So-net無料ブログ作成

磯野貴理子2度目の離婚でまたぞろネット民の噴飯な「義憤」

磯野貴理子2度目の離婚でまたぞろネット民の噴飯な「義憤」

磯野貴理子2度目の離婚が、またぞろネット民の「義憤」で思いの外盛り上がってますね。ツイッターや大井小町を見ていると、磯野貴理子の言い分を疑いもせず、別れた夫を責めていますが、もうちょっと深掘りして考えられませんか、というのが今日の私の意見です。



磯野貴理子が、5月19日に放送された『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)で、2度目の離婚をしていたことを告白。

24歳年下の夫がいう理由が「自分の子どもが欲しい」だそうで、磯野貴理子は泥仕合いもせずきれいに諒解した。

それが、ネットでは称賛され、一方では別れた夫たたきで盛り上がっているという次第です。

芸能ゴシップですが、「事程左様に」「一事が万事」なので、一言します。

裏も取らず深掘りもせず「義憤」発揮のネット民




結論から述べると、このツイートのとおりだと思います。

騒ぎすぎ。

子どもにこだわって別れてしまう人もいれば、子どもがいなくても添い遂げる人もいるし、養子を取る人もいるし、人それぞれでしょう。

でも、別れてしまう人が、「子ども」が原因なのかどうかなんて、実は当事者にとっても後付かもしれません。



なのに、磯野貴理子の言辞だけをとりあげて、日本人固有の価値観のように論ずるこのツイート、ちょっとおかしいですよ。無理に問題をこしらえてませんか。

磯野貴理子かわいそう論は理解できない


そもそも、磯野貴理子の話を、額面通り受け止められる証拠はどこにもありません。

自分が可愛そうな女であることを、世間にアピールしたくて計算づくで言ってるかもしれません。

芸能人にとって、話題作りは大切なお仕事です。

その程度の話でしょう。

なぜ、ネット民は、そんなにあっさり信用するのでしょうか。

考えても見てください。

もし、「子ども」だけの理由なら、つまり、子どもは欲しかったとしても、磯野貴理子とは別れたくなかったら、夫婦として何らかの話し合いがあってもいいはずです。

なのに、子どもがいないことを即「別れる理由」にしたということは、それは口実であり、ただたんに相手が磯野貴理子に愛想を尽かしたと見るほうが順当です。

本当は、穏やかに話し合っていたはずなのに、磯野貴理子が激昂して攻撃的な、哀願的な食い下がりを見せたから、相手が苦し紛れに言ったことを、磯野貴理子が都合よく切り取ってメディアを使って広げてしまったのかもしれないじゃないですか。

そう、相手はタレントではないんだからメディアを利用した戦いはできないんですよ。

その点で、磯野貴理子って卑怯だと思いませんか。

磯野貴理子の年齢がはじめからわかっていたのに、「子ども」と言い出す相手はおかしいという説もありますが、逆にいえば、結婚に1度失敗し、かつ相手よりずっと年上であるにもかかわらず、磯野貴理子がそういう人とわからず軽率に結婚した、という見方もできるわけです。

そして何より可笑しいのは、ふだん、マスミとコバカにしている有象無象が、こういうときだけは何の疑いもなくメディアをソースにしてモノを言うご都合主義です。

ゴミなら見るなよ、という意見は間違ってますか。

スポンサーリンク↓

他人の人生のことはわかりません


私の揺るぎない結論です。

1.夫婦や親子のあり方は当事者の価値観の問題なので、一方の言い分を額面通りには受け止めない。第三者に正解は出せない
2.自分の主観を基準に、他者の生き方をとやかくいわない
3.芸能人の話題作りをいちいち真に受けない

私は先日、長門裕之さんの記事で、芸能人の人生について、ヒューマンインタレストとしての興味はあると書きました。

それは、あくまで、生き様と仕事の接点に興味があるだけで、生き様に干渉したいからではありません。

その人の価値観について、断罪したり、絶対的な尊敬を強制したりするのは、おっちょこちょいの沙汰です。

知恵袋やOKwaveなどでも、たとえば離婚問題や、別れている親子の面会について、法律的な質問をしているのに、背景の事情を勝手に決めつけた身の上相談的回答を得意になってしている人が必ずいるのですが、よほどひとにお説教するのが好きなんだなあと私は感心すらしています。

でも、論点が客観的事実の真偽なのか、自由な意見なのかの区別はつけてほしいですね。

ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト
ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト

くたびれない離婚 - じっと我慢したまま、もう何年ですか? -

くたびれない離婚 - じっと我慢したまま、もう何年ですか? -

  • 作者: 吉成 安友
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2016/06/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スポンサーリンク↓


nice!(213)  コメント(12)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 213

コメント 12

犬眉母

相手自身のことが、本当に大事なら離婚はしないと思います。


by 犬眉母 (2019-05-25 02:19) 

末尾ルコ(アルベール)

磯野貴理子2度目の離婚でまたぞろネット民の噴飯な「義憤」・・・磯野貴理子の夫はドイツ人だったのですか。今初めて知りました。それにしてもまず感じるのはネット民の暇さ加減。いちいちこんなことで義憤に燃えて書き込んだりしてる暇があったら、掃除の一つでもしてろって感じです。この件をネットニュースで目にした時にわたしはまず(磯野貴理子、あざといなあ)と感じました。夫がドイツ人とか年の差が大きいとか、そんなことは知らなかったのですが、磯野貴理子というタレント自体に以前から好印象はありませんでしたから、バラエティ番組でこの件について語ったのですよね、それを知った時点でわたしの中では(貴理子、アウト!)でした。こうして話題にしておいて、また関連の仕事にありつこうというのが見え見えですよね。

>自分が可愛そうな女であることを、世間にアピールしたくて計算づくで言ってるかもしれません。

エビデンスがないので(笑)断言はいたしませんが、わたしはほぼ100%そうだと思っております。そもそも磯野貴理子って、若い頃からあざとさだけで生き残ってきた印象です。あとですね、これは少々微妙な考え方なのですが、しかし少なからずのケースで確実に当て嵌まるのは間違いないと思っていますけれど、つまり、「外国人男性と結婚・交際する日本人女性には、日本人男性や日本人社会を見返したいという心理の働きがある」ということです。もちろんすべてのケースではありません。そしてわたしは外国文化が大好きで、外国人との交流も多く、偏見はゼロに近いと思っておりますが、しかし前述の心理は外国人と結婚・交際している日本人女性のかなりから感じられます。磯野貴理子の場合、本人の実際の性格は知りませんが、今までの芸能界での言動から鑑みて、ドイツ人男性、しかもかなりの年齢差(わたしは年齢差結婚・恋愛にもまったく偏見はなく、どちらかと言えばそういう恋愛が増えたらいいと考えておりますが)ですよね、愛情以前に日本社会への復讐心、もう少し微温的な言葉を使えば、「見栄」による結婚であった可能性大であり、破局するのはかなり必然だったのではと想像しております。

>マスゴミとコバカにしている有象無象

そうなんですよね、「マスゴミ」なんていう言葉を日常的に使っている人たちほどメディア情報を見まくりで、しかもより低レベルのメディア情報が大好きなものなのですよね。

>背景の事情を勝手に決めつけた

・・・

いますよね~。ちょっと信じ難いほど尊大な態度で相手に説教するんですよね。おそらくリアルライフでは誰にも相手にされないタイプでしょうね。

・・・

>日本共産党の映画

それ観たかったですよね、深作版『仁義なき共産党バトル』(笑)。70年代くらいまでは日本映画も政治を題材にした作品が少なからず制作されておりましたが、今はもうさっぱり。映画監督も軽い人が多くなりました。そもそも今では、是枝裕和監督くらいの作風と言動でもネトウヨ関係からボロカスに言われますから、表現の自由という意味では実に閉塞した社会になっておりますね。かと思えば件の丸山センセイが「言論の自由」がどうこうとか言い出しますし、そうかと思えば、「2か月休養の診断書」とか持ち出してくるし(笑)、本当にどうにもなりません。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2019-05-25 04:06) 

pn

発表後旦那に取材行ったのかな?と思いました。
一方の意見だけじゃねぇ、確かテレビでプロポーズでしたよね?なら分かれるのも二人一緒で(笑)
by pn (2019-05-25 06:10) 

Take-Zee

こんにちは!
記事のサブタイトルのように・・
”他人の人生のことはわかりません”ですね。

by Take-Zee (2019-05-25 08:23) 

su-nya

なるほど。犬も食わないけれど
人は食い物にするゴシップはいい餌食です。
by su-nya (2019-05-25 08:26) 

kou

離婚の理由は夫婦しか分かりませんが、本人達が決めた事ですから仕方がないですね。
でも、本人がテレビで・・・というのには少し違和感がありました。
by kou (2019-05-25 17:41) 

ヨッシーパパ

離婚は、お互いに大変な事ですね。
by ヨッシーパパ (2019-05-25 19:21) 

ナベちはる

他人の人生に部外者があれこれと言うのは、本当は違いますよね。
by ナベちはる (2019-05-26 01:20) 

藤並 香衣

タレントである以上黙って離婚しても知れれば
この先である事ない事記事を書かれるでしょう
そのうちどこかの週刊誌が
元夫側の言い分とか書くかもしれませんね
by 藤並 香衣 (2019-05-26 01:52) 

レインボーゴブリンズ

相手のことを大事に思うなら、子供が出来ないことぐらいで離婚はしないと思います。子供よりも相手の方を大事に思うと言う意味を強めるため、あえて、「ぐらい」と書きました。
by レインボーゴブリンズ (2019-05-26 14:52) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。

>by 藤並 香衣 (2019-05-26 01:52)

だから磯野貴理子のメディア利用は正しいということですか?

私は「揺るぎない結論」として、夫婦のことや親子のことは第三者がわかることでもないし、それがお仕事である芸能人はどんな意図で言っているかわかったものではないから、話題作りにいちいち付き合う必要はない、ということを日本語で書いていますが、読めませんか。

要するに、その磯野貴理子の言い分自体が何であろうが、(ネットで熱くなって)理解しようとしてやる必要がないと書いているのですが、読み解けませんか。
by いっぷく (2019-05-27 05:33) 

Rinko

夫婦には夫婦にしか分からない事ってありますよね。

by Rinko (2019-05-28 08:05) 

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます