So-net無料ブログ作成

Evernote、ワンストップ非定型データベース管理クラウドサービス

Evernote、ワンストップ非定型データベース管理クラウドサービス

Evernoteといえば、1億5000万ユーザーに使われているといわれるクラウドサービスです。基本はデータベースサービスですが、使いみちはユーザーの発想次第でいくらでも膨らみ、それは従来のクラウドサービスを一切飲み込んでしまえるほどです。



データ作成ができる非定型データベース


みなさんは、ブログで作ったテキストデータや画像データはどうされてますか。

ハードディスクに入れたままだと、次第に数が増え、別の機会に探しても見つからなかったり、そもそも保存するスペースがいっぱいになったりしませんか。

ブログに限らず、パソコンを使っているうちに、Excelや、その他のデータもふえてくるでしょう。

作ったデータが、必要な時にすぐに取り出せ、さらにデータ同士が紐付けられたりしたら便利です。

ということで、そんな用途にぴったりなのがEvernoteです。

Evernoteについて、他のサイトを見ると、「メモを作成・管理するためのシステム」とあります。

もちろんそれで間違いではありません。

が、作ったり管理したりするのは「メモ」だけではなく、長いテキストも、画像や小さな動画や音声データなどもデータベース化できます。

そこで私は、Evernoteのことを、非定型クラウドデータベース&ストレージと勝手に呼んでいます。

つまり、フォーマットに囚われない自由文書や画像、スプレッドシート、音声など、パソコンで作られるあらゆるデータを、クラウド上でデータベース化出来るのです。

Evernoteと知子の情報


非定型データベースという呼び方は、『知子の情報』(テグレット技術開発)というWindowsアプリケーションソフトが最初に使われました。

私は、MS-DOSの時代からパソコンを使ってきましたが、25年以上一貫して使い続けたアプリケーションソフトが、文書型データベースを標榜する『知子の情報』です。

知子の情報.png

テキストの文書をデータベース化して、素早く検索できるソフトです。

ただ、『知子の情報』の場合、テキストデータの作成・管理は得意なのですが、その他のデータについては『添付ファイル』扱いでした。

たとえば、テキストと画像が混在するデータなどは作成できません。

Evernoteはひとつの画面にテキストと画像を混在できますが
Evernoteはひとつの画面にテキストと画像を混在できますが

知子の情報は同じ画面上で確認することはできません
知子の情報は同じ画面上で確認することはできません

そして、知子の情報は、あくまでもローカルなデータ保存だったので、基本はそのマシンで使うものでしたが、Evernoteは、クラウドサービスであることも大きく異なる点です。

つまり、macOSでも、iPhoneでも、Androidでも、ChromeOSでも、Ubuntuでも、データの入力・加工・検索ができるということです。

たとえば、移動中や外出先で、スマホでデータを作成。

その場でにEvernoteに送り、会社や自宅のPCデスクトップで編集/修正をして閲覧や検索をできます。

取材や会議では、メモと一緒に録音データも貼り付けて保存できます。

音声データや、画像データは、ドラッグ&ドロップでそこに貼り付ければ、検索時に再生できます。

テキストだけでなく、画像内の文字列も検索対象です。

たとえば、文字の描かれている看板の画像、手書きしたメモ画像の文字などをOCR(Optical Character Reader)でテキストを抽出するのです。

それによって、テキストデータだろうが、画像データだろうが、ひとつの検索データ(ノート)として扱うことが出来るのです。

Webブラウザから検索エンジンを用いてWebを検索するときには、Evernote内の自分が作成したメモも同時に検索できます。

Evernote内の自分が作成したメモも同時に検索

面白いWebサイトのページを、WindowsならWebクリッパーという拡張機能ボタン、もしくは右クリックによって、そのページごと、Evernoteのノートに保存できます。

Webクリッパーというボタン

右クリック

知子の情報のデータ入力部分は『エディタ』ですが、Evernoteは『ワープロ』になっています。

Windowsの前の、MS-DOSの時代にそれらが完成していた知子の情報は、優れた先進性のあるソフトでしたが、そこに新たな機能を加えて、クラウドサービスのツールとして登場したのがEvernoteというわけです。

スポンサーリンク↓

アーカイブファイルもデータ保存できる


……と、ここまでは、Evernoteの解説ページで散々説明されている機能です。

私はこのEvernoteに、気に入ったフリーソフトや、その他ファイルをアーカイブ化したものも貼り付けて保存しています。

つまり、ストレージスペースとしても使えるということです。

ネットには、いろいろなストレージサービスがありますが、一長一短ある上に、きちんとしたものを利用するには別途料金がかかり、しかも保管スペーズを作っても、あとになって、どれが必要なファイルのアーカイブだったか、そもそも何のアーカイブファルを保存しているのかすら忘れてしまいます。

そんなときは、Evernoteのノートに、アーカイブファイルごと貼り付けて、そのファイルについての注釈を書いておくのです。

アーカイブファイルごと貼り付け

そうすれば、時間がたって忘れても検索をすることで思い出せますし、新たにストレージサービスを借りる必要もなくなります。

要するに、Evernoteは、データベース化されたストレージサービスとしても使えるということです。

料金は、個人ユーザーが通常使うプレミアムコースで年間5200円ですが、無料のベーシックコースもあります。

上記の機能をすべて使えるわけではないのですが、お試しコースを利用されてはいかがでしょうか。

ソースネクスト EVERNOTE プレミアムパック 1年版 2016 エバ-ノ-ト1ネンバン2016
ソースネクスト EVERNOTE プレミアムパック 1年版 2016 エバ-ノ-ト1ネンバン2016

Mac、iPhone、iPadユーザーのための これだけでかなりEvernoteが使える本
Mac、iPhone、iPadユーザーのための これだけでかなりEvernoteが使える本

ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由

ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由

  • 作者: 倉下 忠憲
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


スポンサーリンク↓


nice!(220)  コメント(7)  [編集]
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 220

コメント 7

犬眉母

画像を管理できるのがいいですね
by 犬眉母 (2019-05-01 02:07) 

末尾ルコ(アルベール)

Evernote、ワンストップ非定型データベース管理クラウドサービス・・・こうしたサービスをいまだ一度も使ったことないわたしですが、データの保存、そして有効な利用法などについてはいつもほとほと(能率悪過ぎるな)と我ながら呆れている次第でして、無数に改善すべき点があると自覚しております。
そうですね、特に文書です。なにせわたしのメインブログ自体、丸っきり整理されてない、訪問してくださる方たちには不親切極まりない構成になっておりまして、自分でもどこにどんな記事があるかしっかりとは把握できていない有様です。別に敢えてこうしているわけではなくて(笑)、毎日「記事を書いて投稿」を中心に運営しておりますと、どうしてもブログの体裁を整える時間とかが無くなりまして、今のようなカオス状態になってしまっているという感じです。結局このわたしの性格、部屋などでも同じことなのですよね。もうカオスそのもの。せっかく令和時代にもなりましたし、「整理」も大きな課題としたいところです。

・・・

要介護認定は2~3か月掛かると聞かされております。「すぐに出ない」ものって多いですよね。今回のコルセット代も保険で大部分が返って来るとはいえ、それも2~3か月後と聞かされております。今この瞬間の「6万円弱」がすこぶる痛いのに(笑)。転院もしたし、5~6月は本当に財政が火の車になりそうですので、抜本的改革をと、いつも言っておりますが(笑)、「この度こそは」ということで行くつもりでございます。

認知症であるか否か、その度合いなどについては、いっぷく様にも教えていただいたように、「認定を受ける」ことが必ずしもマイナスでない点を理解し、視野に入れた上でわたしもいろいろ調べながら考えております。今夜の記事でも書いておりますように、長谷川式などのテストでは現在のところ低い点数しか出せませんが、それでも手術直後より上昇気味ですし、何しろ2年前にはパスしておりますので、現状は長期入院の影響大であり、わたしの感触では手術直後よりも会話の内容、短期記憶などもどんどんしっかりしてきておりますので、社会との接点が増えてくれば、手術前とさほど変わらないレベルになる可能性は十分だと考えております。とは言え母も、60代と比較すれば根本的な認知機能が落ちてきているのは自然な流れでして、まあそういう状況も含めて総合的に判断しつつ、できるだけ脳の活動を活発化させられる可能性のあることはやっていきたいと思っております。

>拒絶してしまい

それは難しい状況ですね。わたしの母は病院嫌いだった割には、現在はいろいろなことを素直に受けております・・・とここまで書いたところで、食事に対する文句とか、必ずしも素直ではないことを思い出しました(笑)。コルセットの型取りの前も、「コルセット」のイメージが湧かず、しきりにビビっていたのですが、どうやらほとんど眠っている間に寸法は取っていったようです。

・・・

それでは令和時代も、よろしくお願いいたします!

                   RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2019-05-01 02:27) 

pn

記事をデータ化して保存しとけばソネットが無くなった時慌てなくて済むのか。
けどそんなたいそうな記事書いてないか俺(^_^;)
by pn (2019-05-01 08:11) 

わたし

Evernoteは、昔「紙2000」を使っていて、それがなくなった時、ダウンロードしてはみたのですが、いまいち使い方がわからず、よさもわからず、再び「紙copi Lite」がリリースされ無料なので戻ってしまいました。
おかげさまで、今日こちらの記事を読みEvernoteの内容が理解できました。ありがとうございました。
by わたし (2019-05-01 08:28) 

てんてん

Evernotehaは、ずいぶん前からスマホにアプリが入っていますが、一度もつかったことがありませんでした。
良さげなソフトですね
無料でどこまでできるんだろ
試してみようかな~
by てんてん (2019-05-01 11:52) 

ナベちはる

いろいろとメモみたいに残せるデータベース、便利そうです。
by ナベちはる (2019-05-02 00:59) 

yahantei

Evernoteのことなど、いろいろとスタディしていきたいと思います。
by yahantei (2019-05-03 18:40) 

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます