So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

かつやVS松乃家、私見ロースカツ対決

かつやVS松乃家

かつやは、何度かランチ食べ隊でご紹介しましたが、今日も行ってきました、というのは、今日まで、かつや20周年感謝祭で、ロースカツ定食(745円⇒583円)と、ヒレカツ定食(853円⇒691円)が本体150円引きだったのです。そこで、かつやVS松乃家、私見ロースカツ対決をまとめてみました。



私はカレンダーを見間違えて、この感謝祭が明日までだと思い込み、ブログには、「みなさんもいかがですか」という「情報」として書くつもりでした。

が、今日までだったので、私はこれを食べました、というたんなる「レビュー」になっております(汗)

それはさておき、先日、“ライバル店”と目される松乃家で、ロースカツ定食をいただいたことを書きました。

カツ丼チェーン店、一番まずい店はここだ!

それで、私なりに「かつやVS松乃家」についてまとめてみました。

かつの大きさ(かつや)


かつや
かつやのロースカツ

松乃家
松乃家のロースカツ

井之頭五郎さんのようにメジャーでは測りませんでしたが、かつやの方が幅があり優勢に見えました。

厚さはどちらも同じぐらいだと思います。

肉の質ですが、今日は感謝祭で特別だったのかもしれませんが、やわらかくて食べやすい肉でした。

『実話BUNKAタブー』(2014年5月号)では、「一番まずい店はどれ?有名チェーンかつ丼食べ比べ」という辛口コーナーを掲載していますが

カツ丼チェーン店、一番まずい店はここだ!

かつやについては、「肉はちゃんと歯応えもあり、しっかりと豚の旨味も感じられる」「全体的になかなか好印象」と、唯一肯定的な評価を与えています。

一方、松乃家については、「切断されたとんかつのサイズがバラバラ」「ゴムみたいな食感で筋が多くて噛みきれ」ないと書かれています。

私がいただいたときは、決してそんなことはありませんでしたが、肉のやわらかさと豚の旨味という点では、たしかにかつやに軍配が上げられます。

それと松乃家は、後に書くようにごはんが多いせいか、ロースカツだけですと、ちょっとたりない感じがします。

豚汁(かつや)


かつや
かつやの豚汁

松乃家
松乃家の豚汁

先日、松乃家のロースカツ定食も豚汁でしたが、それは豚汁半額サービスだったためで、普段はワカメの味噌汁がつきます。

一方、かつやはデフォルトで豚汁が付き、かつ具材も多いように思いました。

ごはんの量(松乃家)


画像ではわかりにくいのですが、これは松乃家がやや多いと思います。

かつや
かつやのごはん

松乃家
松乃家のごはん

どちらも国産米を標榜しています。

値段(松乃家)


かつやのロースカツ定食は、通常745円

一方、松乃家は530円。

これは圧倒的に松乃家ですね。

かつや汁でかつやが優勢なのは当たり前で、要するにそれだけの金額だからということです。

ソースの種類(松乃家)


これも松乃家です。

かつやはソースは1種類で、しょうゆもありません。

一方、松乃家は、4者類のソース、しょうゆ、七味などから選べます。

松乃家

スポンサーリンク↓

盛り付け(互角)


松乃家は、油きりの網の上に乗っています。

まあ、なくてもいいんですけどね。

キャベツの量はどちらも互角です。

まとめ


少し高くても、量質ともによりおいしいとんかつを食べたいならかつや、安くても一定の満足感を得たいなら松乃家、といったところでしょうか。

とんかつも、立派な店はどこまでもお値段がはりますから、ランチとしていただくなら、かつやや松乃家の存在は不可欠です。

みなさんは、ランチのとんかつ定食を選ぶなら、何を基準にされますか。

とんかつ定食をお昼に食べても大丈夫なのはナゼ? -時間栄養学でわかった、食べる時間の健康法則- (知りたい! ジブンの体と健康) -
とんかつ定食をお昼に食べても大丈夫なのはナゼ? -時間栄養学でわかった、食べる時間の健康法則- (知りたい! ジブンの体と健康) -
スポンサーリンク↓


nice!(265)  コメント(21)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 265

コメント 21

pn

そろそろ肉をがつがつ食いたい(笑)
松乃家一度は行かないとな俺も。ここら辺にあるのかな?調べようo(^o^)o
by pn (2018-01-25 22:17) 

えくりぷす

かつやの感謝祭は今日まででしたか。
ランチのとんかつ定食ですが、腹が減っているときに行くせいか、どこもそれなりに美味いと思ってしまいます。
(正直、不味いと思うとんかつに出会ったことがないのです)そんなわけで、どこでも目に付いたところに入ってしまいます^^;
10年ほど前は、雑司が谷にある安いとんかつ屋さん(個人経営)によく行ってました。残念ながら今はありません。
by えくりぷす (2018-01-25 23:01) 

hana2018

かつや感謝祭は今日まで・・・と言う事で、夫も今日のお昼はかつやへ行ったそうです。。・・・ちなみに私はもっとお高いランチを食べに(笑)
とんかつに限らず、揚げ物には何にもかけずにそのまま食べています。ソースをかけるとしたらキャベツにホンの少しだけ。
ご飯も一口しか食べないから、どちらでも良いような。。
豚汁はかつやさん、人参が多めですね^^
by hana2018 (2018-01-25 23:14) 

deepredcocktail2

松乃家にある、にんじんドレッシングがポイント高いです。
by deepredcocktail2 (2018-01-25 23:33) 

ゆりあ

かつやも松乃家も徒歩圏内にないので、行った事がないのですが行くなら絶対かつやさんだなって思います。
今でこそ外でとんかつ定食は食べないですが、糖尿病発症前はキャベツやお味噌汁・ごはんがお代わりできるお店のとんかつが大好きでした^^
by ゆりあ (2018-01-25 23:42) 

ミケシマ

とんかつ定食は滅多に食べないので価格より味です!
少々高くても 衣サクサク、お肉ジューシー
あと、大事なのがごはん! ふっくら美味しい白飯を所望します~
キャベツたっぷりめだとなお嬉しいな
……要望多すぎ?(^-^;
by ミケシマ (2018-01-25 23:51) 

nikki

かつやも松乃家どちらもおいしいです。

かつ定食、やっぱり値段かな。
by nikki (2018-01-26 00:19) 

ナベちはる

「かつや」は割と見ても「松乃家」は見たことがないですが、どちらも美味しそうだなぁと思って拝見しました。

味も気になるところですが、現実的には価格も絡んできそうです。
by ナベちはる (2018-01-26 00:24) 

末尾ルコ(アルベール)

かつやVS松乃家、私見ロースカツ対決・・・『実話BUNKAタブー』というメディアはなかなか思い切ったことを書いていますね。チェーン店でも、「日によって違う」とか「店舗によって違う」とかも、多少なりともありそうですが、そこはチェーン店ですから、どの店舗へ行っても常に共通する部分もありそうですね。『実話BUNKAタブー』の松乃屋批評はどちらかと言えば、物理的な要素に焦点を置いて言及しているような感じですが、この点は無難な選択ですね。
話は少し逸れますが、わたしもちょいちょい食べ物の話題を記事にしますけど、「これ、美味しい!」というのはあくまで「わたしにとって」であって、他の人が(それほどでもない)と感じたらもうそれまでであり、これが文化芸術のお話であれば、「いや、この作品はこれだけのクオリティがあって・・・」と議論が続けられますが、食べ物の場合は「美味しいと思わない」と言っている人に、「いや、この料理はこれだけの手間をかけて」などと言ってもあまり意味がないような感もあり、なかなか難しいなといつも思っております。その意味では、ミシュランなどという、星の数でレストランの浮沈が決まってしまうような批評が権威を持っているフランスはいいのか悪いのか、などということもよく考えるところです。
それはさて置き、冬は豚汁がやはり嬉しいですね。かつやなどのカツを完食できないわたしは、つい豚汁に目が行ってしまいます。ただ、家では具材をかなり大きめにしますので、温まり度合いは違います。
調味料の種類はこうしたお店では重要ですね。(ちょっと味に変化を付けたいな)と思った時に調味料の種類がショボ買ったら損した気分になります。


昭和からのプロレスファンは、(ええ?そうだったの?)という「説」と無数にぶつかり、その度に自分の中でどう折り合いをつけていくか思考せざるを得ない過程を経てしまう者でしたね。ひょっとして、かなりの思考訓練をし続けていたのかもです(笑)。
猪木が「アマレスもできる」と思い込んでいたのも、もちろんティーンのわたしが分かったなかったからというのもありましたが、なにせプロレスメディアはその辺りを誤魔化してばかりでしたものね。松浪健四郎のような「外部」の人間が書くことでやっと一般的にも明確になった感があります。ただ、松浪健四郎の場合、プロレスそのものに対する興味よりも、プロレス界のおける、「アマレス勢のバリューアップ」を目論んでいた感はあります。逆に言えば、アマレス出身勢って、ジャンボ鶴田などの例外はいますが、けっこう経歴を軽視されていた印象もありました。わたしも「アマレス出身」なんてキャリアを(凄い!)とか思ったことありませんでしたから。

アマレスとセメントの関係も、本当にいくら想像してもし足りないほど愉しいですね。考えてみれば、確かにアマレス出身者の身体能力やスキルなどは総合の世界で猛威を振り続けています。しかしそれもこれも、MMAの技術体系が固まり、柔術などのサブミッションについても丸裸になったからこそ、アマレス出身者も安心して試合に取り組めているんです。MMAの技術体系が競技者全てのものとなる以前は、アマレス出身の強豪が簡単にサブミッションを取られるケースも目立ちました。だから昭和のプロレス時代に、道場でアマレス出身者が叩き上げのレスラーに痛めつけられたという話はものすごくあり得そうです。

リンクしてくださったキラー・カーンの記事、まだ読んでませんでした。めちゃめちゃおもしろいです。ありがとうございます!そして非常に共感できるお話ですね。特に長州力のラリアートを批判しているのには胸がすっきりです。「巨大なレスラーがやるからこそ、意義がある」はずのラリアートを長州力が得意技にし出してから、ちょっと極端な言い方になりますが、現在につながる「つまらないプロレス」の流れが始まったと、わたしはそんなイメージを持っています。
鈴木みのるVSアポロ菅原の試合も実は最近また視聴したのですが(笑)、あれは普通に続けていたら鈴木が簡単に関節を取りそうだったのをアポロが嫌がって試合をうやむやにしたように見えました。
それと、ブロディの制裁ですが、あれはブロディが「試合の中の一部の時間で制裁」と決めていて、その後は「普通の試合」に戻しましたが、本気で制裁を続けていたら、木村政彦ばりの失神ですよね。大人が子どもをいたぶっているように見えました。
ただ、皮肉ではありますが、長州力のような性格の悪い人間がいたからこそ、制裁試合のようなギクシャクしたものも生まれたと、その点は長州力も多少は貢献しているのではないかと思います(笑)。
それにつけてもこういうお話、夜中に目がギラギラしてきて、嬉しい悲鳴です(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-01-26 02:01) 

さる1号

昔、かつやに通い過ぎて(毎日^^;)、体重が80kgを越えた事が^^;
それ以降、ランチでカツは封印なのです
なので松乃家には行ったことが無くて・・・・
by さる1号 (2018-01-26 06:28) 

ヤマカゼ

どちらもおいしそうにみえますね
by ヤマカゼ (2018-01-26 06:55) 

Rinko

お値段相応の品と言うことになるんですね~。
とんかつは久しく食べていないので、お写真を見て食べたくなりました^m^

by Rinko (2018-01-26 07:52) 

johncomeback

現在、仙台空港で千歳行きの飛行機が飛ぶのを待ってます。
飛行機が飛んでも、仙台に引き返すか羽田に行く可能性が
あるとのアナウンス、羽田って・・・・
by johncomeback (2018-01-26 10:09) 

チャー

かつを食べたいのなら 少し高くてもやっぱり美味しいお店が良いですね リーズナブルも良いけれど 安く済ませたいときは 他のにしちゃうかな〜
対決 面白かったです

by チャー (2018-01-26 11:34) 

馬爺

とんかつは色んな所で食べていますが種類や盛り方も色々ですね。
大体が店独自のソースが主ですね。
一週間に一度はゆきますね。
by 馬爺 (2018-01-26 14:02) 

Take-Zee

こんにちは!
家内と一緒に拝見しながら・・
近くのかつやに行ってみようと決まりました。

by Take-Zee (2018-01-26 14:31) 

makkun

単純に「見た目」では「かつや」の方が
衣がカリカリ仕上がってるようなので
かつやに軍配ですね~
新聞折り込みでかつやの値引きチラシが
時々入るのでマジに行って見たいです。


by makkun (2018-01-26 15:38) 

ヨッシーパパ

豚カツは、続いても飽きないですが、最近は、控えています。
昨日は、ソースカツ丼か、生姜焼き弁当か迷ったあげく、生姜焼き弁当にしていました。
どっちも捨てがたい。^_^
by ヨッシーパパ (2018-01-26 19:24) 

JUNKO

私はヒレカツ派です。
by JUNKO (2018-01-26 19:47) 

little_me

どっちも行った事がないけど、かつやは
割と近所にできたので、一度行ってみたいと
思ってた所です。
とんかつは、少々高くても美味しいのを食べたいかな。
一度大ハズレの店に入って失敗した事があるので><
by little_me (2018-01-26 21:32) 

そらへい

とんかつ定食やカツ丼が好きで
家族で行くとまたそれと言われてしまいます。
しかし、かつやも松屋も安いんですね。
知りませんでした。
by そらへい (2018-01-27 21:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます