So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

とり天ちゃんぽんか、とり天+ちゃんぽんか、リンガーハット

とり天ちゃんぽんか、とり天+ちゃんぽんか、リンガーハット

リンガーハットの新メニュー『とり天ちゃんぽん』が話題になっていたので、リンガーハット大森店に行ってきました。ランチタイムだったので、Aランチと『とり天』単品を注文しました。国産鶏のむね肉をやわらかい衣で包んだ食べやすい天ぷらでした。



『リンガーハット大森店』は、JR大森駅東口を出て徒歩1分ほどのところ。つまりすぐそばです。

リンガーハット大森店

隣には『野郎ラーメン』があります。

ブタックカードを獲得以来、9ヶ月でたったの1度しか利用していないので、一瞬迷いましたが、やはり初志貫徹ということで『リンガーハット大森店』へ。

近年、麺の量が若干減ったような気がしますし、赤字店の整理もありましたが、保存料・合成着色料不使用を宣言し、国産野菜を十分に使った長崎ちゃんぽんは、やはり魅力的なメニューです。

食品添加物や、輸入野菜の残留農薬など、気にしない人は全く気にしないようですが、やはりできるなら頭の片隅には置いておかれてはいかがでしょう。

猛毒でなければ、「ただちに影響はない」かもしれませんが、避けることができるならそれに超したことはありません。

さて、『とり天』にしろ、『とり天ちゃんぽん』にしろ、新発売のためか、まだリンガーハットの公式メニューにも載っていません。

でもそういうものほどレア人気といいますか、ネットではもうレビュー記事があります。

Aランチとは、長崎ちゃんぽんに餃子5ヶ。

Aランチ

麺増量は1.5倍と2倍がありますが、私はこういうときは、2倍を前提に値付けしているのだろうと2倍を頼みます。

麺増量2倍

餃子は、リンガーハットのメインメニューではありませんが人気があります。

表はパリッ、裏面はやわらない薄めの皮で、一口でも食べてしまえるサイズ。

具材はキャベツが中心で、女性にも人気があるそうです。

そして、お目当てのとり天。350円

とり天

胸肉だけにやわらかいですね。外の衣も破れない程度に薄くて食べやすいサイズです。

日本食鳥協会の公式サイトによると、むね肉は、「ビタミンの中で、ナイアシンの量が多い」そうです。

「口内炎や神経性胃炎を予防する」とも記載されています。

ちゃんぽんというと、海鮮の具材が中心ですが、そこに鶏肉が加わると、味も栄養もいっそう豊かになりますね。

リンガーハットは30年ぐらい前、「こんなのは本場の味と違うから長続きしない」と、味にうるさい私の職場の先輩は言っていましたが、このブログでご紹介するたびに空白県が埋まり、いよいよ残すは福島県と福井県だけになりました。

全国制覇ももうすぐですね。

お好きですか、リンガーハットの長崎ちゃんぽん。

スポンサーリンク↓

古き良き昭和時代の主題歌『アゲイン』


今日誕生日を迎えた有名人は、遠藤幸吉、山本達彦、浅野温子らがいますが、シンガーソングライターの山本達彦といえば、思い出すのは『アゲイン』という歌です。



『渚の女』(1980年1月10日~1980年3月27日、日本テレビ)という連続ドラマの主題歌だったので、よく覚えています。

浅丘ルリ子が、双子の姉妹の二役でした。

その姉夫婦(山本學・浅丘ルリ子)が殺害され、遺産を手にした妹夫婦(古谷一行・浅丘ルリ子)の夫が、双生児を利用して、姉妹の入れ替わりがあったのではないかと、疑惑を抱くサスペンス調のドラマです。

放送されていたのは木曜日22時でしたが、この頃は21時、22時台は1時間ものの連続ドラマが放送され、浅丘ルリ子や近藤正臣や山本陽子や松坂慶子などが、かわるがわる主演をつとめていました。

そして、この『渚の女』を最後に、次のクールからは2時間ドラマの枠(木曜ゴールデンドラマ)に替わり、1980年代は各局2時間ドラマの時代になります。

そういう意味では、1970年代の古き良き時代の最後のドラマの主題歌だったわけです。

埋め込みませんが、いい歌です。
https://youtu.be/QBMMU9iYGTE

今のドラマ出演者は、事務所の力によって、たとえばCM等次のビジネスに繋げるための手段としてドラマの出演を位置づけていますが、当時は、映画出身の俳優や新劇の役者など、芝居を本職と標榜する人たちが主要な役どころをしめた、見どころのあるドラマが放送されていました。

ドラマにしろ映画にしろ、当時とはあり方が変わってしまったのかもしれませんね。

エースコック タテロング リンガーハットの長崎ちゃんぽん 95g×12個 -
エースコック タテロング リンガーハットの長崎ちゃんぽん 95g×12個 -

アゲイン -
アゲイン -
スポンサーリンク↓


nice!(259)  コメント(21)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 259

コメント 21

ゆりあ

リンガーハットも、どんどんメニューを増やしているのですね。
確かに、海鮮の具が多いので鶏肉を使った天ぷらが加われば最強タッグですね^^
by ゆりあ (2018-03-04 23:58) 

ミケシマ

リンガーハット、以前うちのすぐ目の前にあったのに
一回も行かず…
そのうち撤退してしまいました(TДT)
今思えば、行っておけばよかった…
美味しそう…
by ミケシマ (2018-03-05 00:11) 

ナベちはる

リンガーハット、新発売したメニューがあるのですね!
私の自宅からそれほど遠くないショッピングセンターに入っているので、行ったら見てみてメニューに書いてあったら食べてみたいです。
by ナベちはる (2018-03-05 00:15) 

nikki

リンガーハット新ししメニューがあるのですね。
エビがなければ・・・。
by nikki (2018-03-05 00:45) 

うつ夫

大根おろしにつけて本格的ですね。
by うつ夫 (2018-03-05 01:01) 

末尾ルコ(アルベール)

とり天ちゃんぽんか、とり天+ちゃんぽんか、リンガーハット・・・リンガーハットって、イオン高知にできてたんですね。知りませんでした(笑)。イオン高知というのが高知では特殊な場所でして、高知県民、他に行くところあまりないものですので(笑)、特に土日祝日の混雑ぶりは常に大変なものがあります。駐車場の混雑も酷く、自宅から近くにあるので平日にはよく行きますが、土日祝日の昼間にはこのところ一切行ってません。でも長崎ちゃんぽんは魅力的ですね。しかも保存料・合成着色料不使用なのですね。わたしもそうしたことに、「神経質にも無頓着にもならず」とい感じのスタンスです。リンガーハット、近いうちに足を運びたいと思います。

古き良き昭和時代の主題歌『アゲイン』・・・『渚の女』は記憶にないですが、このところ2本、若き日の浅丘ルリ子出演作を鑑賞していますので(『愛の渇き』、『ギターを持った渡り鳥』)、「浅丘ルリ子」という文字には敏感です(笑)。そかも「双生児」なのですね(笑)。

>CM等次のビジネスに繋げるための手段

こういうの、見る人が見たら見え見えで、本当に辟易しますね。そうですよね、最近のドラマって、「人間」が見えてこないのは、ここに大きな原因がありますね。

>どちらも「そのことを語るのが好き」という点で共通しています(笑)

これ、すごくよく分かります。どちらの人たちとも親しくしたくないですね(笑)。まあどんな分野にも必ずいますね、「自分の話したいことだけ話して、人の話は一切聞かない人」。「そういう人たち」と分かれば、普通は二度と会いません。

志水一夫って、家にこの名が記された本が何冊となく存在していたような(笑)。父がそういうの好きでしたから。『ムー』とか『トワイライト・ゾーン』も毎月買っておりました、うちの父は。わたしも「信じる・信じない」のレベルではなく、半ば冷やかし的にそういうのを読むのは嫌いではなかったですが、『ムー』とか『トワイライト・ゾーン』とか、だいたいいつも同じような内容なんですね。わたしはすぐに飽きてしまいましたが、父は飽かずに読んでました。そう言えば子どもの頃は、日本文学全集や百科事典と並んで、書斎に五島勉の本が置いてましたです(笑)。『ノストラダムスの大予言』なんかも、どう読んでも益体のないこじつけとしか見えないはずですが、ああいうので盛り上がりたい人がとても多かったからこそベストセラーになったわけですよね。大衆社会というのは一歩間違えば、すぐに危険な方向へ行きますね。
志水一夫のプロフィールを見ると、ロリコン同人誌レビューもやっていたと書いているのが笑えます。何なんでしょう、この人は(笑)。

わたし、宜保愛子の霊視云々はもちろん信じてませんでしたが、「変なタレント」としては案外好きでした。「いかにも」な顔立ちとか、妙におっとりした佇まいとか、けっこう愛嬌があって、「変なタレント」としては出来上がっていたようで、笑わさせていただきました(笑)。織田無道とか江原啓之とか細木数子とかはどうもダメなんです。笑うに笑えないものが、わたしにとってはありました。

確かに船木は全盛期の猪木を見てないのだから、「猪木などを含めて最強を決める」というのはややおこがましい感じですね。まあわたしも含め、ファンはある程度自由に想像していいのだと思いますが、同じ世界にいる者は、もっと慎重に発言するべきかもしれません。
そして、藤田がPRIDEなどで実績を残したのは、ある程度MMAのルールや技術体系が整ってきた頃だし、藤田も「それ用」の練習をすることができたはずですよね。「タックル&パウンド」がMMAの試合で極めて有効であることもが理解されるのも、UFC開始からある程度の時間を必要としました。だから確かに船木が語るのであれば、せいぜい「船木よりやや上の世代から」にすべきなのでしょうね。

>大木、吉村対ハンス・シュミット、キラーバディ・オースチンの試合です。

じ、実は数日後にハンス・シュミットに関する記事をアップする予定なのです(笑)。わたしはジータスというチャンネルを、いっぷく様のコメントを拝読して初めて知りましたので、これは奇遇としか言いようがありません。普通、今どき、ハンス・シュミットの記事とか書く人、滅多にいませんから(笑)。
でもクラシックの強豪レスラーって、佇まいを見るだけでも愉しめるんですよね。いいですね~、大木、吉村対ハンス・シュミット、キラーバディ・オースチン!体格がかなり違うような気がしますが(笑)。馬場VSブラジルもいいですね~。二人とも人間離れしてますからね~。もちろん、「いい意味での」人間離れですが(笑)。

>ブラジルが、馬場に握手を求める

そうなんです、一流レスラー同士だから、そして滅多にないことだから、いろいろ想像を膨らませられるんですよね。それを今は内藤なんかが、「想像するのがプロレスファンの贅沢な時間」とか、自分で言ってしまいますから、なかなかの赤面ものです(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-03-05 01:19) 

pn

ああ昼はリンガーハット行こうかな、今日のコースは寄りやすい♪

by pn (2018-03-05 06:10) 

ヤマカゼ

やっぱりお値段がおてごろなのでは。
by ヤマカゼ (2018-03-05 06:39) 

なかちゃん

リンガーハット、知らなかったけど富山にもあるんですね ^^
ただ、調べてみたら我が家からは遠いなぁ。ちょっと食べに・・・という距離ではありません(^^;

by なかちゃん (2018-03-05 09:18) 

Rinko

リンガーハット、好きです^^
でも、娘たちを連れて行った事がなかったことに気づき、つい数週間前に連れて行ったんですよ~♪
by Rinko (2018-03-05 09:24) 

Take-Zee

こんにちは!
京急横須賀中央にリンガーハットはつぶれて
しまいました。 ですから気軽に行ける場所が
遠く久里浜に行かなくてなりません。

by Take-Zee (2018-03-05 09:58) 

poko

リンガーハットには行った事がないですが
とり天、餃子も美味しそうですね。
お昼前なので見てたらお腹空くわ~(^^;
by poko (2018-03-05 11:36) 

JUNKO

明後日大腸の検査を受けるので、我慢我慢の3日間です。
by JUNKO (2018-03-05 11:45) 

johncomeback

リンガーハットは拙宅の近くに存在せず、
隣町のイオンモールのフードコートに行かないと
なりません。10店舗位ある中でリンガーハットは
丸亀製麺に次いで人気があるようです。
by johncomeback (2018-03-05 12:03) 

makkun

肉は鶏が安心して食べられるので一番好きです(^^
リンガーハットに入ったのは30年位前ですので
たまには行って見たいものですね~d(*^o^*)b

by makkun (2018-03-05 12:10) 

little_me

リンガーハットの長崎ちゃんぽん
定期的に食べたくなります。
鳥天も美味しそうです^^
by little_me (2018-03-05 13:50) 

ニッキー

鳥天大好きなので、最近行ってないけど
是非ともリンガーハットに行かなければ(^O^)
by ニッキー (2018-03-05 14:23) 

kohtyan

本場の長崎ちゃんぽんを長崎で食べたことがありますが
都心のリンガーハットのちゃんぽんで充分満足できます。
とり天がでましたか、またこれが大好きなのです。
早速、訪ねてみましょう。

by kohtyan (2018-03-05 17:28) 

チャー

この次は 餃子の、代わりにとり天 かなー?(^^) 楽しみ♪
by チャー (2018-03-05 19:50) 

ヤッペママ

リンガーハットのちゃんぽんや皿うどんが我が家の人気商品です。こんどはとり天も候補にしましょう。
by ヤッペママ (2018-03-05 19:55) 

たじまーる

リンガーハットでとり天があるんですね(*^▽^*)
昨日娘と東京ソラマチの帰りに
はなまるうどんへ行きまして
うどんにとり天を入れましたが
ちゃんぽんにとり天が合いそうな感じ??はするかも
しれませんね(*^^*)
by たじまーる (2018-03-06 00:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます