So-net無料ブログ作成

『若大将対青大将』加山雄三、大谷茂、田中邦衛、酒井和歌子

若大将対青大将

『若大将対青大将』(1971年、東宝)を観ました。加山雄三主演の若大将シリーズ事実上の最終作です。本作で若大将は、若大将の座を後輩に譲り、自分はヒロインと結婚します。一方、青大将も大学をやっと卒業しますが、相変わらず女性にフラれる役どころに変わりはありません。



加山雄三主演の若大将シリーズは、1960年代の東宝映画を支える人気シリーズの一つでした。

その事実上の最終作品(17作目)が、今回の『若大将対青大将』です。

「事実上の」と断りが入るのは、一応この10年後と20年後に、『帰ってきた若大将』(1981年)と『社長になった若大将』(1992年)が作られているからです。

が、それらは番外編というか、加山雄三の芸能生活20周年と30周年に、「加山雄三なら若大将だろう」ということで作ったものですから、60年代に作られた一連のシリーズと同列に見るのはむずかしいかなという気がします。

本人も40歳や50歳を過ぎ、時代も変わったというのに、高度経済成長時代の大学生と同じ映画になるはずがないですから……。

これまで、同シリーズは最初の3作品を含めた4作品を、このブログでご紹介しました。

【若大将シリーズ関連記事】
『大学の若大将』高度経済成長の日本に全面開花した青春喜劇
『銀座の若大将』星由里子の澄ちゃん、今回も嫉妬で若大将困惑
『日本一の若大将』悪気を知らず友だち思いの明るく楽しい青春
『ハワイの若大将』加山雄三、田中邦衛、星由里子、清水由記

それ以外の作品も、観てはいます。

ただ、シリーズの基本的な設定は最初の3作を観れば十分で、あとは毎回、加山雄三が国内外に出かけたり、スポーツをしたり、楽器を弾いたりする、加山雄三のプロモーション&観光映画のパターンです。

まあ、他の作品はまた機会があれば記事にしたいと思います。

「最終」である本作は、若大将がどうなったかといいますと、「若大将」の異名を大学自動車部の後輩に譲り、自分はマドンナと結婚してしまいます。

マドンナは、“すみちゃん”こと星由里子から、“せっちゃん”こと酒井和歌子にバトンタッチしています。

上映されたのは1971年ですから、もう映画は斜陽産業。

大映は倒産。東映はプロ野球球団を売却しましたが、東宝は制作部門を分社化。専属俳優との契約も解除してしまう頃です。

それはつまり、人気シリーズもすべて終了ということです。

東宝の屋台骨を支えてきた、喜劇駅前シリーズは『喜劇駅前桟橋』(1969年2月15日)、社長シリーズは『続・社長学ABC』(1970年2月28日)、クレージー映画は『日本一のショック男』(1971年12月)をもって、シリーズが終了しました。

そのひとつとして、若大将シリーズもこの時期に終了となったわけです。

全盛時は当時で5億円だった興行収入も、本作は1億円を割り込んだそうですから、いずれにしても潮時だったのでしょう。

スポンサードリンク↓

若大将も青大将も「卒業」してエンディング


冒頭シーンでは、若大将を勝手にライバル視していた青大将こと石山新次郎(田中邦衛)が、やっと京南大学を卒業します。

セリフでは、卒業まで8年かかったそうですが、シリーズ第一作目の『大学の若大将』からちょうど10年。

途中の作品では、ハワイの大学の留学試験を受けたこともあるので、もしかしたら4年間休学して、合計12年かかった勘定かもしれません。

それはともかく、卒業祝いは、若大将の大学自動車部後輩・太田茂夫(大谷茂)の母の春江(三條美紀)が経営するドライブイン「ピット」で行われました。

そこで、「若大将」は田沼雄一(加山雄三)から太田茂夫(大谷茂)に、「青大将」は石山新次郎(田中邦衛)から、自動車部マネージャー(高松しげお)に譲られることになりました。

大谷茂
新旧若大将と青大将

その日、ドライブインの前の道路で、チンピラに絡まれていた森山圭子(吉沢京子)を助けたことで、新若大将(大谷茂)は、圭子(吉沢京子)との付き合いが始まります。

一方、石山新次郎(田中邦衛)は、自分の父親(松村達雄)が経営する石山商事に入社。

配属された営業部には雄一(加山雄三)が働いており、隣りの文書課には“せっちゃん”(酒井和歌子)がいます。

例によって、新次郎(田中邦衛)は2人の関係に横恋慕したり、あわよくばと圭子(吉沢京子)にもちょっかいを出したりしますが、結局どちらも実りません。

雄一(加山雄三)は“せっちゃん”(酒井和歌子)と結ばれ、新次郎(田中邦衛)の策略で、誤解のあった新若大将(大谷茂)と圭子(吉沢京子)も仲直りします。

その後、新若大将(大谷茂)による作品は作られていませんが、この時は、まだ作る気はあったのかどうか気になります。

当時、大谷茂は、東宝の『社長学ABC』『続・社長学ABC』でも、若手社員役で出演していましたが、なんとも華のない役者で、失礼ながら後継者は荷が重すぎる気がしました。

この時期、やはり東宝で期待されていた、東山敬司という役者がいたのですが、

東山敬司
マルベル堂サイトより

こちらは、セリフ棒読み、というより怒鳴り読みの超大根芝居ながら、もともと加山雄三二世で売り出しましたし、元気が良くて悪気のない天然のところは、若大将の後継者にピッタリだと思ったのですけどね。

なぜ彼でなかったのか、

外部の人間にはわからない、何か社内事情があったのかもしれません。

若大将対青大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]

若大将対青大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


スポンサーリンク↓


nice!(290)  [編集]
共通テーマ:映画

nice! 290

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます