So-net無料ブログ作成

クロマグロやメバチマグロ毒性記事からキンメダイ騒動を思い出す

鮪の刺身

クロマグロやメバチマグロには、メチル水銀の神経毒性があるので、妊婦は「1週間当たり80グラム程度」の摂取に留めることを厚労省が勧告しています。その話を、昨日発売(7日付)の『日刊ゲンダイ』連載「不安材料がいっぱい!!現役内科医が警告「私が絶対口にしない食品10」(大西睦子)」が書いていますが、これはとくに新しい話ではなく、もとはといえばキンメダイ騒動に始まったことでした。

私が絶対口にしない食品10
『日刊ゲンダイ』(2015年8月7日付より)

記事はまず、ツナ缶などに入っているリン酸塩に言及しています。

リンというのは、本来人間の体づくりに必要なミネラルのひとつです。

が、乳製品や肉などから摂取できる有機リンだけでなく、ツナ缶の防腐剤やインスタントラーメンのかんすい、チーズの乳化剤などに使われているリン酸塩を摂ることで、1日に必要なリン摂取量をオーバーし、心血管疾患のリスク増加をもたらすと記事は警告しています。

要するに、平均的な食事なら問題ないが、インスタント食品や缶詰など“お手軽な食事”は控えましょう、ということでしょうか。

麺ほぐし

このブログでは、インスタントラーメンの記事をたくさん書いていますけど、たまにはいいですよね。

【インスタントラーメン関連記事】
レンジでらくチン 野菜ラーメンでサッポロ一番ちゃんぽんを作る
カップヌードルとスープヌードル、どう違うの?
インスタントラーメン、袋麺が人気急上昇!?
長崎タンメン、復刻版を味わう!
カップヌードルと中華料理店症候群
カップヌードルは美味しくなったか

もうひとつは、妊婦によるマグロの過剰摂取です。

厚労省が、「妊婦がクロマグロやメバチマグロを食べるのは、1週間当たり80グラム程度に」と勧告。

食物連鎖の大きいマグロに含まれるメチル水銀は神経毒性を持ち、母体を通じて胎児や発育中の幼児に害をもたらすリスクがあると記事には書かれています。

この、「妊婦は食べてはいけない」は、10年前の2005年8月13日に、厚労省の薬事・食品審議会が発表したことで、とくに目新しい話ではありません。

むしろこの記事で、その報道の原因となる、キンメダイ問題のスッタモンダを思い出しました。

スポンサードリンク↓

キンメダイはほんとうに危険だったのか


キンメダイ

2003年6月3日、厚生労働省が、「胎児に影響を及ぼすおそれがあるレベルのメチル水銀を含有している」ため、妊婦がキンメダイを食べるのは週2回以下が望ましい、という注意勧告を行って話題になりました。

しかし、厚生労働省のリスク計算は、まことに奇妙なものでした。

そうしたリスクは、本来「濃度×摂取量」で決まりますが、このとき厚生労働省が使ったのは、「濃度×1日摂食量」でした。

「1日摂食量」とは、たまたま1日に食べる量の平均値であり、1年間の摂取量を365で割ったものではありません。

「たまたま食べた1日の量」を「1年間毎日その量を食べている」かのように計算し、その量の多さでリスクを「喚起」しているという、およそ科学的ではない算出をしたのです。

やり玉に挙がったキンメダイは、魚の中でも食べる頻度はそう多いものではないのに、食べた日の平均を「1日摂食量」として計算して、切り身一切れ分(76.8g)を1年間食べ続けていることにしています。

その一方で、寿司や刺身で食べる機会がキンメダイの何倍も多いはずのマグロは、やはり食べた日の平均が2カン程度の「21.2g」と計算されているため、(年間の摂取量では明らかにマグロの方が多くても)キンメダイよりは危険ではない、ということにされました。

それによってキンメダイの売上が激減。現場の漁業関係者は猛抗議です。

そこで同省は2年後の2005年8月12日、その修正版を発表。

やっと、今回の記事に書かれた「クロマグロやメバチマグロ」がとりあげられたのです。

ただ、修正版にしても、メチル水銀の濃度だけで「リスク」を判断しているため、たとえばバンドウイルカのような、日本人が食べる機会がなくても濃度は高いだけで、「警告」されるものが出てくる、新たな問題点も残しました。

この手のリリースは、お役所発表ですら、トンデモの場合があるということは知っておいてよいでしょう。

今回取り沙汰されている「80グラム」というのは、握り寿司で8カン程度。

寿司.jpg

苦痛を感じるほど少ない量というわけでもないし、妊婦は留意しておいて間違いはないと思います。

ただし、対象を「妊娠している方、またはその可能性のある方」に限定しているので、それ以外の方は対象外です。

歪曲報道 巨大メディアの「騙しの手口」

歪曲報道 巨大メディアの「騙しの手口」

  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2006/10/05
  • メディア: Kindle版


スポンサーリンク↓


nice!(281)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 281

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます