So-net無料ブログ作成

「障碍」表記を決めた宝塚市、あなたなら障碍? 障害? 障がい?

a60fa805d0ae8f9f649ea49e3b54b348_s.jpg

兵庫県宝塚市が、市の公文書表記を「障害」ではなく「障碍(がい)」にする方針を決めたそうです。「害」には他人を「害する」などの否定的なイメージがあるため、「妨げる」という意味の「碍」を使う方が本来の意味にふさわしいと判断したといいます。みなさんは、どう表記されますか。



報道によると、自治体として表記を決めたのは今回がはじめてのことです。

「碍」という字はもともと常用漢字ではなく、2010年の常用漢字表改定でも追加されませんでした。

それが東京五輪・パラリンピックがあるものだから、衆院文部科学委員会と参院文教科学委員会が昨年、「碍」の常用漢字表への追加を検討するよう決議したのです。

決定した文化審議会国語分科会は結論を先送りしましたが、「地方公共団体や民間の組織が常用漢字表にない『碍』を用いて表記することを妨げるものではない」という見解を示したとのこと。

それを受けて、今回の宝塚市の決定につながったということです。




このツイートの通りで、私も、呼び方が第一義的な問題ではないとおもっています。

ですから私は、本質から外れた煩わしい展開にならないよう、このブログでは、「障害者」「障がい者」「障碍者」と、3通りの表記を何の規則性もなく等しく使い、「高次脳機能障害」「発達障害」など、すでに言葉として出来上がっているものはそのまま「障害」と書いてきました。

が、最近になって、ひらがなはやめて、「障害」か「障碍」を使うことにしていました。

「障害者」と書くのは差別で、自分は差別や偏見のない人間だから「障がい者」と表記するとのご批判があったのですが、何を根拠にそんなことをいっているか、その知ったかぶりにさすがにカチンときたことがあったのです。

「障がい」という表記は要するに、「害」を使いたくない、でも別の字を使う気はない、ということです。

なにか考えがあるわけではなく、たんに「害」と表記することを避けているだけでしょう。

避けることでむしろ、他人を「害する」などの否定的なイメージをより強く想起させるものになっているという意見だってあるのです。

「障害者」表記は差別で「障がい者」なら差別ではない、などという定説などありません。

そもそも障害者の「障害」というのは、社会がその人を「害」としているという意味ではなく、その人にとって現代社会は困難な妨げがあるという意味でしょう。

その立場に立っているメディアは、一貫して自信を持って「障害者」と表記していますね。

私は、それはそれでひとつの見識とおもっております。

まあそのへんは、諸説あるし、各自の考え方に基づいていればいいと思いましたが、宝塚市がそう決めたことで、徐々に表記に対する方針を表明する自治体が増えてくるかもしれません。

私は宝塚市の住民ではありませんが、今後は、「高次脳機能障害」「発達障害」以外のヒトの「しょうがい」は、文脈上不自然でなければ極力障碍と書こうとおもいます。

スポンサーリンク↓

海老は入っていなかった海老茶色の味噌ラーメン


表記といえば、先日大田区大森のラーメン店『ラーメン一会』に行ってきました。

ラーメン一会

海老茶色の味噌ラーメンを標榜して食べ物レビューサイトで取り沙汰されていたので、先日のラーメン大木戸のような、たくさんの海老を出汁に使った贅沢な創作ラーメンに期待しましたが、海老茶色というのは、「赤味噌と白味噌を黄金比率でブレンド」した「スープの色」のことで、海老は入っていませんでした(汗)

「海老茶色」という文字だけ見て、濃い海老の出汁を期待した方は、慌て者です

私だけではなく、検索すると、

>海老茶色のみそらーめん 800円. 「海老茶色」って意味がイマイチ伝わって来ませんが・・・.
https://ameblo.jp/kuishinbou33/entry-12103925190.html

>海老茶色というのはスープの色だけ(はてなマーク)海老の味はしなかったです(がっかり顔の絵文字)
https://ameblo.jp/sevensgod1989/entry-12318173655.html

>「海老茶色のみそらーめん」なるものがウリらしいのだが 別に「海老」が入っている訳でなく スープの色が「海老茶色」なのだそうである(笑)!
https://junmaikyo.exblog.jp/18785309/

などと出てきます。

みなさん、「海老」という文字に期待しておられたようです(笑)

ただ、食べ物レビューサイトでは、別に「とんだ一杯食わせ者」という意味ではなく、味噌ラーメン自体は大変好評です。

味噌ラーメン
ランチタイムはご飯が無料で付きます

“人との出会いこそ宝物”をモットーに、北海道の赤味噌、信州味噌、京風白味噌、九州甘口合わせ味噌など数種類を黄金比率でブレンドした、濃厚・コクのある味噌ダレがセールスポイントです。

味噌ラーメン

濃厚ではありますが、どちらかというとさらりとした味わいの味噌ラーメンでした。

各地方の味噌をブレンド」でも良かったと思うのですが、「海老茶色のスープ」を売り物にしているのは、上記のようなレビュー記事のツッコミをあえて期待する話題作りでしょうか。

JR京浜東北線(東海道線)大森駅東口のミルパという駅前商店街近くにあります。

話の種に、近くに来られたときはいかがでしょうか。

発達障害の子どもがぐんぐん伸びるアイデアノート
発達障害の子どもがぐんぐん伸びるアイデアノート

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

サッポロ一番 みそラーメンレシピ―みんな大好き! 国民的人気の袋めん143レシピ

サッポロ一番 みそラーメンレシピ―みんな大好き! 国民的人気の袋めん143レシピ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2013/08/26
  • メディア: 新書


スポンサーリンク↓


nice!(236)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 236

コメント 16

末尾ルコ(アルベール)

「障碍」表記を決めた宝塚市、あなたなら障碍? 障害? 障がい?・・・この報道はわたしも見ました。これもいっぷく様のおかげで、こうした問題に対して数年前と比べたら、遥かに敏感になっております。
「障碍」という字なのですが、知らずに「碍」を「がい」と読める人はそう多くないのではないでしょうか。徐々に浸透させていくという方針なのでしょうが、取りあえずは「障碍」に平仮名も添えなければならないケースも少なくない気がします。もちろん、「障碍」という文字を使うのは構わないと思うのですが、別に「障害」という表記も悪いとは思えませんが、流れとしては「障碍」表記が主流になっていくでしょうね。どちらの表記を使うにせよ、「障害(障碍)があろうがなかろうが、人間は人間である」ということ、そしていっぷく様が常々おっしゃっているように、「人生の中、誰しも障害(障碍)を持つ可能性がある」という認識をもっと多くの人たちが共有できるようになっていく方が言うまでもなく大事ですね。

海老茶色の味噌ラーメン・・・海老の味はしなかったのですね。わたしの場合、蟹や海老にあまり執着がなく、普通の味噌味の方が好きかもしれません。生の海老が苦手で、海老天や海老フライなどは好きなのですが、蟹はあまり食べたことないのですが、(こりゃ、美味しい!)とは感じたこともないです。この前カップの味噌汁で、「蟹出汁」を売り物にした商品を食べましたが、(蟹味にしなきゃよかった・・・)と後悔しました(笑)。絶対に、味玉の方がずっと美味しいです。

>やはり「誤診」

医療機関との付き合い方ですよね。現代医療に対する信頼と尊敬は忘れないにしても、どんな医師でも「誤診」はあり得るということは胆に命じております。難しいことではありますが、「自分の心身を一番分かっているのは自分」という境地にできるだけ近づきたいですね。母の場合は医療知識がほぼ皆無ですので、自然、わたしが母の心身を深く理解する必要があるという覚悟も持っていります。

>「終わらせたい」時の方便

本当にこういう方便は不愉快ですね。しかもこういう方便を遣う人の多くは、「これが当人とために一番いい」とか、自分を「いい人」にしてしまうのですよね。

今回の母のケースはお恥ずかしいことに、と言いますか、ほとんど「驚くべきことに」という感じですが、どうやら何年間も入れ歯を出さずに放置していたようです。以前はしょっちゅう入れ歯を出して磨いていたので、(最近どうしているのかな)と思うこともあったのですが、母には動脈硬化系の問題もありますので、どうしてもそちらに頭が行ってしまっておりまして、口腔ケアを軽視しておりました。

>「きっとこの人は、心の中では泣いてくれているのだろう」

そんな人もいるのでしょうね~。でもちょっと笑ってしまいますね。憎むべき相手であれば、実際はやらないにしても、(殴りたい)とか(ボロカスに罵倒したい)とか思うこともありますが、そうでない相手に、わたしはそこまでやるなんて考えられません。

>つかこうへいなども

そう言えばそんな記憶が。そしてそのタイプの人たちは、しっかり人を見て態度変えてますよね。いやですね~(笑)。わたしの周囲にもおりました。それと、(自分は横柄な態度を取っても、大方の人には許されている)という甘えがあるんですよね。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2019-02-06 02:51) 

ヤマカゼ

実際に体験されている、いっぷくさんらしいブログですね。頭が下がります。
ラーメン一会はよく前を通るのですが行ったことありません。参考になります。
by ヤマカゼ (2019-02-06 07:04) 

PopLife

学のあるところを見せたかっただけなのでしょう、
と言った訳でではまた、
ありがとうございました。
by PopLife (2019-02-06 07:14) 

pn

「そもそも障害者の「障害」というのは、社会がその人を「害」としているという意味ではなく、その人にとって現代社会は困難な妨げがあるという意味でしょう」
俺はずーっとそう思ってたけど。他人に対して障害になっているのではなく自分の中に問題がある。
障害者の障害は差別って言う人ってとどのつまり自分は差別してますって公言してるだけなんじゃ?
by pn (2019-02-06 08:18) 

Take-Zee

こんにちは!
パラリンピックなど素敵な名称を考えるのですから、
漢字を変えるだけでなくもっと良い名前にすべきです。

by Take-Zee (2019-02-06 09:57) 

なかちゃん

海老を使用していないのに海老茶色というのは、ちょっと考え物だと思います。
何の知識もなく注文した人には「詐欺だ」と言われても仕方がないと思うくらいに・・・
そもそも色だけを表すのに海老茶色なんて、そんな言葉が存在するのでしょうか?
トラブルのもとになる可能性もあると思います。
そこまで分かってて敢えて使用しているとすれば、ちょっと近寄りたくないお店です。

by なかちゃん (2019-02-06 10:12) 

えくりぷす

海老茶色といえば、早稲田のスクールカラーではありませんか。(えんじ色とも言いますが)
テレビのスポーツ実況でも使っているので、知名度も高いと思います。そんなわけで、上の方とは反対に、問題ないと…
by えくりぷす (2019-02-06 12:19) 

足立sunny

融通無碍とか日本碍子という会社の名とかに「碍」が使われていると思うのですけれど、漢字の意味的には「害」よりもぴったりくるとは思います。
しかし、いまの段階では「がい」と読めない人も多いんじゃないでしょうか。読めなくてもさしさわりがないのかもしれませんが、障碍と書かれても何それ?、という。
by 足立sunny (2019-02-06 12:33) 

這い上がるママ

「碍」では読めません。
by 這い上がるママ (2019-02-06 13:24) 

犬眉母

表記が二の次というのは、その通りだと思います。

ただ、地域の方の中には様々な考えがあり、
「障害者」では嫌だという、強い意見があったのかもしれません。
また、行政(国)に「障碍者」にしたいという方針がある以上、
個人的な賛成反対は別として、宝塚市が方針を
出したことは、糾弾することではないと思います。
by 犬眉母 (2019-02-06 18:21) 

ヨッシーパパ

勘違いは、私もよくあります。
酒屋で、変わった焼酎を探していた時です。
「ヤクミツル焼酎」と読めたのです。
やくみつるさんが作った焼酎って、何?
と、よくよく見たら・・・、
「ヤクミルク焼酎」でした。
動物のヤクのミルクを使った焼酎ですが、上流度合いが弱くて、とっても臭い焼酎でした。
by ヨッシーパパ (2019-02-06 18:43) 

そらへい

宝塚市のニュースを読んだとき
いっぷくさんが使っておられるなと思いました。
言葉を換えるだけで、問題が解決するほど簡単な事ではありませんが、そのことで少しでも意識が変わっていくのならと思います。

by そらへい (2019-02-06 20:23) 

チナリ

こんばんは。

どう書くかが問題になっているようですが、それだったらいっそのこと「しょうがい」という名前をまったく違う名前に変更すれば良いのでは?と思います。

どう書くかや、どう呼ぶかだけを議論しているだけでは、根本的な問題解決には何の意味もないですよね。

私自身「発達障害にあたる」と言われているのですが、書き方なんぞはどうでも良い問題だと思います。

by チナリ (2019-02-06 22:31) 

KOME

差別がなくなることにつながればいいいですね。
日本は先進国の一員なのでしょうか。。
by KOME (2019-02-06 23:19) 

ナベちはる

置き換わる言葉があれば多少は解決しそうですが、完全には解決しない問題なので、今後も「どう書くか?」という議論は続きそうに思います。
by ナベちはる (2019-02-07 00:13) 

扶侶夢

文字表記の問題は“重箱の底を突いて本題を見失う”我が日本人の有りがちな問題ですね。
以前に少し“反差別”の人権団体と関わる職場で働いた事がありましたが、言葉に対する過剰な反応には困らされました。例えば「子供」という表記は御法度で「子ども」と書かねばクレームがつくという様な…。そんな環境にいると私も当たり前のように(自動的に)「子ども」と書く癖がついてしまった様です。
by 扶侶夢 (2019-02-07 11:55) 

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます