So-net無料ブログ作成

家政婦は見た!エリート家庭のあら探し結婚スキャンダルの秘密

家政婦は見た3タイトル

『家政婦は見た!エリート家庭のあら探し 結婚スキャンダルの秘密』(1985年、大映テレビ/テレビ朝日)を観ました。「家政婦は見た!」シリーズの第3作目です。前作が、『エリート家庭の浮気の秘密 みだれて…』というタイトルでした。エリート家庭の脆さ、怪しさなどを暴くというこのシリーズのテーマを鮮明にした一作です。(画像は劇中より)


ネタバレ御免のあらすじ


石崎秋子(市原悦子)は、代議士の氏家壮介(鈴木瑞穂)の秘書である仙波昭夫(前田吟)宅で働くことになりました。

昭夫(前田吟)は、氏家(鈴木瑞穂)も認める後継者で、夫人の房子(松原智恵子)との関係も傍目には良好。夫妻には高校生の娘・弓子(菊地陽子)と、生まれたばかりの赤ん坊がいます。

自宅は事務所とつながっており、事務所長(山谷初男)らが常駐。選挙が近いと、後援会長(小松方正)がお金を持ってきます。

それだけでなく、女性のトップ屋記者・邦枝マキ(長谷直美)が、事務所も自宅もフリーパスで出入り。

マキ(長谷直美)は、昭夫(前田吟)に体を張って取り入り、また昭夫(前田吟)もそれを受け入れることで、お互い情報を交換し合う関係です。

そんなマキ(長谷直美)でも、わからないことがひとつありました。

赤ん坊は夫妻の子どもではなく、氏家(鈴木瑞穂)の“ご落胤”だから、その証拠を探してくれたら相当の礼をすると秋子(市原悦子)にいうのです。

しかし、マキ(長谷直美)の推理はハズレで、赤ん坊は正真正銘の2人の子どもで、“ご落胤”は上の娘の弓子(菊地陽子)の方でした。

菊池陽子

昭夫(前田吟)は、房子(松原智恵子)を「お腹にいる子どもごと引き受ける」ことを条件に、氏家(鈴木瑞穂)の後継者になる約束を交わしていたのです。

そして、マキ(長谷直美)がそれほどスキャンダルにも熱心なのは、氏家(鈴木瑞穂)の夫人・宮子(初井言榮)が、後援会長(小松方正)を通じて彼女に調査を依頼したものでした。

宮子(初井言榮)は、昭夫(前田吟)のスキャンダルを見つけ、後継者の約束を無効にして、自分の息子を後継者にしたかったのです。

秋子(市原悦子)は、マキ(長谷直美)に対して、赤ん坊は氏家(鈴木瑞穂)の“ご落胤”であるという嘘をついて事態を混乱させますが……。

スポンサードリンク↓

なぜ代議士秘書がエリートなのかがわかる


本作は、放送当時、視聴率が29.1%。前作の30.9%にはわずかに及びませんでしたが、ドル箱シリーズとしての評価を固める結果を出しました。

ただ、タイトルで使われる「エリート」の定義が定かではありません。

前作の『エリート家庭の浮気の秘密 みだれて…』の場合、財務省主計局のキャリア官僚の家庭が舞台だったので、何となくわかります。

今回は、代議士秘書の家庭が舞台です。

代議士ではなく、その秘書です。

エリートというより、縁の下の力持ちというイメージが強いのですが、秘書もいろいろいて、長年支えてきた後継者の秘書は、代議士並みに集金力があるようです。

というより、優秀な秘書の集金力があってこその代議士なんでしょうね。

本作が放送された頃は、リクルート事件で、疑惑の代議士が「秘書が……」という言い訳をしていたので、それが企画に反映されているのではないかと思います。

そして、本作は、80年代のアイドル黄金期を思い出す、懐かしく悲しいアイドル、菊地陽子が出演しています。

菊地陽子
Google検索画面より

堀越学園の同期生では、本田美奈子や岡田有希子が亡くなっていますが、それよりも前に、菊地陽子は本田美奈子と同じ病気で亡くなっています。

「死ぬときはがんで死にたい」なんて、とくに医師がよく言います。

即死ではないので、人生の幕引きをじっくり考えられるかららしいのですが、まだ将来ある若い人が、長い闘病の末に亡くなるがんは壮絶で悲しいだけです。

私も、血縁や姻戚に同系統の病気になった人がいて、亡くなった人もいます。

ですから、私はたとえ100歳で無治療であっても、決してなりたい病気とは思いませんし、彼女の病気を、家族や近親者としても含めて経験した者は、よくある「がんになってありがとう」のような合理性を感じない“ボジティブシンキング”など、口が裂けても言えないと思います。

それはともかくとして、彼女のファンなら、今更かもしれませんが、本作をご覧なれば、80年代の追憶が余韻として残ることでしょう。

【家政婦は見た!関連記事】
『熱い空気(家政婦は見た!)』市原悦子、野村昭子、石井トミコ
『家政婦は見た!エリート家庭の浮気の秘密 みだれて…』市原悦子

家政婦は見た! DVD-BOX1

家政婦は見た! DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2009/12/01
  • メディア: DVD


スポンサーリンク↓


nice!(283)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 283

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます