So-net無料ブログ作成

らーめん潤蒲田店(大田区蒲田)で元祖背脂チャッチャをいただく

らーめん潤蒲田店(大田区蒲田)で元祖背脂チャッチャをいただく

らーめん潤蒲田店(大田区蒲田)は、豚の背脂をスープに入れる背脂チャッチャ系ラーメン店。区内では「行列ができる店」として食レビューサイトでもお馴染みです。たまたま並ばずに入れた日があったので、行ってみました。



背脂チャッチャ系


90年代に一世を風靡したという“背脂チャッチャ系”。

網でチャッチャッと背脂を振りかけるので、「背脂チャッチャ」というわけですが、発祥は新潟県燕市というのはご存知でしたか。

背脂チャッチャ系の元祖は、新潟ラーメン、もしくは燕三条系ラーメンといわれています。

らーめん潤蒲田店は、JR蒲田駅東口から少し歩いた、さかさ川通りに面したお店。

らーめん潤蒲田店

運営会社は、新潟県燕市にある酒麺亭潤という“新潟燕三条 中華そば”の製造販売を行う会社です。

一麺入魂をモットーにした同店は、厳選した三種類の煮干しによるスープ、極太麺、丼一面に広がる背脂、岩のりやたまねぎやチャーシューのトッピングなどを特徴とする、燕三条系「中華そば」(新潟ラーメン)本場の味を提供しています。

麺はのびにくくするため極太麺になっており、背脂がどんぶりいっぱいに広がるため冷めにくく、熱いところをハフハフと美味しくすすることができます。

燕三条背脂ラーメンの由来


らーめん潤蒲田店の店頭の説明板では、燕三条ラーメンをこう説明しています。

燕三条ラーメン

背脂ラーメンの元祖である“燕三条背脂ラーメン”は、当時廃棄されていた豚の背脂を、ラーメンに使えないかと考え昭和初頭に誕生。

当時多かった栄養失調の子供達を、少しでも力づけたいという先人の思いが込められていたとのことです。

高度経済成長時には、夜遅くまで稼働する工場の労働者を対象に、時間が経ってもスープが冷めないようにと、背脂をたっぷりと浮かべ、麺ものびにくいようにと、まるでうどんのように太くし、ボリュームたっぷりに改良。

燕三条ラーメンが当時の労働力を担っていた、ということです。

飽食の現代は、こうしたラーメンはまるで体に悪い物という人もいますが、栄養源として重宝していた時代もあったんですね。

中華そば(760円)


らーめん潤蒲田店の中華そばです。

らーめん潤蒲田店の中華そば

妻がいただきましたが、スープはの味は濃いそうです。

スープはの味は濃い

燕市は新潟の真ん中あたりで日本海に面しています。

寒いところですから、味が濃いのかもしれません。

背脂はとくにリクエストしていないので「標準」ですが、それでも洗面器のような器にめいっぱい張ってますね。

背脂は客のリクエストで、以下の4通りに調整されているそうです。

小油:背脂少なめでご提供いたします
標準:スープ一面に背脂が拡がります
中油:標準の約1.5倍。ちょっと背伸びしたいあなたに!
大油:標準の約2倍。アブラ好きにおすすめ!!
油:標準のなんと約4倍。背脂を愛してやまない方に!!!

ツイッターを見ると、『鬼油』という言葉がよく出てくるのですが、要するに背脂フリークたちが、標準の4倍を求めてその食レポをツイートしているわけです。



これはキョーレツだなあと思いますが、私もマクドナルドの倍ビッグマックとか、ラーメン二郎の麺増しとか、デカ盛りを年に1~2度、無性にいただきたくなることがあります。

……なーんて、大食いぶったエラソーな私が、「こりゃ食べきれるか」と心配したのが、味噌ラーメンです。

味噌らーめん(930円)


らーめん潤蒲田店の味噌らーめんは、着丼でいきなりびっくり。

らーめん潤蒲田店の味噌らーめん

すり鉢のような丼に、野菜が富士山型です。

野菜が富士山型

ラーメン二郎かと思ってしまいました。

しかも、豚骨ラーメンであるラーメン二郎よりも満腹感を早く感じました。

野菜を食べても食べても、なかなか麺が出てこないため、麺にたどり着く頃には、お腹のほうがある程度落ち着いてきてしまいました。

野菜を食べても食べても、なかなか麺が出てこない

こんなことははじめてです。

背脂とともに、極太麺はすくい上げると一緒にひき肉がついてくるほどたくさん使われており、その肉や油が効いてくるのだと思います。

いつもは、大盛りにしたり、ご飯や餃子をつけたりしますが、らーめん潤蒲田店の味噌らーめんなら、少なくとも私は単体で十分お腹一杯。むしろよく全部食べられたと思いました。

もう一つの特徴は、大抵のラーメン店の味噌ラーメンは、甘口味噌で作っていますが、らーめん潤蒲田店の味噌らーめんは辛口味噌のため、しっかり味噌のしょっぱさを感じます。

辛口味噌

お店の案内によると、濃厚な味噌のコクと、野菜と挽き肉の旨みをたっぷり効かせた、濃い味ベースの「味噌らーめん」とあります。

これも中華そば同様、お見事の一言です。

スポンサーリンク↓

行列店はきわめるべきか


運営会社の酒麺亭潤公式サイトを見ると、通販もやっています。

店舗は、新潟と蒲田以外では、東京の亀戸と小金井、茨城県鹿嶋市、秋田県秋田市などです。

行列店なので、入れたのはよかったとおもいました。

蒲田の行列店というと、このらーめん潤蒲田店と、煮干しつけ麺宮元というお店が有名です。

昨日も、『ラーメン大好き小泉さん2019春SP』(フジテレビ)というTV番組で、早見あかりが、千葉県松戸にあるとみ田というつけ麺店に朝一番(8時)で並び、15時に店に入れる整理券をもらうというシーンが有りました。



つけ麺て、そこまでして食べたいものなんですね。

並んでまで食べたいというのは、よほどのこだわりがあるのでしょうが、時は金なりといいますし、煮干しつけ麺宮元も、もしスムーズに入れることがあったら、記事にしたいと思います。

背脂チャッチャ系、お好きですか。

勝ち組ラーメン: 秘訣! リピーターを獲得する!
勝ち組ラーメン: 秘訣! リピーターを獲得する!

ラーメンマニア (エイムック 4273)

ラーメンマニア (エイムック 4273)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: ムック


スポンサーリンク↓


nice!(244)  コメント(12)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 244

コメント 12

犬眉母

鬼油に挑戦する人は、かなり慣れている強者ですね。
by 犬眉母 (2019-04-07 02:09) 

末尾ルコ(アルベール)

らーめん潤蒲田店(大田区蒲田)で元祖背脂チャッチャをいただく・・・「チャッチャ系」ですか。まったくの初耳です。美味しそうな響きがありますね。そして新潟と言えばわたしはせんべいやあられを連想するのですが、やっぱり美味しいのですよね。
それにしても燕三条ラーメンのエピソードを拝読させていただいていて、いかにも新潟らしい人情やロマンを感じました。そしてまだ日本が貧乏だった時期ならではのロマンもです。
いずれのラーメンもボリュームと温かさは満点のようですね。わたしはこれだけ油の入ったラーメンも、これだけの極太麺も食べたことありません。特にこの麺の太さには大いに興味があります。

行列店はきわめるべきか・・・早見あかりはももクロの元メンバーですね。わたしは去年からももクロに興味を持ち始めたのでピンとこないのですが、以前からのモノクロファンには、早見あかりはいまだに人気が高いようです。ただ、わたしは美味しいものを食べるための行列には並びません。入ろうとしたお店に行列ができているのを目撃したら、すぐさま他の店へ足を運びます。店内で食べる時間よりも並ぶ時間の方が長いとか、わたしにとってはあり得ないお話です。

・・・

抗菌薬についてはわたしは今回初めていろいろ知りました。今のところ「クロストリジウム・ディフィシル感染」については、個室を出ることは許されてないですが、落ち着きつつある状況のようです。現在の大きな課題はやはり食事で、食欲がないというよりも、完全に柔らかく味の薄い病院食にうんざりしています。本当は、「口から食べられるだけでも有り難い」と捉えてほしいところなのですが、母にはどうもそのような分別はなくて。

>「この人に孤独は語れないだろう」

この人くらいの認識しか持てない人が高みから、しかも「孤独」について語るとか、ちょっと笑止が過ぎますね。それがまた売れちゃったりするからご本人もニンマリで勘違いするし、世の中に浅薄な「なんちゃって孤独」が広まるという状況になってしまいます。
とにかく多くの日本人にとって、「一人で時間を過ごす」ことが悪であり、恥辱であるという認識がありますから、こうした「なんちゃって孤独」本でも、(え?こんな考えがあるのか!)と驚く人が多いのだと思います。

差し入れできたらいいですね。尋ねてみようと思います。母の場合は、嚥下能力やカロリー計算などを視野に入れての食事だけに難しいかもしれません。などと思っていたのですが、本日の昼の面会でも突発時が発生しまして、食事内容について尋ねる余裕はありませんでした。これについても後日の記事となりますが、心臓は順調に回復しているのに、このところ関係ない(広義には関係あるのでしょうが)ところでいろいろ起こっています。ちなみに今朝の朝食は9割方食べていたということで、食べようと思えば食べられるのですよね。突発時のために、昼食はまったく手を付けられなかったのですが。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2019-04-07 02:28) 

ヤマカゼ

味噌ラーメンの凄い盛り、良く完食できましたね。
by ヤマカゼ (2019-04-07 06:47) 

足立sunny

東京でこの系統が混んだ当時は、美味しいラーメンといえばほぼトリガラ系か若干の煮干し系で、ちょっと豚骨があっただけでしたので、背油ちゃちゃにドハマりして、友人と車で食べ歩きました。
今でも当時のお店は少しだけ残っていますが、行列などなく空いていますね。
by 足立sunny (2019-04-07 07:17) 

pn

身体に悪いのではなく現代人はカロリー消費して無いんですよきっと。と、思いたい(笑)。
by pn (2019-04-07 08:39) 

えくりぷす

背脂チャッチャ系の元祖は新潟ですか。昭和の初めというから相当歴史がありますね。メモメモ(;^_^A(九州の豚骨ラーメンの始祖とされる久留米ラーメンは戦後の話だそうですから)
私は背脂チャッチャ系を食べた記憶はあまりないのですが、テレビで金網(?)にのせて背脂をチャッチャッとやるところはよく覚えています。
by えくりぷす (2019-04-07 09:31) 

kohtyan

蒲田はすごいですね、羽根餃子は有名ですが、
ラーメンも人気沸とうですね。
自分は背脂より、あっさり系の好みに変わってしまいました。
by kohtyan (2019-04-07 10:08) 

こんちゃん

ラーメン潤の場所は分かりませんが名前は知ってます。
つけ麺宮元は知ってます、いつも行列してますね。
どちらもまだ食べたことないので機会があれば是非食べたいです。
by こんちゃん (2019-04-07 10:36) 

Take-Zee

こんばんは!
具は多いのは嬉しいですが
多すぎるのも・・どうかと思います。

by Take-Zee (2019-04-07 19:03) 

ヨッシーパパ

若い頃はコテコテのものが大好物でしたが、最近は、めっきり食べなくなりました。
by ヨッシーパパ (2019-04-07 19:04) 

ナベちはる

「鬼」と名の付くほどの背脂、標準の4倍とは恐ろしい量ですね…
by ナベちはる (2019-04-08 00:27) 

beny

 もやしラーメン、良いですね。最近見かけないので余計に食べたくなりました。
by beny (2019-04-08 18:01) 

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます