アルベール)

ネトウヨとは何だ、これがネトウヨだ・・・ネトウヨ問題についてはわたしも書きたいことがごまんとありますが、今夜のお記事、とても簡潔に問題点を纏めてくださっていて、論点に整理にすごく役に立てさせていただけます。
わたしなりの観察では、ネトウヨには確かに高齢者も多いですが、若い層も含まれていると見ています。そしてネトウヨを大きく2通りに分類しますと、「完全な無知のネトウヨ」と「ある程度以上の知識を持ったネトウヨ」がいると思うのですが、どちらも「思考停止」という共通点があります。
とにかくどのような分野でも「思考停止」という状態が一番の曲者で、この状態の人間は、まず絶対に「反省」しませんし、「珍妙な自説」を変えません。もちろん「自分は絶対に正しい」という妄想の世界から出ることも絶対にありません。まあ、「左」の中にもこのような人は数多くおりますが。

>とんちんかんでも極論でもズバッと言い切ってしまうことでカッコよく受け取られる

ここが大きなポイントですよね。世の中のものごと、そうそう「断言」できるものなどないのですが、何でもかんでも断言して、それが「カッコいい」とまず本人が信じているし、同レベルの連中の支持も間違いなく受けやすいのですよね。特に何でもかんでも薄汚い言葉でボロカスに言うのを「本音でカッコいい」と信じ込んでいるのだから、本当に救いようのない連中です。わたしの基準では、どんな内容を語っていようが、薄汚い言葉を使う手合いはすべて「失格」なのですが、ネトウヨ的メンタリティの人たちにとっては「大合格」と言うよりも、薄汚い言葉は「必須」のようです。
そして自分と違う考えの相手に対してはお決まりの思考停止レッテル貼りをするパターンですよね。自民党を批判したら「パヨク」、「現状」を批判しただけで「ジジイ」、欧米の事例について語ると「白人の忠犬」とか、もうお話になりません。

>障碍者叩きもネトウヨ的メンタリティ

おっしゃる通りだと思います。そしてネトウヨ的メンタリティは、他の様々な事象に対しても思考停止的暴力性を持って襲い掛かってきます。とりわけ排他主義は深刻で、現在外国文化に対する興味が薄れてきており、商売最優先のマスメディアの姿勢もそれを助長しており(日本をよいしょする番組の反乱など)、今後例えば小中学生の間でも、外国文化に興味を持っているだけで「いじめ」が発生する状況も多々発生してくると考えます。いわば小中学生の間へネトウヨ的メンタリティ受け継がれていくという、本当に危険な状態にあると思います。
この件に関しては本当に気を引き締めて、少しでも状況悪化を防ぐための努力をしていきたいと考えております。

やはり伊藤つかさの「顔」は非常に微妙だとご認識されておられたのですね。それにしてもいっぷく様の言われる「括り」というもの、その文化レベルの高さはいつもながら感服です!メディアによってもたらされる情報をそのまま受け入れるのではなく、わたしたち自身の感覚で咀嚼することが大切だと思うのですが、まさにいっぷく様の「括り」もそうした高雅なご知性の活動に他ならないと感じます。
伊藤つかさに関しては、はっきり言って特にファンではなかったのですが、半年間ほど仲間内で「伊藤つかさのり」のようなものができた時期がありまして、その時ヘゲモニーを握るべく(笑)、買わずもがなのアルバムまで買ったような覚えがあります。いまならそんなアホなことしませんが、やはり若気の至りで、仲間内でいい顔をしたかった頃だったのですね。

まったく関係ないお話なのですが、今夜は全仏オープン女子テニス決勝で、ここ数年ずっと応援していたシモナ・ハレプがグランドスラム初優勝!いままさにわたしもその勝利に酔い続けております。  RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-06-10 01:49) 

うつ夫

ネット完結が怖いのは、間違いでもコピペで拡散されたものが教科書になってしまうところですね。
by うつ夫 (2018-06-10 01:56) 

HIDEe

どうも、ご無沙汰しております。
ネットの怖い所は、文章で表現されたことが、さも正確で正しいことだと多くの人が錯覚してしまうことと思います。
情報が正しいか正しくないか、恣意的でないかを判断する能力を持ってもらいたいものですね。
by HIDEe (2018-06-10 03:32) 

pn

詰まる所人の話を聞かない人ですよね多分、自分が一番的な人なのかな?
by pn (2018-06-10 06:18) 

チャー

あくまでも個人の吐き出して口 と思わないと 嫌な思いにさせられる事もありますね
by チャー (2018-06-10 06:49) 

斗夢

マスコミは日本会議を取り上げませんね、なぜでしょう?
by 斗夢 (2018-06-10 06:50) 

johncomeback

ネトウヨですか、ノンポリの僕のブログとは無縁です。
by johncomeback (2018-06-10 08:47) 

makkun

↓ 私も同意見で酢す。
>ネトウヨがいうところの「売国法案」の生みの親が
>自民党であることをなぜ見ようとしないのでしょうか

他人の話をマトモに聞かないで
自分が一番正しい! しか考えない人だと思うので
本日現在での筆頭はアベかも知れません(^^♪
by makkun (2018-06-10 15:21) 

kou

ネトウヨと言う単語は良く耳にしますが、なるほどと思います。自分も一度ネットで叩かれましたが、それが部下だったとわかりガッカリしたことがあります。
by kou (2018-06-10 17:35) 

ヤマカゼ

ネトウヨ、初めてききました。意味もはじめて知りました。
by ヤマカゼ (2018-06-10 17:50) 

ヨッシーパパ

「ネトウヨ」は、初めて知りました。
by ヨッシーパパ (2018-06-10 19:23) 

藤並 香衣

ネットが一般的になる前は
井戸端会議レベルや飲み会の話で盛り上がっていた話が
そのまま不特定多数の目に触れる場所に移っただけで
潜在的にそういう要素のあった人が多いと思います
週刊誌やワイドショーの情報から
ネットで得た情報にネタ元が変化した感じですかね
深く掘り下げて考察するというよりは
興味のある対象を限られた情報のみで判断して
持論を展開して満足してる印象です
by 藤並 香衣 (2018-06-10 22:29) 

風の友

ネトウヨの行為もなってないけど
そんなことにしか熱中出来ない人間性が問題に思えます。
根は、自己顕示だと思いますが、ネトウヨとしてしか自己を顕示できない人格の空虚さが悲しい。
学ぶのではなく、ただ人から貰った妄想で自己存在を確認しているだけの,空っぽの箱人間ですね。
日本も中高の授業に「哲学」を「道徳」よりも先に採用して欲しいと思います。
by 風の友 (2018-06-14 15:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます