So-net無料ブログ作成

安倍晋三首相、漢字書けず1文字に2文字で回答のトンデモ

安倍晋三首相の無教養ぶりが話題になっています。「ニコニコ超会議2」で、「成長力」の「成」の字をきちんと書けないだけでなく、さらに1文字で示せという設問を無視して、2文字で回答するという恥の上塗りをやってしまったのです。漢字の読み方で教養を問う“揚げ足取り”は麻生総理時代に“やり過ぎ”という批判もありましたが、さすがに成蹊(安倍総理の母校)の成の字ぐらいはきちんと書いてもらいたいものです。

漢字が読めれば偉いというわけではありませんが、「成」の字が書けないのはいくらなんでもひどすぎますし、設問通り回答ができないのは論外ではないでしょうか。

いったい、これで日本は大丈夫なのだろうか。安倍晋三首相なら批判は一切許さないというネトウヨ諸君はどう考えているのでしょうか。

そんな趣旨の記事が、『日刊ゲンダイ』(5月8日付)にあります。これでも参議院選で投票したわが国の有権者も深刻と言わざるを得ません。

『日刊ゲンダイ』(5月8日付)より
『日刊ゲンダイ』(5月8日付)より
コンサートにゴルフにとGWを満喫した安倍普三首相だが、初日の4月27日、出向いた「ニコニコ超会議2」での“無教養ぶり”が話題になっている。
 ニコニコのイベントで安倍は自民党ブースに用意された街宣カーの上で演説。「ネットの力で再び自民党総裁に返り咲くことができました」とご満悦だった。その際、自民党ブースに設置された寄せ書き用の巨大ボードに直筆で「成長力 安倍普三」とサインしたのだが、「成」の湊字を間違えたのだ。こんなやさしい漢字を間違える方が不思議だが、安倍が書いた「成」には右上の「てん」がなく、「はらい」もない。2カ所も間違えるなんてピックリだ。
 言うまでもなく、「成長力」はアベノミクス3本目の矢。安倍は日々、この文字を見ているだろうに……。案の定、ネット上には脱力コメントがあふれていた。
(いかに日本の政治家のレベルが下がったとはいえ、せめて義務教育修了程度の基礎学力は身につけてから首相になってくれ)
(学生時代の家庭教師は平沢勝栄氏だったっけ? もう一度漢字の書き方から教えてもらったほうがいいのでは)
「そういえば、安倍さんは過去にも漢字で失敗しています。前回の首相時代の06年末のこと。恒例行事にならって『今年を漢字1字で表すと』と聞かれ、『責任』と答えたのです。なんで2文字なのか(苦笑)」(自民党関係者)
 元祖〝漢字ができない首相″といえば「未曽有」を「みぞゆう」と言った麻生太郎だ。漢字が書けない首相と漢字が読めない副総理が2トップなんて、マンガだ。
安倍晋三首相。いずれボロが出て叩かれる日が来るのでしょう。

しかし、それでも安倍政権が一定の支持率を維持しているのはどうしてでしょう。

ひとつは、マスコミが安倍総理にすっかり籠絡されていることがあると思います。

それはいきおい、国民の目も曇ってしまうということです。

『実話BUNKAタブー』(2014年1月号)
『実話BUNKAタブー』(2014年1月号)より

もうひとつは、対抗する野党に期待が抱けないために、自由民主党下野を声高に叫べないのです。

「だったら何党ならいいんだよ」という問いに答えが出ないということでしょうね。

とくに、民主党政権に対する失望が大きいのだと思います。

民主党批判の中には、ためにする批判もありました。ですが、民主党の落ち度であることが大部分であったと思います。

民主党はその点、どう考えているのでしょうか。

〈大国〉への執念 安倍政権と日本の危機

〈大国〉への執念 安倍政権と日本の危機

  • 作者: 渡辺 治
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2014/10/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


スポンサーリンク↓


nice!(4)  [編集]

nice! 4

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます