So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

社長外遊記、ハワイを舞台にデパートの海外進出喜劇

社長外遊記、ハワイを舞台にデパートの海外進出喜劇

『社長外遊記』(1963年、東宝)が、先週の『続・社長漫遊記』に引き続き、BS11で6月19日(火)よる6時59分~8時52分に放送されます。製作:藤本真澄/角田健一郎、脚本:笠原良三、監督:松林宗恵、出演:森繁久彌、小林桂樹、加東大介、三木のり平、フランキー堺ほか。(画像は本作より)



先日、ご紹介したと思ったらもう1週間たったんですね。

玉置宏ではありませんが、「1週間ぶりのご無沙汰です」

今回の『社長外遊記』。舞台は丸急百貨店といいます。

東京有楽町の、数寄屋橋にある阪急百貨店を実際に使い、名前だけ少し変えました。

阪急百貨店は、小林一三が作った阪急グループということで、東宝にとって身内ですからね。

さて、ストーリーですが、2代目社長(森繁久彌)は、ライバルの福助屋社長(河津清三郎)が香港に出店するというので、負けずにハワイに住む旧知の日系バイヤー(フランキー堺)のツテで海外進出すべく、秘書課長(小林桂樹)をハワイに単身赴任で送り込みます。

そして、3ヶ月後、福助屋もハワイに支店を構えるという噂を聞き、森繁社長は常務(加東大介)と営業部長(三木のり平)を伴ってハワイに向かい、猛然と建設予定地探しを始めます。

ということで、今回の特徴の一つは、ハワイロケがあること。

そして、今回のマダムズは、新珠三千代と草笛光子。

いったい何回目の登場でしょう(笑)

森繁社長と夫人(久慈あさみ)の間には、いつも一人娘がいることになっていて、その女優は、東宝でも期待されている、つまり登竜門的役で、浜美枝、中真千子、松本めぐみ、岡田可愛らがキャスティングされていました。

それが今回は、何と5人。

中真千子、桜井浩子、岡田可愛、相原ふさ子、上原ゆかりです。

中真千子

中真千子は、若大将の妹です。

桜井浩子、岡田可愛、相原ふさ子、上原ゆかり

桜井浩子は、後の『ウルトラマン』のフジ・アキコ隊員です。

岡田可愛は、『サインはV』の朝丘ユミです。

相原ふさ子は、青春学園ドラマの金字塔『飛び出せ!青春』の女生徒・矢吹礼子役でした。

上原ゆかりは、私より少し上の世代の子役で、マーブルチョコレートのCMに出ていました。

この頃の子役は、四方晴美(チャコちゃん)とか、保積ペペ(丸出だめ夫)とか、蔵忠芳(あっちゃん)とか松井八千栄(ソメ子ちゃん)でしたね。

恒例の出演者宴会芸は、まずフランキー堺が、酔いつぶれながらバンドの演奏に乱入。

本職のドラムスティックさばきを披露して、森繁社長を唸らせます。

フランキー堺

森繁社長は、書生姿でヴァイオリンを弾きながら『籠の鳥』を歌い、加東大介が女給役で手練の当て振り。

籠の鳥

三木のり平と小林桂樹は、詩吟『棄児行』を披露しています。

棄児行

その他、芸者役に武智豊子、小林桂樹の恋人役は藤山陽子、現地の小林桂樹をサポートする女性にハヌナ節子、デパートの店員役に同作に出演していた久慈あさみとおなじ命日の宮田洋容などが出ていて、出演者も賑やかで、明るく華やかな展開です。

宮田洋容

併映作品は、三船敏郎が主演だけでなく監督もつとめた『五十万人の遺産』。

ゴールデンウィーク空前の大ヒットになったそうです。

今回もお勧めです。

スポンサーリンク↓

あの伝統的キャラメルがクリームに


今日のオヤツは、『ミルクキャラメルほろさくガレット』(森永製菓)です。

ミルクキャラメルほろさくガレット

ビスケット生地で、森永ミルクキャラメルクリームをはさんだものです。

ミルクキャラメルほろさくガレット

個包装を開けると、キャラメルの香りがします。

ただ注文があるとすれば、小さいことかな。

ミルクキャラメルほろさくガレット

それでも、1つ140kcalあります。

キャラメルクリームはお好きですか。

森永製菓  ミルクキャラメルほろさくガレット  6個×6箱
森永製菓 ミルクキャラメルほろさくガレット 6個×6箱

社長外遊記 [レンタル落ち]
社長外遊記 [レンタル落ち]
スポンサーリンク↓


nice!(250)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 250

コメント 15

ナベちはる

ミルクキャラメルのガレット、美味しそうですが小さいのですね…惜しいです。
by ナベちはる (2018-06-18 00:30) 

うつ夫

詩吟・・・古典芸になりましたね。
by うつ夫 (2018-06-18 01:03) 

末尾ルコ(アルベール)

社長外遊記、ハワイを舞台にデパートの海外進出喜劇・・・「洋行」「漫遊」、そして「外遊」と微妙に違うのがいいですね。それにしても今作では娘が5人いるのですか。そういう愉しい出鱈目、わたし大好きなのです。社長シリーズを観始めて、まだ事情がよく分かっていない時期、他のレギュラーはだいたい同じなのに森繁の娘は、(あれ、何か前と違うなあ~~)と首を傾げたりしておりました。弟がいることもあったかと思います。
マーブルチョコレートって、子どもの頃はあの毒々しい色彩がよかったですよね。チョコのCMと言えば、『森永エールチョコレート』もよく覚えています。あの頃に現在のような高カカオのチョコを売り出したら、日本国民ん吃驚だったでしょうね。まだまだ、「甘けりゃ何でもいい」に近い時代だったのかもしれません。
ちなみにわたし、昨今の日本の、子役にしつこい演技をさせるのがとても苦手だということはブログ記事へも書きましたが、日本映画黄金期前後の作品の、「台詞棒読み」の子役は大好きなのです(笑)。そういうシーンを観るだけで、得した気分になります。大河や朝ドラって、新しいシリーズが始まると必ず主人公の子ども時代からやるんですが、その時の子役のワザトラ演技はちょっと正視しかねるものがあります(←個人的感想ですが 笑)。
それにしても『五十万人の遺産』と今作の2本立てが空前の大ヒットとは素晴らしい!いったいそんな大人な鑑賞眼を持つ日本人はどこへ行ってしまったのでしょう。今、日本の映画興行に関する本を読んでるんですが、とにかく近年は、アニメ、アニメ、アニメ・・・。大人もアニメに走ってるんですよね。「俳優を観る愉しみ」って、映が鑑賞の中の極めて大きな要素なのに、アニメは最初からその愉しみがないわけですから。本当はもっと社会的な問題として考えるべきテーマなのだと思います。

『ミルクキャラメルほろさくガレット』・・・子どもの頃はキャラメル、よく食べてたですね。近年は歯にくっつくのがどうも嫌で、まったく食べません。味は好きなんですけどね。懐が温かい時には、アンリ・ルルーの生キャラメルを買ったりすることもありますが、高いだけに美味しいのは間違いないです。ガレットなら歯にくっつかないですし、見かけたら買ってみます。

昨夜のお記事の『週刊新潮』ですが、最寄りのTSUTAYAで立ち読み(笑)してみました。内容があまりに貧弱で吃驚しました。見開きで商品名をずらり並べるというセンセーショナリズムのみの記事ですね。このような記事で簡単に踊らされる情弱であり、ものごとを大局的に見ることが一切できない人たちが多いのは社会的に不気味な状態です。こうした商品を避けて、「それで、どうなの」という感じですよね。それで人よりもずっと長く健康寿命を享受できるのか?さらに、それでよりいい人生が送れるのか?このような人生の最も大切な問い掛けにまったく欠けていると言いますか、「今そのようなことをやっているのは、自分の人生の中でどういう意味があるの?」という見地が一切なく、恐らく生涯その見地を持つことができない人たちが短絡的に騙され、そして潜在的に持っている不安を解消するために特定の商品を排除しようとしたり、マイノリティを叩いたりする構図がネット社会の中に如実に表れている感があります。

>「時は来た!」

これは橋本真也のセリフでしょうか(笑)。「プロレスラーの名言」的な本も最近読んでおりまして、そのうち記事としてアップするつもりです。もっとも、サバ缶はそんなにすっごく美味しいものとは言い難いものでして、あくまで「気軽に食べられる保存食としては」というレベルでございます。そりゃあ、普通に焼いたサバの塩焼きの方がずっと美味しゅうございます。とは言え、わたしは家でサバの塩焼きとかまったく作らないのです。だいたいスーパーで買って食べてます。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-06-18 02:07) 

旅爺さん

社長外遊記に出てくる人はじめ、昔の芸人は
一人一人が良い味出して楽しませてくれましたね。
それに引き替え今の芸人は・・・・ですよね。
by 旅爺さん (2018-06-18 05:36) 

ヤマカゼ

残念、女優さんが一人も分かりません、うううー。
キャラメルクリームなつかしい味ですね。
by ヤマカゼ (2018-06-18 06:15) 

pn

玉置宏、なつかしい(^-^)
by pn (2018-06-18 06:19) 

チャー

森永のミルクキャラメルがパッケージにあると 懐かしさにつられて 購買意欲が湧きますね(^^) 美味しそう〜
by チャー (2018-06-18 07:12) 

Rinko

キャラメルクリームに心惹かれますが・・・140Kcalもあるんですねー^^;
by Rinko (2018-06-18 08:03) 

johncomeback

玉置宏は懐かしい、『ロッテ歌のアルバム』でしたね。
森永のミルクキャラメルは妻が好きで昨日も買ってました。
by johncomeback (2018-06-18 09:59) 

kohtyan

森永ミルクキャラメルは、子供のころから、人気でしたが
今も売ってるのですね。
ほろさくガレット、食べてみたいです。
by kohtyan (2018-06-18 11:21) 

makkun

森繁の「社長シリーズ」に登場する俳優は
一人ひとりの個性がユニークで
ストーリーも「笑」に徹していたので
ニンキシリーズでしたよね~(^^♪
以前、やっていた「日曜劇場」のように
地上波で再放映して貰いたいです。

by makkun (2018-06-18 15:08) 

kiki

社長シリーズの写真を見ると、森繁久彌の笑顔につられて、
なぜかニヤッとします。
キャラメルクリーム大好きです。
これは食べたことがあります。
140kcalもあると知って驚きました。
2個で280kcal大変だ〜(笑)

by kiki (2018-06-18 15:58) 

ヨッシーパパ

キャラメル風味のクリーム入りのクッキーなんですね、
ただ、カロリー高すぎ!
by ヨッシーパパ (2018-06-18 18:48) 

えくりぷす

こういった情報に接すると、是非見たいですね。
森繁さんの社長シリーズは、以前BSフジでよくやってましたがほとんど見れなかったもので…
原点ともいうべき「三等重役」はとても面白かったです。
by えくりぷす (2018-06-18 19:13) 

☆ミルキーウェイ☆

森永ミルクキャラメル、現在はマックシェイクともコラボしてますよね。
キャラメル系のお菓子は大好きなので、探してみようと思います^^
by ☆ミルキーウェイ☆ (2018-06-19 02:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます