So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

三橋達也、文芸、喜劇、恋愛映画も演じたアクション俳優

三橋達也、文芸、喜劇、恋愛映画も演じたアクション俳優

三橋達也さん(みはしたつや、1923年11月2日~2004年5月15日)が生まれた日です。三橋達也は、Wikiによると、「日本初の本格的スパイアクション映画『国際秘密警察シリーズ』は4年間で5本が製作され、カルト的な人気を博す」とあります。



しかし、それだけでなく、文芸作品、喜劇、恋愛映画など、ジャンルは幅広く出演実績を残しています。

これまでこのブログでご紹介したものだけでも7作ありました。

駆け足になりますが、順にご紹介します。

『洲崎パラダイス赤信号』


洲崎パラダイス赤信号

洲崎パラダイス赤信号』(1956年、日活)は、川島雄三監督、今村昌平助監督です。

甲斐性のない男(三橋達也)と遊女(新珠三千代)が、別れそうで別れない、洲崎遊廓の人々の生活や男女関係の不可思議さを描いています。

洲崎パラダイス赤信号
DVD『洲崎パラダイス赤信号』より

三橋達也は、新東宝、松竹、日活、東宝と映画会社を変わっていますが、日活時代の代表作は本作と言われています。

『ガス人間第1号』


ガス人間・メインタイトル
DVD『ガス人間第1号』より

ガス人間第1号』(1960年、東宝)で三橋達也は、強盗殺人を繰り返すガス人間(土屋嘉男)を追う警部補を演じています。

ガス人間最後
DVD『ガス人間第1号』より

当時は、怪奇空想科学映画シリーズと銘打たれたそうですが、その中でももっとも評価の高い映画です。

『サラリーマン忠臣蔵』『続・サラリーマン忠臣蔵』


続サラリーマン忠臣蔵
DVD『続サラリーマン忠臣蔵』より

サラリーマン忠臣蔵』『続・サラリーマン忠臣蔵』(1961年、東宝)では、射撃が好きな、常務(有島一郎)のドラ息子役で、宝田明と司葉子のアツアツ関係に横恋慕し、もみ合っていうちに銃で宝田明を撃とうとするシリアスなシーンもあります。

続サラリーマン忠臣蔵で三橋達也
DVD『続サラリーマン忠臣蔵』より

日本クレー射撃協会の理事も務めていた三橋達也ならではの役です。

『続・若い季節』


zokuwakaikisetsu.png
『東宝昭和の爆笑喜劇DVDマガジン』(Vol.46)より

続・若い季節』(1964年、東宝)は、女性店員役の園まり・中尾ミエ・伊東ゆかりのスパーク3人娘と、

スパーク三人娘
DVD『続・若い季節』より

「おじさま」三橋達也の交流を描いた青春ストーリー。

三橋達也
DVD『続・若い季節』より

大空撮のオープニングが、いかにも古澤憲吾監督らしいダイナミックさです。

後楽園競輪場
DVD『続・若い季節』より

『女の中にいる他人』


女の中にいる他人タイトル
DVD『女の中にいる他人』より

女の中にいる他人』(1966年、東宝)は、エドワード・アタイヤの『細い線』(文村潤訳、ハヤカワ・ミステリ文庫)を翻案した、成瀬巳喜男監督のサスペンスです。

三橋達也は、小林桂樹に妻(若林映子)を寝取られた上に過失で殺され、さらにそれを本人から打ち明けられますが、「自首しても妻は戻ってこないから」と、耐える男の役です。

成瀬巳喜男監督らしい、難解な男女の機微が描かれています。

スポンサーリンク↓

ドラマやバラエティ番組でも活躍


テレビでは、多趣味でかつトークの巧さを買われて、『おしゃれ』(1974年4月1日~1987年4月3日、NTV)というトーク番組の、初代司会者をつとめています。

三橋達也は、映画時代における制作や俳優のエピソードをよく話していたので、興味深く視聴していました。

ドラマで印象深いのは、『鉄道公安官』(1979年4月9日~1980年3月17日、東映/テレビ朝日)です。

鉄道公安官で三橋達也
https://blogs.yahoo.co.jp/bongore_asterisk/66165770.html より

三橋達也は、石立鉄男が班長のグループの上司役で出演していました。

全国の鉄道と名所が出てくる観光ドラマでもあったので、リアルタイムでは欠かさず見ていたのですが、DVD化されてからは見直していません。

これは鉄道ファンならおすすめドラマですね。

そして、桂小金治司会の一般人対面番組『それは秘密です!!』(1975年10月7日~1987年9月29日、NTV)では回答者として出演していました。

それは秘密です!!の三橋達也
Google検索画面より

こうしてみると、ずいぶん観ていましたね。

みなさんは、三橋達也というと、どんな仕事を思い出されますか。

ガス人間第1号 [東宝DVD名作セレクション]
ガス人間第1号 [東宝DVD名作セレクション]

女の中にいる他人 [DVD]
女の中にいる他人 [DVD]

鉄道公安官 DVD-BOX1 デジタルリマスター版
鉄道公安官 DVD-BOX1 デジタルリマスター版

若い季節/続・若い季節(DVDツインパック)

若い季節/続・若い季節(DVDツインパック)

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


スポンサーリンク↓


nice!(246)  コメント(10)  [編集]
共通テーマ:映画

nice! 246

コメント 10

末尾ルコ(アルベール)

三橋達也、文芸、喜劇、恋愛映画も演じたアクション俳優・・・三橋達也出演作品、少なからず観ておりますが、もう一つ強い印象はないのです。それは三橋達也の問題ではなく、わたしの注意力不足の問題だと思いますが、「三橋」ということで、三橋美智也と混同することがあり(三橋美智也についても多くを知っているわけではないのですが 笑)、その点も三橋達也の印象を曖昧にさせていたのだと思います。
それにしても素晴らしいキャリアですね。『国際秘密警察シリーズ』も知りませんでしたが、おもしろそうです。そして超一級監督との作品の数々。『洲崎パラダイス赤信号』は川島雄三ですか。観たいです~。川島雄三は40代で亡くなってますよね。まったく惜しい才能でした。『雁の寺』など、若尾文子と組んだ作品が大好きです。『ガス人間第1号』は観ているのですが、これまた記憶が曖昧で(とほほ)。また観返さねばと思っております。そして『女の中にいる他人』は成瀬作品!成瀬作品も未鑑賞のものが山ほどまります。代表作的な映画はだいたい観ておりますが、おもしろそうな作品が多いですからね。『それは秘密です!!』、ありましたね。これもちょこちょこ観ておりました。それにしても87年まで続いていたんですね。
三橋達也のお写真を見て感じるのは、今はこうしたしっかりした顔立ちの俳優がいないことですね。特に若手は皆似たような甘ったるい顔ばかり。(これで、いいのか!)と憤りさえ感じてしまう状況です。

>誰々の脚本家や監督の作品、という視点で見ているわけではなく

監督や脚本家まで意識している人は、わたしが高校の頃でも、同じ学校に一人(笑)でした。もちろんわたしは全校生徒と面識があったわけではないですから、きっと他にもいたのでしょうが、わたしとそのもう一人の男(←親友的になりましたが、若気の至りで後に仲違い 笑)がダントツ映画好きだったと思います。映研もあったのですが、あまりにレベルが低くて驚きました。というわけで、なかなかおりませんよね、映画をいろんな側面からしっかり鑑賞する人って。ただ、高知には自主上映グループもいくつかあって、以前から活動をしているのですが、そしてそうしたグループの人たちはとても詳しいのですけれど、閉鎖的です(笑)。そしてあまり好きな言葉ではありませんが、「極度にダサい人たち」がずらりなのです(笑)。なので、「映画についてしっくり語り合える」人というのはなかなかいないものだと思ってます、特に高知では(笑)。
いつも感じるのは、「映画を多少なりとも意識的に観る」人たちの裾野を広げないと先細りしていくばかりだということと、日本は映画についての社会的熱があまりに低いということです。米国アカデミー賞やカンヌ国際映画祭を挙げるまでもなく、かつて蒼井優が韓国の映画祭へ行ったときに、日本とあまりに違う熱の高さに驚いたといいます。かつて映画黄金時代を世界に誇っていた日本が、韓国と比べてもこの状況なのは情けなく感じます。まあ、子どもの頃から、映画やドラマを観るときには、監督と脚本家くらいは最低限知っておくべきだという家庭教育、社会的雰囲気が必要ですね。そして、映画だけではなく、あらゆるジャンルの作品を鑑賞する際に、「知れば知るほど、おもしろくなる」ということも、より多くの人たちに知っていただきたいです。

>48作もあると、そのように読み解くテーマは数え切れないほどあります。

今遅ればせながら、つくづくそれを感じております。一本だけ観てもおもしろい、しかしシリーズの作品をできるだけ系統立てて観ると愉しさは何倍にもアップするし、何度観ても新発見があるのですよね。  RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-11-02 03:09) 

pn

そう言えばショットガン撃ってる姿しか思い出せない(^_^;)
東宝特撮によく出てましたよね?違うっけ?
by pn (2018-11-02 06:21) 

ヤマカゼ

ガス人間第1号とサラリーマン忠臣蔵は見たことあるかもしれません。かなりおぼろげな記憶ですが。
コメントご訪問ありがとうございます。
by ヤマカゼ (2018-11-02 06:30) 

Rinko

昔の映画は衝撃的なタイトルが多いですね~!
「ガス人間」観てみたいです!!
by Rinko (2018-11-02 07:46) 

Take-Zee

こんにちは!
懐かしい写真、ただただ見入ってしまった
ようです。
 
by Take-Zee (2018-11-02 08:24) 

tsun

三橋達也さんは、なぜか私も中ではあまり馴染みのない俳優さんです。『それは秘密です!!』も初期の頃は観ていたと思いますが、やはり三橋さんを思い出すことはありません。
しかし、『それは秘密です!!』って長いこと放送されていたんですね。
by tsun (2018-11-02 11:08) 

ヨッシーパパ

ガス人間????????????
想像の域を超えています。
by ヨッシーパパ (2018-11-02 19:22) 

ナベちはる

「ガス人間」というだけでも気になりますが、1号ということは2号以降もいそうですね…!
by ナベちはる (2018-11-03 01:35) 

うつ夫

映画スターの威厳が感じられますね。
by うつ夫 (2018-11-03 02:08) 

犬眉母

映画から来られて、イメージを崩すことなく、
ドラマやバラエティも出演されたのはよかったですね。
by 犬眉母 (2018-11-04 02:47) 

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます