So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

杉田かおる母親介護を「親孝行」の視点で済ませたいあなたに問う

杉田かおる

杉田かおるが先月12月23日に、自分の母親を介護施設に預けた話を書いたばかりですが、あれから3週間。14日に更新した自身のブログで、「1月6日6時30分母が永眠しました」と報告されています。先日とは少し違う視点て、今日もそのことに触れたいと思います。



先日の「介護施設に預けた話」では、杉田かおるは母親で苦労したことを杉田かおる自身も述べていたはずなのに、それでも介護を頑張れたのはどうしてだろう、という内容のことを書きました。

杉田かおる母親介護報道で考える、子はなぜ毒親でも介護するのか

そして、今回の訃報についてのまとめ記事です。

「美しく生き美しく旅立ちました」杉田かおる、母の永眠を報告

まとめ記事のコメントは、いつになく杉田かおるに理解があり、なるほどと思えるものも少なくありませんでした。

きっと、老親介護は誰にでもあり得ることだから、まじめに受け止めたのでしょう。

すべての話題で、そうあって欲しいですけどね。

>53歳で介護かあ…本当に偉いね感服するわ/お疲れ様でした

>ついこの前施設に預けたばかりだったのに早かったな

>自宅介護は限度があるよ/いい時に施設入れたのかもね

>施設に入れると鬼呼ばわりする奴がいるくらいだからな

>これだけ根性入れて介護したってことは/母からの愛がずっと欲しかった人なんだな

>毒親だったのになあ

立場と考え方によっていろいろご意見はあると思いますが、この経過をもって、「2週間で亡くなるのなら、介護施設には預けないで、最期まで自分で介護してあげてほしかった」などという「何もわかっちゃいない」コメントは、出てこないと私は信じたい。

杉田かおるのギリギリの選択と、それを諒とした母親の決意を踏みにじるものだからです。

スポンサーリンク↓

「自分は別」の「毒親」


さて、この件で、私が思ったことです。

親の「遺産」で、苦労させられた松本明子についてもそうですが、

松本明子の「肩の荷」、地方の実家は「資産」か「負の遺産」か

「親」で苦労させられている「子」の話になると、親の側からの擁護や理解だけを述べる意見をよく見聞きするのですが、私はそれはちょっと残念なことだと思っています。

客観的に「子」が「親」に苦労させられているケースから、それを自分のこととして受け止めることができているかどうか。つまり、自分はそうならないようにしようと真面目に考えているかどうか。

もしかして、そこから逃げていませんか、ということです。

まあ、そういう意見は、親で苦労したことのない人が善意で述べることもありますが、問題なのは、わが子の負担をかえりみたことのない親ですね。

「そうだよな、子どもに迷惑をかけることはいけないよな」ということは、理屈としてはわかるけれど、でも現実に親である自分のこととしては目をつぶりたい。

「親は親、子は子、それぞれの人生がある」という当たり前のことに反する、自分自身の子に対する甘えや押しつけと向き合いたくない。

そこで、「親孝行はいいこと」「親は大事なのだ」「親の話は聞いたほうがためになる」「親の気持ちを考える情は人として大事だ」等々、真っ向から反論できない言い分で逃げてそこは避けて通りたい。

そんな感じです。

でもね、

自分に都合の悪いことは、わかりたくないと逃げていたら、きっと子に対して同じように将来負担をかける、もしくは現在かけていることにならないか、という懸念が私にはあるのです。

親が子を不幸にする悲劇の本質は、そこにあるのではないでしょうか。

介護そのものも大変ですが、それは「順繰り」で誰でも年を取ればそうなります。

私がやるせないのは、「子」に迷惑をかける事を避けたいという課題と本気て向き合えない「毒親」マインドなのです。

その意味で、死期を悟ったのかどうかはわかりませんが、自分から介護施設に行き、「快適である」ことを娘に伝えて心配させずに最期を迎えた杉田かおるの母親は、決して根っからの「毒親」ではなかったし、杉田かおるもそうした母親の本質の優しさをわかっていたからこそ、ギリギリまで頑張れたのだろうと、私はこの件得心できたのです。

お子さんのいらっしゃるあなたは、ご自身をかえりみて「毒親ではない」といい切れますか?

杉田かおる女優ごっこ -
杉田かおる女優ごっこ - 鳥の詩 - 杉田かおる
鳥の詩 - 杉田かおる
スポンサーリンク↓


nice!(240)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:芸能

nice! 240

コメント 15

kiki

91歳の母は元気に一人暮らしをしていますが、
介護の問題は私の問題となりそうです。
by kiki (2018-01-15 20:37) 

pn

ほとんどの親は育てたんだから面倒見ろよ!的な考えじゃないのかな?
えーっと誰だったか忘れたけどお笑い芸人の親が売れた子供に養育費だか何だかを請求して子供が払ったって話があったと思うのですが、あれ物凄く納得いかなかった。どういう目で子供を見てどんな事を思って育てたんだろう?
by pn (2018-01-15 21:10) 

ナベちはる

私はまだ子供はいませんが、将来出来るであろう子供に「毒親」と思われないようにしたいです。
by ナベちはる (2018-01-15 22:40) 

末尾ルコ(アルベール)

杉田かおる母親介護を「親孝行」の視点で済ませたいあなたに問う・・・『雑居時代』は観ていた記憶があります。大原麗子が出ていたのですね。それも朧気に記憶にあるような。多分子どもの頃のわたしには大原麗子のような「大人の美女」的雰囲気のある女優は引っ掛かってこなくて、高橋洋子のように一見素朴な女優が「好み」だったのだとあらためて思いました。中学2~3年からは好みもグッと変わってきましたけれど。
「親子」の問題は当事者以外の人間はなかなか理解しづらいものですが、人間洞察が奥深いいっぷく様の観点は常に大いなる指針となっていただけます。わたしはいまだ「妻も子もなし」(笑)で、「自分が親であれば」という仮定は想像する他ないですが、もし子どもがおれば間違いなくある程度の年齢からはその自由や意見を尊重すると思います。それ以前に、常にコミュニケーションを取るようにしますね。これは「言うだけ」なら簡単ですが、多くの家庭ではできてないことだと思います。現にわたしと父とは、「人生の大事な要素」についてのコミュニケーションがまったく取れていませんでした。父はそういうことに直面するタイプではなかったですね。大雑把に、「医者か教師になれ」と子どもの頃から吹き込もうとするだけでした。父に対しての敬意や親しみは、亡くなってからもう20年以上経た現在、あらためて問い直すべきこともあるのだと考えていますが、彼がわたしに子どもの頃から言い続けていた「情報」に「嘘(あるいは大間違い)」がいくつもあったことは、いまだ承服できないです。親子だからこそ話しづらい話題もいろいろあるでしょうが、できる限り向き合わないと、あとあと響いてくるものだと、わたしと父の関係を見ただけでもそれがよく分かります。
そしてこれも非常に基本的なことで、だからこそ困難な心理的作業となりますが、常に「相手の立場に立つ」ということですね。まるで小学校の道徳の時間(笑)のように聞こえるかもしれませんが、実は「相手の立場に立つ」ということは絶対に不可能なのです。しかしそれでも一旦「自我」から離れて、「相手の心理を深く推し量ろう」と努力する作業を忘れなければ、人間関係もいろいろと違ってくるのだと思います。

>加山雄三がブラックジャックをドラマで演じて、いまだにボロくそに叩かれてます。

このドラマ、わたしも当時始まった時は、(え~~??)と思ったのですが、今だと逆に(おもしろそう)と感じますね。漫画ファンやアニメファンの中には「実写化」というだけで毛嫌いする人たちがかなりいるようですが、原則「違うもの」としておもしろがってほしいといつも思います。わたしが映画やドラマを観る大きな愉しみの一つが、「人間が人間を演じる」姿を観ることであり、その意味で、アニメなどしか観ない人たちについては、もちろん個人の自由ではありますが(笑)、(う~ん、どうかなあ)といつも感じているところです。「実写もアニメも愉しめる」というのであれば何ら問題はないのですが、「アニメだえ」って人がどんどん増えている感がありまして。しかも昨今、「漫画さえ読まない」若い人が増えていて、何をしているかと言えば、SNSとかゲームなどなんですよね。これでは「人間の文化」がどんどん先細りしていくと、これもわたしの大きな懸念の一つです。言い換えれば、「人間に対する興味」の希薄化ですよね。

>吉永小百合と岸恵子の暴露本が見たい。

これは確かに戦後日本映画史を揺さぶる話題となるでしょうね。もし可能であれば、クオリティの高い内容が可能な書き手にやってもらいたいですね。「暴露本」と言うとあれですが、リアルな評伝のような感じで。
岸恵子の若い頃の出演作はあまり観てないのですが、『雪国』での終始甲高い声でハイボルテージの演技をする姿は驚きでした。わたしが岸恵子を知った頃は既に「立派な人」化(笑)していましたから。でも結婚式で川端康成が立会人になったとか、サルトルやコクトー、マルローなどと親交があったとか知ると、やはり邦画全盛期の女優のスケールの大きさを感じます。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-01-15 23:24) 

ゆりあ

我が家の場合、子供は息子が一人。
子供の頃はちょっと干渉しすぎたかなって部分はありますけど、今は干渉することなく自由気ままに過ごしてます。
でも、夫婦どちらか倒れたら真っ先に彼に負担が行くだろうなって思うと、いろいろ手立てを今の内から考えておかないといけませんよね^^;
親の事ばかり考えていましたが、視点を変えたら自分たちの先も考えなくてはいけないんだなって思いました。
by ゆりあ (2018-01-15 23:29) 

藤並 香衣

うちの姑は「子は親の老後を見させるために産む」
と言い周囲をドン引きさせていますが
本人は至って普通の事だと思っているようです
テレビで親元を離れて海外で生活している人を見ると
「こんな子を持った親は不幸だ」と決めつけています
ちょうどいい反面教師だと思って見ています
by 藤並 香衣 (2018-01-16 00:30) 

うつ夫

いずれにしても切ない話ですねえ。
by うつ夫 (2018-01-16 01:17) 

Rinko

親は親、子は子の人生をそれぞれが尊重できる間柄でいたいとこういう記事を読むたびに感じます。
by Rinko (2018-01-16 08:06) 

kou

私の場合は義母と同居中で、しかも両親もまだ健在です。正直な話し、自身で動ける家は見守りたいと思っていますが、寝たきりになった場合はやはり施設を利用すると思います。
これは、自分の親の希望でも有り、息子にもそうさせるつもりです。ただ、現実的には資金面も有り必ずそうするとは言い切れませんが、本当に老老介護は大変な事ですから・・・
ただ、施設を利用しても頻繁に家には連れて帰り、面会にも頻繁に行こうとは思ってます。

政治家の亀井氏は「親の面倒を最後まで自宅で見るのは日本人の美徳だ」と話されていましたが、これにはちょっと違和感がありますね。
by kou (2018-01-16 08:52) 

Take-Zee

こんにちは!
杉田かおるさん、昔のお友達に似て来て
ときおり、ビックリします!

by Take-Zee (2018-01-16 09:39) 

johncomeback

毒親にはなりたくないですね。
老後、子供達に全く負担をかけないのは難しいですが、
せめて経済的な負担はかけないようにと夫婦で話し合っています。
by johncomeback (2018-01-16 11:01) 

チャー

杉田さんのお母様が亡くなられた事を 始めて知りました
毒親説 色々ありますが 私は 最終的にはそうではないと思います
彼女が最後まで親を思う気持ち
これは 母親の教育からなるものだと思います
良い教育だけでなく 反面教師もある意味良い教育に繋がるとも思います これが良いとは言いませんが
それでも 親子の繋がり 人を思う心があることが大切です
毒親 子供が 立派?に成長しているなら 毒親だったとは言えないと思います
世の中には 悲しい事件もありますね、
by チャー (2018-01-16 12:11) 

kyo

母と二人暮らしの私にも、そう遠い話ではないので、いろいろと身につまされる気がします。

by kyo (2018-01-16 16:34) 

sana

杉田かおるさんのお母さん、自分から施設に行き、快適だと伝えたのですか。
それはよかったですね!
どんな親御さんだったのか存じませんが‥
最後には心が通いあえたのですね。
家族の人数が少ない時代、世話をしたくても出来ない事情がある人は多いと思います。
最後のほうは必ず、素人では無理な病状にもなってきます。

ごく普通の親でも、立派な親でも、年をとると判断力が鈍ります。その相手をするのは大変ですよ。
晩年の病気の性質によっては、人が変わったようにきつくなったり暴れたりすることもあります。
うちの場合は、介護10年と在宅が長く、半ばはボケてきて、世話は大変でしたが、別人のようにはならず、いつも私に感謝してくれました。そのことは幸運だったとありがたく思っています。

一時預かりも嫌がりましたが、そもそも預かって欲しくてもなかなか空きがなくて入れないんですよ。足りないんです。
どういう病院、どういう介護施設にいつどれぐらい入れるのが良いかは、家族はもちろん、担当のケアマネさんも病院側も真剣に取り組んでいることです。
原則であるかのように勝手なことを言えるのは、そういう現実を知らない人なのでしょうね。
政治家は全員、半日でいいから、世話をしてみてくださいと言いたいです^^
by sana (2018-01-16 22:48) 

伊閣蝶

いっぷくさんのご見解に納得です。
子供に負担をかけまいとしてそれを態度で表す親は、もしかするとかなり少ないのではないかと思いますから。

ただし、(本音はどうかわかりませんが)私たちの世代(60歳代)くらいの仲間たちは、真剣に「子供の世話にはならない」と考えてる人が少なからずいます。

私の親の世代は、子が親の面倒を見るのは、それまで育ててもらってきた恩を鑑みても当たり前、という意識が強いように思われます。
by 伊閣蝶 (2018-01-17 12:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます