So-net無料ブログ作成

『乱れ雲』司葉子、加山雄三による“許されざる愛”

乱れ雲

『乱れ雲』(1967年、東宝)を観ました。女性映画の名将と言われる成瀬巳喜男監督に、松山善三脚本という黄金コンビです。主演は司葉子と加山雄三。通産省官僚である夫のアメリカ行きが決まり夢いっぱいの妻。しかし夫が突然交通事故で死亡。運命は大きくかわり、被害者と加害者の男女の愛の葛藤が始まります。



江田宏(土屋嘉男)は通産省のキャリア官僚。米国派遣の辞令を受け、妻の由美子(司葉子)は妊娠していることを知ったばかりという幸福の絶頂にいました。

ところが、江田宏(土屋嘉男)は交通事故で死亡という知らせが。

加害者の三島史郎(加山雄三)は堂々と告別式に現れます。

事故は不可抗力と認められ、史郎(加山雄三)は無罪になりましたが、商社マンが通産省の役人をひいてしまったことで人事上タダではすまず、青森へとばされてしまいました。

そして、婚約者だった常務の娘(浜美枝)も青森行きを拒否して婚約も解消となります。

史郎(加山雄三)は無罪だから賠償も義務がないということになっているのですが、自分の気持ちから毎月1万5000円を10年間由美子に支払うと、由美子の姉文子(草笛光子)に約束しました。

由美子は夫の両親から籍を抜かれ、胎内の子も堕胎しました。

まじめに突っ込むと、このへんが不可解です。

刑事的に無罪なのと、民事の賠償が必要かどうかは別問題では? ということと、現代の法律では、結婚すると親子は戸籍がわかれますから、息子夫婦の戸籍は両親とは別のはずで、両親が勝手に籍を抜くことはできないのではないでしょうか。

それは措くとして、由美子(司葉子)は、義姉(森光子)が守っている実家の旅館に帰ります。

そこは十和田湖の近くのため、史郎(加山雄三)との距離が近くなってしまいました。

由美子(司葉子)は史郎(加山雄三)に、自分は籍を抜かれて「嫁」ではなくなったから、お金をいただく理由がなくなったと断りに来ます。

一方、史郎(加山雄三)の方は、お金を渡しているうちに、彼女に親しみを感じてしまい、会えなくなることが残念な気持ちになっています。

しかし、一方では加害者としての気持ちも忘れず、彼女のために自分は青森にいないほうがいいと転勤を希望しますが、出世コースから外れた者の転勤はもはや意味のないドサ回りで、駐在員もいない西パキスタンにとばされることになりました。

史郎(加山雄三)のまっすぐな人間性自体には好感を持っていた由美子(司葉子)は、別れの1日を十和田湖畔で過ごすことにしました。

が、史郎(加山雄三)が高熱のため一晩看病することになり、由美子(司葉子)は手を握ってという史郎(加山雄三)の願いにこたえて手を置き、いったん引っ込めた後、自分から手を握ります。

史郎(加山雄三)の発つ日、由美子(司葉子)は意を決して史郎(加山雄三)を訪ね、2人は旅館に向います。

そして旅館で2人は熱い抱擁を……

ところが、そのとき大どんでん返しが起こります。

以下、本編でご確認ください。


スポンサードリンク↓


テレビ版も司葉子だった


本作は、『乱れ雲』(1964年)と同じ、成瀬巳喜男監督、松山善三脚本、加山雄三主演なので、いわば「乱れ」シリーズといったところでしょうか。

『乱れる』高峰秀子と加山雄三による息も詰まる“禁断の愛”!

ネットのレビューを見ると、加山雄三の演技力では力不足だという意見もありますが、私は、今回のような禁断の非常識な関係には、よくも悪くも悪気を知らずに突き進む若大将魂の方がむしろいいのではないかと思います。

逆に、こまやかな演技をされたら、「禁断の非常識」を打ち破れるだけの説得力はなかったような気がします。

本作の上映の7年後、やはり司葉子主演による同じストーリーで、東宝がドラマ化しています。

タイトルは『もうひとつの愛』といい、月曜テレビスター劇場というMBS(毎日放送)の22時枠で、4話連続で放送されました。

東京では、テレビ朝日で放送されました。

毎日放送制作なのに、テレビ朝日で放送するのは奇妙だと思われますか。

現在は、TBSーMBS(毎日放送)、ANN(テレビ朝日)ーABC(朝日放送)という資本連携が明確なネット体制ですが、以前は、TBSとABC(朝日放送)、テレビ朝日と毎日放送がネットを組んでいました。

1975年に、東京キー局と大阪のネットチェンジが行われたのです。

司葉子の夫役は佐原健二、夫をひいた男が黒沢年男、その婚約者が酒井和歌子でした。

この頃、もう東宝の専属俳優制度はなかったと思いますが、主な出演者はみんな東宝出身です。

私はこのテレビドラマ版、残念ながらほとんど覚えていないのですが、たしか酒井和歌子が、「こんなことで負けちゃダメよ」と黒沢年男を励ますシーンがあったので、映画版の浜美枝ほど薄情ではなかったのだろうと思います。

映画から7年たっているので、人妻にいつしか惹かれる若い男というメロドラマ的な興趣はいっそう高まったでしょうね。

テレビドラマ版も、ぜひDVD化されればいいなと思っています。

乱れ雲 【東宝DVDシネマファンクラブ】

乱れ雲 【東宝DVDシネマファンクラブ】

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


スポンサーリンク↓


nice!(304)  [編集]
共通テーマ:映画

nice! 304

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます