So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

チキンカツとから揚げの合い盛り丼(かつや)

チキンカツとから揚げの合い盛り丼(かつや)

3ヶ月ぶりにかつや行ってきました。今回は持ち帰りです。今月の期間限定は、『チキンカツとから揚げの合い盛り丼』です。商品名通りご飯が隠れるほど大きなチキンカツと、チキンカツのようなもも肉のから揚げ、マヨネーズとキャベツなどがご飯に乗っています。



かつやでは、毎回ではありませんが、その時々の期間限定をいただいております。

かつや

通常メニューは豚カツが中心ですが、期間限定は、チキンカツやビーフカツなどが多いですね。

ということで、今月はチキンカツです。

チキンカツ

それに、もも肉のから揚げが加わっています。

結論から書くと、揚げ物好きでないと、少し多めに感じるかもしれません。

チキンカツは、成人男性の手のひらぐらいあると思います。

から揚げは、見た目、から揚げと言うより小さなチキンカツという感じです。

ソースは予めかけてあるのですが、隅にはマヨネーズもついています。

チキンカツとから揚げの合い盛り丼

カロリーも結構イキそうですね。

ご飯は少なめだと思いますが、カツで十分、お腹いっぱいになるでしょう。

昼食重視の方にはぴったりです。

590円(637円)ですが、店内ではプラス100円で、豚汁つきの「定食」が提供されます。

かつやの期間限定は毎月20日前後で、今回は4月19日まで続きます。

その後は、ねぎ塩カツ丼だそうです。

来月もまた行ってみます。

チキンカツとから揚げ、お好きですか。

スポンサーリンク↓

伝説のハッスルコーラが登場する映画


今日は、植木等の祥月命日ということで、Facebookでは話題になっていました。

このブログではもう、植木等主演の映画は何度も書いてきましたが、私が好きな作品の一つ、『クレージー作戦 くたばれ!無責任』(1963年、東宝)を改めて鑑賞しました。



そう、ハッスルコーラの話です。

ハッスルコーラ
『クレージー作戦 くたばれ!無責任』より

製菓会社の無気力社員、田中太郎(植木等)は、経営の思わしくない会社の起死回生を賭けた新製品、興奮剤入りコーラ、名づけてハッスル・コーラのモニターにさせられましたが、それによって元気が出てくることを自覚。

映画では、飲用前(モノクロ)と飲用後(カラー)という演出をしています。

ハッスルコーラ
『クレージー作戦 くたばれ!無責任』より

ハッスルコーラ
『クレージー作戦 くたばれ!無責任』より

しかし、興奮剤入り清涼飲料水など、法律で許可されるはずがありません。

責任を求められた発案者の専務(山茶花究)は、興奮剤を抜いた、たんなるコーラを売る子会社を作り開発費回収を、もし回収できなかったら子会社に責任をとらせようと画策。

クレージーの7人を、子会社に“左遷”します。

しかし、ハッスル・コーラは元気が出ると信じ込んでいた田中らは懸命に頑張り、コーラの販路を開拓して経営を軌道に乗せます。

専務は、予定通り回収が終わったから会社を解散させるつもりでしたが、それを聞いた7人は、会社を自分たちで買い取ろうと、銀行の頭取(東野英治郎)から大口融資を約束するところまでこぎつけます。

すると今度は専務は、子会社を合併して、その大口融資契約を製菓会社本社に切り替えようと裏で話をつけます。

「本社はなんて汚いんだ」

ヤル気を失った田中ですが、恋人の前川恵子(浜美枝)に、「太郎の意気地なし。太郎さんは太郎さんでしょ」と励まされ、田中はまた元気を出すという東宝青春映画らしいシーンも。

クレージー作戦 くたばれ!無責任
『クレージー作戦 くたばれ!無責任』より

結局、会社に利用されっぱなしの7人は、「こんな無責任な会社はもうたくさん」と揃って辞表を破って退職。

「やればできるってわかったんだから」と、ピーカンの銀座の大通りを7人で歌いながら胸を張って会社を後にするというストーリーです。

クレージー作戦 くたばれ!無責任
『クレージー作戦 くたばれ!無責任』より

坪島孝監督が、初めてメガホンを撮ったクレージー映画ですが、古澤憲吾監督の描く世界とは全く異なる青春映画のような作風で、私はこの作品を見ると、ハッスルコーラも飲まないのに元気が出てきます。

ちなみに、劇中のハッスルコーラのモデルになったのは、ペプシコーラです。

ハッスルコーラ
『クレージー作戦 くたばれ!無責任』より

コカ・コーラのシェアが圧倒的なため、ペプシコーラはずっと飲んでいませんが、久しぶりに飲んでみたくなりました。

クレージー作戦 くたばれ ! 無責任 [DVD] -
クレージー作戦 くたばれ ! 無責任 [DVD] -
スポンサーリンク↓


nice!(253)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 253

コメント 16

pn

唐揚げっていつ食っても美味く感じるのは俺だけか(笑)
かつや行きたいけどルート上に無いんだよなぁ、まあ無くても行くときゃ行くけどf(^_^)
by pn (2018-03-27 23:39) 

ゆりあ

合い盛り丼、ボリューミーで美味しそうですね^^
基本揚げ物は好きなんですが、糖質が多いため控えめにしています。
でも、近くにお店があったらそ~っと行っちゃいそうです。
by ゆりあ (2018-03-28 00:00) 

nikki

揚げ物嫌いではないですが、カロリーのことを考えるとあまり食べられないですね。
by nikki (2018-03-28 00:06) 

ナベちはる

揚げ物は美味しいのでついつい食べてしまうのですが、あとでカロリーを考えると…ですね。
by ナベちはる (2018-03-28 00:45) 

末尾ルコ(アルベール)

チキンカツとから揚げの合い盛り丼(かつや)・・・持ち帰りもいいですね。わたし、食後の「甘いものとお茶」タイムには映画とか歌番組を観るのですが、食事中は録画しといたニュース番組や紀行もの、そして『ブラタモリ』などを観ます。あまりお行儀はよくないのですが、なかなか他に時間を取れないものでそんなやり方が定番です。

>少し多めに感じるかもしれません。

そうなんですよね。わたしにはとても量が多いし、実はご飯も多くて全部食べられないんです。普段、主食を少なめにしておりますので、お店の丼ものというのはなかなか食べきれないです。その代わりでもないですが、食後に甘いものを食べてますけれど(笑)。甘いものって、依存症まで行くといけませんけれど、適度に食べるのは精神的にもいいなと感じることがよくあります。毎日アイスを食べているというお話はよくさせていただいておりますが、アイスを食べることが一日の中のメリハリの一つになってる実感もあります。
外食で最近よく行くのが、「一汁三菜食堂」という高知県にあるチェーン店の「ご飯&おかず食堂」です。作ってあるおかずを自分で一品ずつ選ぶという昭和の食堂のイメージのチェーン店レストランなのですが、小さな皿のおかずを幾種類も選べるので、母には大好評なんです。とろろいもとかちりめんじゃこなどの小鉢もあって、カロリーもグッと控えめにできるので、月に数回は利用しております。


『クレージー作戦 くたばれ!無責任』・・・この作品もおもしろそうですね。いっぷく様がいつも紹介してくださるので、わたしもクレージー映画、何本か鑑賞しましたが、どの作品も確かに「前向き」な気分になります。しかも「カラ元気」やわざとらしい「ポジティブ思考」ではなく、お腹の芯から前向きになる感覚です。やはり植木等はじめ、出演者が「本物」だということもあるでしょうし、映画の作りが実に高品質であることにも唸らされます。そして、「大人が愉しめる」・・・これが重要ですよね。

わたしの家でも夕食後に軽く甘いものをいただいております。お茶と甘いもので、その時間に映画や歌番組などを観ることが多いです。パフェはやはり「シメ」としては重いですよね。大人になってからパフェを注文したことはないのですが、「食後のシメ」とかいうことはなかったですね。あれだけのボリュームだとどう考えても、「食事の一部」だと思います。札幌発だというのですが、別に全国的に流行らなくてもいいですよね(笑)。
わたしはアルコールを原則やらないことと関係しているかどうかは分かりませんが、甘いものは比較的好きです。以前は文句なしにチョコが好きで、高級チョコから駄菓子チョコまで毎日食べてたのですが、最近はさほど食べたいと思わなくなりました。それよりもバニラ系の味がよくなりましたね。でもバニラって、味じゃなくて「薫り」なんだそうですね。この事実を最近知って(笑)、けっこう衝撃的でした。子どもの頃から基本「バニラアイスの味」がバニラの味だと思い込んでましたから。

>ナイフとフォークを使うのがよかったですね

そうなんですよね~。ファーストフードのハンバーガーがさほど浸透してない時期は、レストランで食べるハンバーグはなかなかのご馳走でした。いわゆる洋食屋さんですよね。今のびっくりドンキーなどの味とはぜんぜん別物だったと記憶しています。

>まあ関わらないほうがいいんだろうなあと思っております。

お母様がご退院とのこと、これからまたいろいろなことがおありなのでしょうが、ご家族の皆様にとってできる限り良き方向に、といつも念じております。

>毒のある表現の記事やコメントになってしまいますが

これはわたくし個人的には、とても気合を入れて拝読させていただいておりまして、正直申し上げますと、「大好き」でございます(笑)。高度で洗練された文化には必ずある種の「毒」が必要だと思うのですが、昨今の「発信」の多くが毒にも薬にもならない痴呆的内容か、あるいは「ただの暴言」か、と低レベルの二極化が進んでいると思うのです。当然ながらそうしたものとはまったく違い、いっぷく様の「毒」は申し上げるまでもなく、幅広く深いご見識に基づくものであり、常に大きな刺激をいただいております。さらに言えば、本当にワクワクさせていただきながら拝読していることもしょっちゅうなのです。

ダラ・シンのお写真拝見しました。アクラム・ペールワンよりずっと強そうですね(笑)。
ダラ・シンって、何人かいるのだと思うのですが、わたしが初めて『プロレス入門』的本で見た写真では、リングでなく野外の地べたのような場所に観客を集めて試合をしていた記憶があります。おそらく「古いダラ・シン」(笑)だと思うのですが、ネットで少し調べてもはっきりしたことが分からないのがいかにもプロレスらしくていいですね。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-03-28 01:34) 

ヤマカゼ

手のひらサイズのチキンカツ、チョット多めですね。
最近ペプシコーラ見なくなりましたね。
by ヤマカゼ (2018-03-28 06:34) 

Rinko

ははは^^; 揚げ物はあまり得意ではないので、唐揚げのみでいいかも・・・です。

by Rinko (2018-03-28 07:37) 

poko

お昼前のこの時間に見ちゃったのでお腹が空いて来ちゃいましたよ。
揚げ物は大好きなので今だと絶対食べられると思うな~(^^;
近くにかつやはないですけど。
by poko (2018-03-28 11:30) 

johncomeback

そういえば最近はスーパーでペプシを見かけません。
自販機も見ないなぁ、偶に飲んでみたいです。
by johncomeback (2018-03-28 13:05) 

チャー

男性でもご飯少なめでも 満足 !これは凄いボリューム感ですね
by チャー (2018-03-28 14:30) 

なかちゃん

かつやは行ったことありますが、その時はまだ鳥は無かったような気がします ^^
今度行ってみましょう(^^)

by なかちゃん (2018-03-28 15:10) 

Take-Zee

こんにちは!
最近、カツレツのお店が増えていますね。

by Take-Zee (2018-03-28 17:56) 

ヨッシーパパ

チキンカツだけでもボリューム満点ですが、から揚げも付いているとなると、おそらく、食べ切れそうもありません。
こってこてですね。^_^
by ヨッシーパパ (2018-03-28 18:52) 

kiki

庶民の味方のようなお店があるのですね(笑)
お値段は優しくて良いですが、
カロリーと量は若人向きですね。
by kiki (2018-03-28 22:08) 

makkun

チキンカツはトンカツよりも好きなのですが
チキンカツと唐揚げの合い盛り丼とは豪勢~
年寄りには量が多いしカロリーオーバーで
チト敬遠してしまいそうです(*∩ω∩*)

by makkun (2018-03-29 20:01) 

クッキー

総合病院の近くに「かつや」さんが有り、一日掛かりの
検査日には、お昼は「かつや」さんで大好きなチキンカツを
いただいた事が有ります。
植木等さんの無責任シリーズは、今から考えると無茶苦茶
それでも納得して見ていましたヽ(^o^)丿

by クッキー (2018-04-07 13:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます