So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『神戸国際ギャング』高倉健の東映最後の出演映画

『神戸国際ギャング』高倉健の東映最後の出演映画

『神戸国際ギャング』(1975年、東映)は、10日命日の高倉健さん(1931年2月16日~2014年11月10日)の東映在籍中最後の作品です。この作品のあるシーンが原因で高倉健は東映を離れる決意をした、といわれているのですが、私は少し違う見方をしています。(画像はDVDより)




高倉健といえば、俳優としての出発点は東映で、網走番外地シリーズで一躍トップスターの仲間入りをしました。

が、1973年、東映は実話をもとにした新しいヤクザ映画『仁義なき戦い』を公開。



これが大当たりしました。

それまでの東映“ヤクザ映画”は、鶴田浩二や高倉健、藤純子らによる様式美や予定調和を基本とした任侠ヒーロー物語でしたが、『仁義なき戦い』はいわゆる「実録もの」といわれる群像劇です。

その後も、架空の物語なのに実録のような体裁で作られるようになり、それまでのヤクザ映画の中心だった、鶴田浩二や高倉健の居場所がむずかしくなりました。

そんな中で作られたのが、『神戸国際ギャング』です。

『神戸国際ギャング』のモデル


『神戸国際ギャング』は、すでにWikiにも書かれ公然としていますが、ボンノといわれた菅谷組の菅谷政雄組長をモデルにしたといわれる作品です。

菅谷組は、三代目山口組直参団体であり、配下の組員は「枝(子分の子分など下部団体)」も含めて、最盛時、山口組二次団体でもトップクラスの勢力を誇りました。

そして、菅谷政雄組長自身も、本家山口組では若頭補佐をつとめる大幹部でした。

愛車であるリンカーン・コンチネンタルを前にした写真は、関連書籍でしばしば使われています。

本作で高倉健が着用した白いスーツも、ボンノ組長がファッションにこだわっていたことを表現したものといわれています。

日本の主力暴力団の多くは、戦後のドサクサで、一部の朝鮮人、中国人、台湾人などが「自分たちは戦勝国民」との大義で無法を働くのを当時の警察が対処できず、自警団的な役割を果たした「任侠」がはじまりといわれています。

一方、菅谷政雄組長(当時は愚連隊)は、ケース・バイ・ケースで朝鮮人や中国人は敵にもするし味方にもすることから、マスコミで「国際ギャング」と呼ばれることになったといいます。

『神戸国際ギャング』の設定


高倉健は、三代目山口組田岡一雄組長を映画化した際、田岡一雄組長役を演じています。

菅谷政雄組長役は、やはり高倉健が演じています。

高倉健

本家組長と同じ大物俳優を起用することで、東映がトップクラスの直参である菅谷政雄組長に最大限の配慮をしていたことがわかります。

高倉健の舎弟格には、菅原文太と夏八木勲がいますが、夏八木勲が忠実な弟分なのに比べて、菅原文太の方は高倉健に嫉妬し反目する設定です。

若い衆には、和田浩治、石橋蓮司、まだ現役の世界チャンピオンだったガッツ石松などが出ています。

ガッツ石松が、栃木訛りで神戸人としての会話をしています。

また、紅一点で、NHK連続テレビ小説『藍より青く』のヒロインにもなったことがある真木洋子(1948年11月10日~2000年7月22日)が入っています。

真木洋子

ちなみに、真木洋子は、11月10日がうまれた日でした。

中国人ギャング役には、大滝秀治と今井健二(東映で高倉健と同期)が実にうまい演技です。

一方、朝鮮人のグループは丹波哲郎がボスです。

泉ピン子がまだ売りだした頃で、いわゆる胸ポチの下着姿で艶っぽいシーンを演じています

スポンサーリンク↓

高倉健が東映を離れた理由は?


本作では、高倉健が絵沢萌子との濡れ場シーンのカットを望んだのに、それが通らなかったから東映を去った、という話がまことしやかにネットでも語られています。

しかし、それは役として、ストーリーとして必要な場面です。

個人的に望まないなら役を降りればいいだけの話で、私はその説に懐疑的なのです。

げんに、高倉健は当該シーンをちゃんと演じています。

私はそれよりも、高倉健は設定そのものに自分の居場所がなくなりつつあることを悟ったのではないかと思います。

映画の結末は、高倉健は弟分の菅原文太と相討ちで終わっています。

親分と子分、または舍弟が対決するなど現実にはありえず、ましてや相討ちなど頭目としては負けに等しい話です。

『神戸国際ギャング』という題名で、絶対的な権勢を誇るボンノ組長をモデルとしているはずなのに、そして長らく東映を支えてきた自分がそれを演じているのに、なぜ東映生え抜きではない後輩の菅原文太と相討ちなのか。

やはり、東映はもう菅原文太の時代なのか。

高倉健の疑念や不信感は、そこにこそあったのではないかと私は察しました。

高倉健だけでなく、菅原文太も東映を離れましたが、共演は全くありません。

フリーになってから、大作にたくさんでている高倉健ですが、東映時代の高倉健も私は評価しなければならないと思います。

高倉健ファンのみなさんは、東映時代の高倉健をどうご覧になりましたか。

神戸国際ギャング
神戸国際ギャング

高倉健 七つの顔を隠し続けた男

高倉健 七つの顔を隠し続けた男

  • 作者: 森 功
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/08/30
  • メディア: 単行本


スポンサーリンク↓


nice!(239)  コメント(10)  [編集]
共通テーマ:映画

nice! 239

コメント 10

末尾ルコ(アルベール)

『神戸国際ギャング』高倉健の東映最後の出演映画・・・高倉健って、金田一耕助も演じてるんですよね。市川崑作品で横溝正史ブームが起きるよりもずっと前に。作品は横溝的雰囲気は皆無でしたが、ヘンな感じで割とおもしろかったです。内田吐夢監督の『宮本武蔵』シリーズで佐々木小次郎を演じたのも印象的でした。もちろん武蔵役の萬屋錦之助が圧倒的でしたが。そして何と言っても、花田秀次郎役の『昭和残侠伝』シリーズ。監督、スタッフ、キャストと、充実そのものの様式美の極致で、『緋牡丹お竜』シリーズとともに、わたしにとってリピート率の高いお気に入りです。
『神戸国際ギャング』については存じませんでした。とても興味深いお話です。確かに『仁義なき戦い』路線は高倉健に合わなかったのでしょうね。健さんが東映を去った後に出演した数々の作品と役柄を見れば、『仁義なき戦い』的映画がご本人の好みではなかったことがよく分かります。安定した画面でじっくり撮って、本人もじっくり演ずる映画が好みだったのでしょうね。できればもっといろいろな役を演じてほしかった気もしますが、憧れの俳優としてフランスの偉大なジャン・ギャバンを挙げており、彼も中年以降はほとんど同じタイプを演じていましたから、その境地に達したかったのかもしれません。菅原文太の若き日の演技はハイテンションなものが多く、その点でも健さんとはしっくりいかなかった感もあります。

メイウェザーの発言もRIZIN側の言い分も、まるで額面通り受け取れませんが(笑)、11月8日早朝に「メイウェザー、試合せず」のニュースが流れ、RIZIN側が「その日のうちに何らかのコメントを出す」とか言ったはずなのですが、10日午後に至ってやっと、「来週明確なアナウンスを」とかいうコメントを出す体たらくです。
まあ、この一連の流れについては、メイウェザーの「中止発言」も最初から予定されていたとか、あるいは来週になって、「やっぱりやりま~す」となって、それも含めてすべてやらせとか、いろいろな可能性が考えられますが、まずわたしにとっては、メイウェザーと那須川を顔合わせすること自体が不快なのです。メイウェザーは嫌いなのですが、そうは言ってもボクシングの世界的な超ビッグネームであることには間違いありません。対して天心とか、日本でも知ってる人が少ないですよね。確かに才能はあるのでしょうが、キックボクシングはマイナー格闘技ですし、天心の勝ち数の中には、総合のファイターとキックルールで戦った試合も含まれており、そういうのは意味がありませんよね。
そもそもRIZINについては、「高いチケット代に見合うカードを提供してない」という感が強く、PRIDEの場合はその全盛期はUFCよりも上だったくらいのクオリティだったのに、現在はほとんど誇大広告でチケットを売っている感が強く、その極致が今回のメイウェザー騒動ではないのかというところなのです。まあ日本は、60を越えたプロレスラーの試合を有難がってお金を払うプロレスファンもそうですし、ボブ・サップVS曙とかボブ・サップVS大砂嵐とか、人を舐めたカードを連発しているのに、「日本の格闘技を盛り上げるためにはイロモノカードも仕方ない」とか言うファンがかなり多いのです。プロレスファンも格闘技ファンもよく言えば、「優し過ぎる」、悪く言えば、「お粗末な消費者」なのではないかと。クオリティを吟味できないお粗末な消費者ばかりだと、商品も悪くなるばかり・・・とまあ、このような状態なのだと思います。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-11-11 02:57) 

pn

「自分は不器用ですから」と言いながら時代の流れを感じ取ったんでしょうね。
by pn (2018-11-11 06:18) 

kou

この方は本当に謎の人でしたね。
不器用という最高の器用さを持った真の俳優だっだような気がします。

by kou (2018-11-11 06:39) 

ヤマカゼ

どことなく静かで寡黙の感じがただよう俳優さんでしたね
by ヤマカゼ (2018-11-11 07:22) 

旅爺さん

ヤクザ映画は昔大分見ましたが・・もう忘れましたね。
出演者は懐かしいです。
by 旅爺さん (2018-11-11 08:15) 

えくりぷす

『鉄道員』が日本アカデミー賞を獲ったとき、多分市川森一さんだったと思いますが、「健さんが帰って来た」と東映の多くのスタッフが大喜びした(涙で迎えた、だったかな)ような話をしていたと記憶しています。それだけ高倉さんが愛されていたのだと感じます。
高倉健さんのヤクザ映画は、全共闘の学生まで熱狂させていたと聞きますので、その時代に映画館で観た方でないとわからない、時代の熱のようなものがあったのかなと思います。
by えくりぷす (2018-11-11 09:34) 

扶侶夢

倉本聰脚本の「冬の華」何回観たか分かりません。降旗康雄監督との出会いは大きかった様に思います。その後の降旗監督との作品は全て好きですね。
by 扶侶夢 (2018-11-11 10:21) 

なかちゃん

東映時代の高倉健さんは、どんな感じだったのでしょうね?作品としてのいろいろは分からないけど、ヤクザ映画はあまり観ないのでよく分かりません。
あまり意固地にならずに少しくらいは観た方がいいのかな?

by なかちゃん (2018-11-11 19:08) 

ヨッシーパパ

健さん、カッコいいですね。
by ヨッシーパパ (2018-11-11 19:47) 

ナベちはる

いろいろと憶測もあるかと思いますが、真の理由を知るのは本人だけ…というところかもしれませんね。
by ナベちはる (2018-11-12 00:28) 

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます