So-net無料ブログ作成

池上本門寺節分追儺式(豆まき)にプロレスラーが参加する理由

みんな手を伸ばしている

池上本門寺の節分豆まき2019(池上本門寺節分追儺式)の日程が発表されています。池上本門寺の節分豆まきは、厄災消除、開運招福の願いを込めて福豆を10~20粒ほど入れた小さな豆袋が、福男・福女や吉例出仕者によって撒かれますが、吉例出仕者にはプロレスラーが毎年選ばれます。



今年の池上本門寺の節分豆まき(池上本門寺節分追儺式)は、もちろん2月3日に行われます。

池上本門寺節分追儺式

時間は13:00~15:30

スケジュールは、福男・福女が裃(かみしも)を着け、練り行列を13:00から行うそうです。

御会式のように、徳持会館から出発して池上商店街を練り歩き、参道を通って大堂まで歩きます。

厄災消除、開運招福の追儺式法要が14:00から大堂で。

そして、特設舞台(大堂前特設桟敷)に上がって、15時から30分にわたって、合計1トンの「福豆」を福男・福女や吉例出仕者が撒きます。

住職を先頭に、ゲストのタレントが登場

高いところからまく豆を、一般参拝者が受け取ります。

袋が上から跳んでくる

福男・福女というのは、一般の人が池上本門寺に金(5万円)を払って、ならせてもらいます。

一方、まいた豆を受け取る一般参拝者は、無料で誰でも自由に参加できます。

吉例出仕者というのは、プロレスラーやタレントです。

2019年の池上本門寺節分追儺式における吉例出仕の発表されている予定者(1月28日現在)は、プロレスラーが武藤敬司、小橋建太、秋山準、諏訪魔、石川修司、丸藤正道、関本大介、長与千種ら。

小橋建太は引退しているので「元プロレスラー」です。

他のタレント・スポーツ選手は、鈴木隆行(サッカー元日本代表)、山下耀子(タレント)、中村千尋(シンガーソングライター)、松本伊代(タレント)などです。

松本伊代は、私が行った2013年にもいました。

松本伊代

2013年は、武藤敬司や鈴木みのるや、高山善廣も参加していました。

武藤敬司、鈴木みのる、高山善廣

鈴木みのるは、若い人に譲ったんでしょうね。いくらかご祝儀ももらえるでしょうから。

なぜプロレスラーが豆まきに参加するのか


なぜプロレスラーが参加しているかというと、池上本門寺には力道山の墓があります。

1977年には力道山の墓参りに来ていたジャンボ鶴田が、豆まきに飛び入り参加したことがきっかけで、毎年正式に吉例出仕者としてプロレスラーが呼ばれるようになった、とネットを検索すると出てきます。

でも、真相はもう少し深いとおもいます。

ジャンボ鶴田が墓参りに行ったのは、(直接の上司でも親方でもない)力道山のためだけではないとおもいます。

私が以前指摘したように、池上本門寺は、裏社会を含めた墓閥とも呼ぶべき生前のつながりを見ることが出来ます。

力道山の墓

力道山の墓の近くにあるのは、元日本プロレス協会会長であり、戦犯で捕まるまで東京スポーツの前身の社主だった児玉誉士夫。

元日本プロレス協会副会長で、関東のプロモートを担当したのが町井久之。

東スポの社長一族である太刀川家

児玉誉士夫と関係が深い政治家と言われた、大野伴睦と河野一郎(後に改葬)。

そして、その人たちを束ねたのは、日蓮宗の熱心な信者だった永田雅一

これだけ「関係者」の墓があったら、その世界でメシを食っていたジャンボ鶴田が、力道山以外の墓を素通りというわけにはいかないでしょう。

力道山の作った日本プロレスの崩壊記者会見も、池上本門寺で行われました。

具体的な指示や計画があったかどうかはわかりませんが、このプロレスを軸とした墓閥(いずれも有力檀家)と池上本門寺とのつながりを象徴する意味で、対外的な注目を集める追儺式にプロレスラーを参加させる狙いもあるのだろうと私は解しています。

スポンサーリンク↓

豆をキャッチするときは恐怖も


プロレスラーが撒くときは、大豆をバラバラに投げるわけではありません。

ビニールの袋に、10粒ぐらいの大豆と、重しのキャラメルをひとつ入れます。

豆の袋

炒り豆とキャラメルがひとつ

前の方にいれば、自分だけでなく、家族の人数分は獲得できるかもしれませんが、受け取りそこねて目にでもあたったら大変です。

撒く方は高さ2メートルぐらいところから投げおろしてますから、キャッチした時、しっかりした手応えがあります。

いずれにしても、列の前の方にいたほうがいいので、豆まき開始の1時間前には行っていたほうがいいとおもいます。

境内で身動きが取れなくなりました

まあ私は信徒でもないし、1回行けばいいかなと思ってますが、日曜日ですし、興味のある方は行かれてはいかがでしょうか。

馬場・猪木の真実 (角川文庫―門茂男のザ・プロレス (6011))
馬場・猪木の真実 (角川文庫―門茂男のザ・プロレス (6011))

児玉誉士夫 闇秘録 (イースト新書)

児玉誉士夫 闇秘録 (イースト新書)

  • 作者: 大下英治
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2013/12/08
  • メディア: 新書



スポンサーリンク↓


nice!(225)  コメント(8)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 225

コメント 8

末尾ルコ(アルベール)

池上本門寺節分追儺式(豆まき)にプロレスラーが参加する理由・・・子どもの頃は何度となく家庭内で節分の豆まきを行ったこと覚えておりますが、大人になってからはまったくやっておりません・・・というのは当然かもしれませんが(笑)、ここ数年は恵方巻を食べております。恵方巻を巡るビジネススタイルには批判的なのですが、その日になったら売ってるので、まあ一本くらい食べちゃおうかという感じです。高知では池上本門寺のように節分に豆まきをしている場所はあるのかどうか・・・あるかもしれませんが、足を運んだことはありません。そう言えばわたしが子どもの頃は新築の家が餅まき(高知では「餅ばあし」とか読んでました)をやっておりまして、行って餅などを持って帰るのが嬉しかったのですが、そんなことやる新築家族もまったくなくなりました。
池上本門寺節分追儺式とプロレスラーの関係を拝読させていただきながら感じるのは、やはりかつての日本社会ではプロレスラーのバリューが極めて高かったということです。裏社会や政治関係は大きな利害関係を結べる可能性のあるところに近づくもので、当時のプロレス界はそういう社会だったのですよね。そしてスターレスラーの動向は、国民多くの関心事だった。裏社会との繋がりはもちろん大きな危険を孕んでおりますが、それだけスケールが大きく、陰翳に富んだ魅力がありましたよね。

>10粒ぐらいの大豆と、重しのキャラメルをひとつ入れます。

へえ~、知りませんでした。子どもの頃だったら、キャラメルが入ってたらとても嬉しかったと思います。今は歯にベタベタするのでキャラメルを食べなくなっておりますが。キャラメル味のアイスとかは美味しくいただきますが。『MOW ソルティーバターキャラメル』は定番アイスの一つです。
わたしは高知在住ですから、高校くらいまでは実物のプロレスラーを見ることができる機会は本当に貴重でした。やはり「人間とは違う凄い人たち」を見ている感覚でした。現在の中高生ファンが実物プロレスラーを見た時にどのような感覚を抱くのか、それはそれで興味あるところです。


>打たれた鈴木康二朗の人生

このご視点は素晴らしいですね!そうなんですよね、打たれた側にも人生があるのですよね。わたしもそうですし、多くの人がつい忘れてしまいがちなご視点です。あの時はえらい騒ぎでしたものね。まだメジャーリーグが夢のまた夢の時代に、「ハンク・アーロンをを超えた」と言われても・・・と、当時野球にほとんど興味がなかったわたしでも怪訝な気分でした。あれは1977年なのですね。アリVS猪木の1年後なのですね。もっと前だと漠然と思ってました。当時のわたしは(そうは言っても、大リーグの記録とは違うのにな)くらいに感じておりましたが、今の自分だったらその報道ぶりにかなりのストレスを溜めていたのだろうなと想像します。王さんは好きなんですけどね。
思えば昭和70年代いっぱいくらいまで、野球報道は凄まじかったですね。わたし本当にこともの頃は一切野球に興味がなかったのに、長嶋茂雄引退の際の「永遠に不滅です!」は摺り込まれましたから。

>安倍内閣の受賞者で決定的におかしくなりましたね。

確かにそうですね。ほとんど、「ノリ」で受容しているように見えます。安倍内閣の時ではなかったですが、吉田沙保里に授与しているので、伊調馨にも授与せざるを得なかったでしょうし、将棋と囲碁の人に授与したのは、藤井聡太ブームに乗ったとしか思えません。松井秀喜に授与してますが、日本でもMLBでも田中将大の方が実績が既に上だと思いますが、どうするのか。それと、決して女子サッカーや女子レスリングを見下すわけではありませんが、競技人口を考えれば、超マイナースポーツです。そこへ超メジャースポーツで、本物の世界的スーパースターとなった大坂なおみを並べたくないです。もう、次元がまったく違いますし、それはスポーツ界の人たちが一番分かっているはずなんですね。大坂なおみを祝福する何人かのアスリートの談話のニュアンスは、(大坂なおみは別世界の人)という雰囲気がありありでした。 RUKO


by 末尾ルコ(アルベール) (2019-02-01 03:08) 

ヤマカゼ

凄い混雑しそうですね。
by ヤマカゼ (2019-02-01 06:32) 

pn

鬼娘の写真がいーですねー(笑)
豆拾うときはフェイスガード付きのヘルメットが安心ですね。
by pn (2019-02-01 07:20) 

Take-Zee

こんにちは(^-^*)/
最近は豆まきにも食べ物を大切にするように
なりましたよね、良いことです。。。
by Take-Zee (2019-02-01 08:26) 

なかちゃん

そういう理由でプロレスラーが参加していたのですね。
ボクのオフクロは、以前は毎年善光寺に行ってました。
〇〇が来ていたとかの話をよく聞きました。

by なかちゃん (2019-02-01 10:33) 

チナリ

こんにちは。

毎年、節分になるとニュースでよく見る光景ですが、プロレスラーの参加にはそういった理由があったのですね。

好きな方が投げてくれた豆を受け取ることができたときは、喜びもひとしおでしょうね。

by チナリ (2019-02-01 10:46) 

ヨッシーパパ

毎年、報道で出てくるのは、成田山新勝寺の節分の模様が目立ちます。
by ヨッシーパパ (2019-02-01 19:20) 

ナベちはる

プロレスラーの方が豆まきに出る理由、考えたことがありませんでした。
by ナベちはる (2019-02-02 01:13) 

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます