So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

貴乃花親方が「確執になっちゃう」のは人格の問題なのか?

貴乃花親方が「確執になっちゃう」

大相撲の日馬富士殴打事件報道は、日馬富士VS貴ノ岩から、貴乃花親方VS白鵬の様相を呈していますが、その間にも一貫して行われているのが、貴乃花親方に対する人格批判です。「普通」でないいかなる「個性」にも牙をむくマスコミ報道は、障害者差別と軌を一にするものを感じます。



貴乃花親方に対する人格批判、今度は兄の花田虎上が出てきました。

「他人が入るとダメ」花田虎上、貴乃花親方との絶縁理由激白

マスコミの、ターゲットに対する容赦のない叩きぶりは、一昨日の野村沙知代さんでも書きました。

野村沙知代さん訃報を受けてマスコミバッシングを思い出す

私が、今回の虎上の話で自戒を込めて指摘しておきたいのは、虎上は貴乃花親方をこう論評していることです。

「とにかく、付き合うとみんな確執になっちゃいますよね」

トラブルが続くのは、貴乃花親方に何かしら問題があるに決まっている、という話です。

これ、私たちも、ついやってしまう誤りだと思いませんか。

複数のトラブルを経験した(している)人は、きっと他者とうまくやっていけない人格的に問題のある奴にきまっている、という思い込みのレッテルを貼ってしまうのが、とくに揉め事の嫌いな日本社会の習い性になっているように思います。

げんに、コメントの中にも、貴乃花親方を「人格障害」呼ばわりしているものがありましたが、まあ、そいつは貴乃花親方に名誉毀損で訴えられたら負けますけどね。

それはともかくとして、人格批判レッテルは全く論理的ではないですよね。

そもそも貴乃花親方の人間関係のトラブルは、少なくともマスコミに出ているのは、あの母親と虎上と、今回だけだと思うのですが、それだけで「みんな」などと表現するのは、印象操作というものでしょう。

マジレスすれば、トラブルの一つ一つについて、どっちが悪いのか、なぜそのトラブルが起こったかを見なければ、貴乃花親方の「人格」に由来するかどうかなんてわからないじゃないですか。

私は、貴乃花親方の、「虎上氏」ら肉親との確執も、真相はよくわかりません。

ただいえることは、先代の貴乃花親方の咽頭がんの闘病について、発病⇒治療⇒再発⇒死亡に至るまで、都度都度に報告したのは貴乃花親方であり、それはとりもなおさず、貴乃花親方夫妻が、先代の闘病の介護に関わっていたことを示唆しています。

「虎上氏」にいくら言い分があっても、重篤ながん患者のお世話をしたという実績に勝るものはないと私は思います。

親の闘病で苦労したことのない人々は、そういうことがわからない。

野村沙知代さんのときも書きましたが、好き嫌いはあっていいし、もとより貴乃花親方が無謬であるという話でもありません。

でも、批判の仕方で、それこそその人の、人格や知性がわかってしまうんだなあ、ということを感じています。

家族の確執で小遣い稼ぎするような絶縁の「元身内」など気にせず、貴乃花親方は納得いくように戦えばいいのではないでしょうか。私もこんな強い人間になりたいですよ。

スポンサーリンク↓

さつまいもペースト&さつまいものつぶ入り


今日のオヤツは、エッセンシャルスーパーカップ スイートポテト味(明治)です。

エッセンシャルスーパーカップ

エッセルならではの、なめらかでコクのある大盛りアイスに、

エッセンシャルスーパーカップ

さつまいもペースト&さつまいものつぶ入りなので、「スイートポテト味」です。

エッセンシャルスーパーカップ
小さい粒が確かに入っています

さつまいもペーストとさつまいもの粒を混ぜ込んでいるので、スイートポテトのような味わいと、さつまいものつぶつぶ感が楽しめるのです。

まあ、エッセルスーパーカップといえば、改めてご紹介するものではないですね。

明治とは別のドメインで、エッセルブランドの公式サイトがあるぐらいですから、コアなファンは多いんでしょう。

もう新発売の「スイートポテト味」は召し上がりましたか、

明治エッセルスーパーカップ 超バニラ 24個入 -
明治エッセルスーパーカップ 超バニラ 24個入 -
スポンサーリンク↓


nice!(286)  コメント(17)  [編集]
共通テーマ:スポーツ

nice! 286

コメント 17

pn

他人とうまくやらなきゃいけないって空気は嫌いですね。
って言うか何でもいいから言う事聞けよ的な態度をとる人の気が知れない、だいたいさぁ(以下仕事の愚痴なので端折ります)
by pn (2017-12-10 21:39) 

nikki

何も話さないから憶測を呼んでいると思います。
親方の考えがあると思います。
また手のひら返しがあると思う。
あげたり、下げたりいそがしい。
スイートポテト入りのアイスがあるのですね。

かつや行ってきました。結構お客さんいました。
by nikki (2017-12-10 22:40) 

末尾ルコ(アルベール)

貴乃花親方が「確執になっちゃう」のは人格の問題なのか?・・・このところいっぷく様のお記事を拝読させていただくことで、わたしの中の貴乃花の株が急上昇中です(笑)。野村夫人に関するコメントを書かせていただいた後で思い出したのですが、貴乃花は宮沢りえとの「破局」の時にも大バッシングを浴びましたね。多くのコメンテーターが、「鬼畜の如き貴乃花が憐れな宮沢りえをポイ捨てにした」という文脈でボロカスに言っていたことを記憶しています。ことの真相はもちろんわたしは知りませんが、貴乃花は既にあの時に、「大ヒーロー」から「大ヒール」へ「上げて、堕とされる」経験をしていることになります。それにしてもまだ未熟な若者同士の恋愛→破局で天変地異のようなバカ騒ぎを演出し、一方を「人間のクズ」のような方向に持って行ったやり方には大きな違和感を持ちました。そもそも男女関係というものは、「捨てられた」ように見える方が、実は「そうなるように持って行っていた」と言うパターンは、一般人の世界でも珍しくないと思うのですが。それにしても花田虎上には言ってほしくないでしょうね、貴乃花も。
もともとわたしは、「優秀な表現者」であれば、「作品と私生活は切り離して考える」のが基本であり、よく例えに出すのですが、画家のカラヴァッジョが殺人を犯しているからといって、彼の作品を「殺人犯が描いたものだから、焼いて捨てろ!」とは考えません。アスリートやプロレスラーにとっては、「試合が作品」なので、まず第一は「選手としてどうだったか・どうであるか」です。

エッセンシャルスーパーカップ スイートポテト味・・・これはもう定番になっております。バニラと比べたら、ねっとり感が強いところが秋冬に合っていると思います。実は本日はバニラを食べたのですが(笑)。

本当はハンセンの「ウィー」とかは特に問題ないのですが(笑)、中途半端なレスラーが観客アピールばかり力が入っている場合も続々出てきた感があり、その点も今後書いていこうと思っています。プロレスですから、「分かりやすさ」は必要なのですが、それが過度になると「幼稚さ」につながり、まあ今のプロレスはそれが行きつくところまで行きついている感はありますが、昔から「技をやる前のアピール」はいろいろありましたが、「やるべき人がやるべき時にやる」のはいいと思いますが、割と中途半端な選手は「判で押したようにいつもやる」というのがどうしても目立ってしまってました。

ロビンソンって、シュートがそれほど強くない説があるわけですね。何か、いかにも「隠し技」とか持っていそうな感じはありましたが、確かにやたらと「カッコつけ」のところはありました。「紳士ぶる」ところは目立ちましたね。村松友視もその辺りが気に入らなかったのだと思います。わたしの父は比較的「いい人な雰囲気」に騙されやすいところがあって、ロビンソンが馬場に負けた試合後に、チャンピオンベルトを巻く手伝いをしているところを見て、「ロビンソンという男は、ええ人間やねえ」と感心しておりました。いささか人間を見る目が甘い父でした。
確かUWFインターは、ルー・テーズ、ビル・ロビンソン、ダニー・ホッジを最高顧問にしていましたよね。プロレス誌のインタヴューで安生が、「テーズと言ってもおじいちゃんだし、特に学ぶところはない」的な発言をしていたのを覚えています。ロビンソンは猪木戦では、細かい技では猪木を押していたように見えました。
ゴッチは新日旗揚げ時の、テーズとのタッグの時点でも動きが尋常じゃありませんよね。「物凄く強かった」という神話に説得力はあります。そう言えば、ロビンソンは過度にスポーツライクな雰囲気を醸し出そうとする傾向がありましたね。

>アントニオをリンチしたり、ロジャースを怪我させたりしてプロモーターの信用を失ってしまうことで

この辺りがファンにとってはこたえられないところでもありますよね(笑)。ブロック・レスナーもザ・ロックをリンチにしていれば伝説になっていたかもしれません(笑)。まあレスナーはUFCでその力のほどがバレてしまいましたが。ゴッチには、「いざとなったら、相手の目をくり抜くかも」なんていうイメージが、猪木と共通していましたね。ぜんぜんスポーツライクではないところが(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-12-10 23:16) 

ナベちはる

スイートポテト味のスーパーカップなのですね!
ペーストもそうですが、粒もいい味を出してくれていますね☆彡
by ナベちはる (2017-12-11 00:42) 

kou

仕事場でもよく言われますが、「みんなそう言っている」など「みんな」という言葉を使う人がいますが、実際はごく一部で、自分の意見が通りやすいように仕向けている場合が多いですね。
by kou (2017-12-11 07:41) 

Rinko

まさにおっしゃる通り、批判の仕方でその人の人格や知性が見えてきますね。
一歩引いて物事を歪めずに見る目を心して養いたいと思います。
by Rinko (2017-12-11 08:04) 

nisisyou36

「みんなそう言っている」という人がいれば、私はいつも「みんなって誰?」と聞き返しています(笑)。私は今回のゴタゴタの真相は知りませんが、貴乃花親方はものの考え方が真面目なんでしょうね。
by nisisyou36 (2017-12-11 09:00) 

Take-Zee

こんにちは!
マスコミは話題を作りたくて何でも弱点が
見つかると寄ってたかって突きまわします。

 これぞ、いじめの構造と思いますが・・・
by Take-Zee (2017-12-11 09:45) 

犬眉母

身内に「みんな」と言わせることで、
貴乃花親方を悪者にしたいマスコミのニーズに
虎上氏が応えたのだと思います。
そう察知して弟を誹謗した虎上氏のほうが
世渡りは上手いのでしょうけど、
公の電波で肉親を悪者にするなんて、
人としてはどうなの?という気もします。
by 犬眉母 (2017-12-11 09:52) 

アールグレイ

貴乃花親方、信念をもった立派な親方と思いますが
あまり固執してもどうなのかしらとちょっと心配になります。
お母さん、お兄さんとの絶縁状態も、親方の性格もあるかもしれませんね。
スーパーカップ、バニラは食べることはありますが
スイートポテトもあるのですね。食べてみたいです^^
by アールグレイ (2017-12-11 10:05) 

renbajinharuhi

とかく少数派を悪者にしたがる多数決の暴力がこの国からはなかなかなくなりません。
少数派が信念を貫くことの難しさをつくづく感じます。
自分の意見を正当化したい人は3人が賛同すれば「みんな」という表現を使うとどこかで読んだ記憶があります。
by renbajinharuhi (2017-12-11 10:11) 

チャー

貴乃花も少し 意固地になっている感じはありますが 真面目一本やり
損していますね
相撲協会の見えない 意図が泥沼化?
気持ちいい 決まり手が欲しいところです
by チャー (2017-12-11 10:14) 

斗夢

時々お前は何様のつもりだと云いたくなります
だろうとか~と聞いたとかはいいから真実がはっきりした時
報じろといいたい
by 斗夢 (2017-12-11 12:36) 

johncomeback

スーパーカップは冷蔵庫に常備してあります。
一番売れてるカップアイスらしいですね。
スイートポテト味は未食、見かけたら買います。
by johncomeback (2017-12-11 12:41) 

makkun

貴乃花親方の固執は
ガチンコ相撲を取っていた貴乃花ならではの思いで
モンゴル人同士の仲良し相撲取りへの
反旗だと思ってるのですが違うんでしょうかね~
相撲協会への不信感も多いようですが・・・

by makkun (2017-12-11 14:49) 

kohtyan

貴乃花親方は、現役時代の大きな実績、相撲協会の理事に選ばれており、人格上の問題などあるとは思えません。
マスコミの売らんがためのパッシング記事でしょう。
相撲協会のブラックボックスをこの際、解明してほしいです。
by kohtyan (2017-12-11 18:49) 

ヨッシーパパ

ラクトアイスなので、質より量を好んでいた子どもの頃は、良く食べました。
by ヨッシーパパ (2017-12-11 18:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます