So-net無料ブログ作成

鶏そば小鳥(大田区池上)の鶏塩そばと鶏白湯そば

鶏そば小鳥

『鶏そば小鳥』(大田区池上)という、食べログでも注目されているお店に行ってきました。場所は大田区池上。鶏塩そば、鶏白湯そば、鶏そばつけ麺、鶏飯など、鶏メニューのみで勝負しているお店です。食べログも評価も最近上がっています。



先日、くろむぎ堂という、デカ盛りもりそばのお店をご紹介しました。

くろむぎ堂の大盛り

同店は、東急池上線池上駅を下車して、徒歩2分(170メートル)。

東京電力大田営業センターに向かう、東電通り会という商店街にあり、池上本門寺の参拝者が帰りに寄るお店として知られています。

そのくろむぎ堂の2軒隣りにあるのが、『鶏そば小鳥』という、文字通り鶏そば専門店のお店です。

鶏そば小鳥

メニューは、鶏関係のラーメンと鶏飯だけ。

鶏白湯そば

鶏つけ麺

鶏めし

鶏塩そば

電話番号も公開せず、今時公式サイトも開設しない“北向き”(時流に乗らず偏屈に見えること)なお店ですが、食べログでは少しずつ、おおむね良い評価のレビューが書き連ねられていました。

カウンター16席。店員は一人だけ。店主かどうかはわかりません。

にこりともせず、注文を聞いて作り始めたので、「あなた店主?」とは聞きづらかったのです。

食べログのレビューにもマイナス点として書かれていますが、確かにチョット無愛想かな。

そんな顔色をうかがったわけではないのですが、初めての店は基本メニューのみで試す、という自分で決めたことを破って、今回は味玉を付けてしまいました(小心)

リピするかどうか判断するため、妻と来たのですが、妻は味玉鶏塩そば、私は味玉鶏白湯そばを注文。ともに900円です。

これが味玉鶏塩そばです。

味玉鶏塩そば

土鍋で、きました。端がちょっと欠けてますが……。

画像ではわかりにくいのですが、鍋焼きうどんのようにグツグツしていました。

味玉鶏白湯そばはこちら。

味玉鶏白湯そば

ねぎ、豚バラチャーシュー、めんま、鶏そぼろなどが入っています。

めんまがやけに細かったですね。

味玉鶏白湯そば

味は、濃厚という意見もありますが、私にはあっさり目に感じられました。

以前、餃子の王将の白湯ラーメンをご紹介したことがありましたが、あちらはもっと濃かったですね。

鶏白湯ラーメン

それでいて、しっかりお腹にはたまるので、ラーメンライスでないと気がすまない私も、鶏飯までは注文できませんでした。

今回は食べなかったのですが、つけ麺は氷締めをしているそうで、作り方はきちんとしています。

無愛想なところを、どう評価するかですね。

池上は、駅前商店街の飲食店に撤退が続き、やっと最近になって、チェーン店系の『かつや』『松屋』『横浜家系ラーメン 希家 池上店』などが定着しつつあるところですが、非チェーン店の『鶏そば小鳥』も、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

池上本門寺にこられた時は、くろむぎ堂か、この鶏そば小鳥、1度お試しください。

スポンサーリンク↓

付記


……と書いたのですが、鶏そば小鳥はこのあと間もなく閉店してしまいました。

そして、居抜きで新しく開店したのが、生姜ラーメンの麺処美空(びくう)です。

こちらはこちらで個性あるいいお店です。

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

日替わり弁当のみで年商70億円スタンフォード大学MBAの教材に 東京大田区・弁当屋のすごい経営

日替わり弁当のみで年商70億円スタンフォード大学MBAの教材に 東京大田区・弁当屋のすごい経営

  • 作者: 菅原 勇一郎
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2018/11/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スポンサーリンク↓


[編集]
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます