So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シマダヤの焼きそばを作って、我が家の第4次焼きそばブームを!?

シマダヤの焼きそば

『シマダヤの焼きそば』という粉末ソース付き生麺で、焼きそばを作りました。焼きそばは、今や家庭の食卓に当たり前のように登場します。一方、現在は『第4次焼きそばブーム』なのだそうです。それは外食としての焼きそばの美味さが評価されている時代になったことを指すそうです。



材料はシンプルに、シマダヤの焼きそば、カット野菜、手元不如意の私にピッタリの魚肉ソーセージ。

シマダヤの焼きそば

合計で200円ぐらいです。

できあがりがこれ。

シマダヤの焼きそば

例によって、盛り付け方はアレですが、ラーメンだと盛り付けに凝るのに、焼きそばやスパゲッティは何も考えずフライパンからそのまま皿にあけます。

まあ、味は粉末スープ以外、とくに調味料は使っていないので、できたものはおそらく、シマダヤが提供する味のままです。

ただ私は、酢が血糖値を上昇させないというので、最近は麺類に酢をかけるのがマイブームです。

そんなに気になるなら、はじめから食べなければいいのですが、逃げてばかりいる人生ではつまらないと思い、酢をかけて、ときにはご飯を付けて腹いっぱい食べています(笑)

第4次焼きそばブーム


全国の焼きそばを食べ歩く、ブログ『焼きそば名店探訪録』の執筆者塩崎省吾さんによると、現在は、第4次焼きそばブームだそうです。

焼きそばがブームって、ご存知でしたか。

第4次焼きそばブーム
Facebookより

記事を要約します。

第1次ブームは、戦後(1945年~1955年)闇市を通して、小麦粉の普及によって焼きそばが全国拡大した時期。

第2次ブームは、マルちゃん焼きそば、ペヤングソース焼きそばなどのインスタント商品が登場した1975年頃。

焼きそばが一般家庭に一気に普及し、「お昼ごはんに焼きそば」という風景はこの頃に確立したといいます。

混ぜっ返すようですが、日清焼きそば、明星焼きそばジャンボ、下で触れているアラビヤン焼そば、サッポロ一番ソース焼きそばなど、すでに昭和40年代前半には、インスタント焼きそばの生産発売がピークを迎えています。

たとえば、『社長学ABC』(1970年、東宝)という映画の中でも、それを反映するように、小林桂樹の提案したインスタント焼きそばが好評というシーンがでてきます。

塩崎省吾さんのロジックにならうなら、第2次ブームはその時期、つまり1965年頃だと私は思うのですが、まあそれはさておき、第3次ブームは、2001年頃の「ご当地焼きそば」だそうです。

静岡県富士宮市が仕掛けた「富士宮焼きそば」をきっかけに、町おこしの祭典「B1グランプリ」が生まれ、様々なご当地焼きそばが生まれていったというのです。これは私もそのとおりだと思います。

そして、ご当地焼きそばの美味しさによって、「焼きそばによってその美味しさには違いがある」ことに人々は気づいたので、外食としての焼きそばを取り巻く状況が変わってきたとしています。

たとえば、自家製麺にこだわった名店が東京都心に登場するなど、現在は外食の選択肢になり得るほど美味しくなってきた、ということだそうです。

私は、外食ではあまり焼きそばは食べたことがなかったのですが、みなさんはいかがですか。

スポンサーリンク↓

焼きそば、これまで作ったもの


このブログではじめてご紹介した焼きそばは、東京大田汐焼きそばという「ご当地焼きそば」でした。

東京大田汐焼きそば

大田区の活性化を目指して結集した、若手経営者が企画考案したものです。

地元ゆかりの食材を使用するもので、蒲田、大森、八潮、久が原の飲食店30店が、メニューとして採用しています。

地元ゆかりの食材10品を具体的に挙げると、

1.カリカリ梅(梅は大田区の区花)
2.海苔(地元特産であった大森海苔)
3.桜海老(田園調布本町の桜の名所・桜坂からイメージ)
4.アサリ(大森貝塚からイメージ)
5.タマネギ(多摩川の「たま」つながり)
6.モヤシ(JR蒲田駅東口にあるモヤイ像から連想)
7.ニラ(明治から大正にかけて有名であった、蒲田菖蒲園の菖蒲に似ている)
8.麺(平打ち極太麺。六郷用水路を流れる清流をイメージ)
9.塩ソース(トリガラスープを使った特性ソース。羽田の羽つながり)
10.皆様に愛される店主の愛情

この条件で自作してみました。

東京大田汐焼きそば、大田区発の“ご当地グルメ”を自分で作ると……

調理した様子は撮影し、後日Youtubeにアップしたのですが



3年たっても、たった64人しか参照がないので、動画はこれ一本ではやくも打ち切りに(涙)

でも、インスタント食品を含めて、その後も性懲りもなくいくつか作らせていただきました。

『アラビヤン焼きそば』45年ぶりの味、作り方、砂塚秀夫

アラビヤン焼きそば

『第一亭』の『パタン』作りにチャレンジ

パタン

作る、とまではいえませんが、レンジでチンの冷凍食品もご紹介しました。

『冷凍日清焼そばスパイシーソース』レンジでチンして混ぜるだけ
『五目あんかけ焼そば』を食べながら主夫の哀しきツイートを読む
『屋台一番焼そばソース味大盛り1.5倍』国産具材でスパイシー
ごっつ旨いそばめし、ソース焼きそばにご飯がまざった炒め物

これだけこだわっている割には、いまだに舌も肥えず、料理もうまくならないのですが、まあ、これからも機会がありましたら、試行錯誤の苦心作を晒してみたいと思います。

スポンサーリンク↓


nice!(304)  コメント(19)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 304

コメント 19

pn

そーなんですよ、背を向けてばかりでは人生面白くない。そして増える体重(^_^;)
by pn (2017-05-06 21:13) 

little_me

シマダヤの焼きそば、お昼によく食べます。
焼きそばだと夫が作ってくれるので助かるんです(^^;
焼きそばがブームというのは知りませんでした。
by little_me (2017-05-06 21:29) 

末尾ルコ(アルベール)

『シマダヤの焼きそば』・・・わたしもなまじっかカロリーや栄養学的知識を持たなかったら、毎日このような焼きそばパラダイスだったかもしれません(笑)。粉末ソースが絶対美味しいんですよね。あのある種、刺激的な(笑)お味!液体のソースではでないのです。しかも魚肉ソーセージ!このタイプのソース焼きそばには魚肉ソーセージが合うんですよね。志やうエッセンとかでは今一つ合いません。思うに、魚肉ソーセージのいささか淡白でシンプルな味わいが粉末ソースにピッタリなのですね。

>逃げてばかりいる人生ではつまらないと思い

勇気をいただけるお言葉(笑)!またソース焼きそばにご飯が合うんですよね。

>第2次ブームはその時期、つまり1965年頃

なるほど。わたしもそのお説を支持いたします。もっとも高知辺りでは、焼きそばはわたしが物心ついた頃は既に安定的に人気があり、そのままずっと今まで続いているような気がします。特に中学高校時代は、学校帰りにたこ焼きと焼きそばの両方を売っているお店で買って食べたりするのが普通でした。でもなぜか、家で作るソース焼きそばは特別な美味しさなんですよね。

上田馬之助のお話、非常に考えさせられます。結局シンプルな言い方になりますが、人間や人生そのものがリング上で表れていたと言えますでしょうか。特に派手な技を持っているわけでもなし、けれど歴代日本人プロレスラーの中でも屈指のインパクトを持っていましたよね。何か上田の執拗なクロウ攻撃一つにしても、退屈しなかったですね。ついつい凝視してしまう磁力がありました。いっぷく様のお考えによれば、上田の場合は子ども時代からの経験がレスラーとしての成り立ちに大きく影響している。そういうところもプロレス、特に昭和プロレスのおもしろさですね。考えてみれば、馬場や猪木もその人生やコンプレックスが明らかにリングに反映されています。そうした要素は80年代後半あたりから希薄になってきたでしょうか。どうも「闘魂三銃士」とか「白浪五人男」とかいうセンスは受け入れ難いものがありました(←ついやり玉に挙げたくなるんです 笑)。日プロ時代からの「裏切り」エピソードなども、上田馬之助を筆頭にスケールが大きいですね。「裏切り」が80年代後半から平成にかけてのプロレスの中にも度々あるかと思いますが、もう一つセコい感じ。日プロ時代からの様々なエピソードは、ちょっと引き合いに出すのは不適切かもしれませんが、昭和の社会に起こった「下山事件」「帝銀事件」といったものに共通する、「強烈な翳」を感じさせるものがあります。と、ここまで書いてまた気付いたんですが、今のプロレスには「翳」が感じられないのも魅力に欠ける部分ですね。それはプロレス以外の平成の日本文化の多くにも言えそうですよね。
  RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-05-06 22:04) 

うつ夫

ラーメンか、焼きそばかと言われれば、やはりラーメンかも。
by うつ夫 (2017-05-06 23:05) 

t-yahiro

やはり麺は一度水でほぐしますよね。我が家では
ホグス派とホグサナイ派でいつも論争が起きます。
by t-yahiro (2017-05-06 23:30) 

utamaroco

露天のやきそばは「外食」になるのかな?
by utamaroco (2017-05-06 23:48) 

ミケシマ

様々なご「当地焼きそば」がありますよね。
富士宮やきそば、食べてみたいなぁ。
我が家でも焼きそばは夫が担当。
わたしが作るより断然美味しいんです。
野菜が麺よりたくさん入っていてヘルシー! かも?
by ミケシマ (2017-05-07 00:15) 

nikki

第4次焼きそばブームなんですね。
知らなかった。
by nikki (2017-05-07 00:23) 

ナベちはる

栄えては廃って、また栄えては廃って…
ブームは繰り返しだと思うのですが、焼きそばはそれを3回繰り返して今4回目のブームが来ているのですね。知りませんでした。
by ナベちはる (2017-05-07 00:28) 

えのみ

外食で焼きそばは食べたといえば中華街の焼きそばですね。
インスタントでも粉ソースがうまく混ざらなかったり偏りができてしまいますので
意外に作るのは難しいかもしれません。
by えのみ (2017-05-07 02:13) 

yamatonosuke

アサリの出汁のきいた焼きそば。
とても美味しそうですね。
by yamatonosuke (2017-05-07 02:22) 

chibacandy

焼きそばの第4ブームは知りませんでした。
昔々私の住んでいたところ(墨田区、船橋市本町)には茹で麺を1玉づつ売っているお店があって、ラーメン玉だけが茹で麺ではなかったんです。それを茹でてお湯切りして焼きそばにしていました。
インスタント焼きそばが出た時は驚きでしたがこれは焼きそばではないと親の意見に賛同していました。
外食で焼きそばを食べる時はかた焼きそばがいいですね!
by chibacandy (2017-05-07 07:13) 

ciel-bleu-fonce

焼きそば、大好きです。とっても美味しそうですね。
by ciel-bleu-fonce (2017-05-07 11:16) 

johncomeback

学生時代にお世話になった「マルちゃんソース焼きそば」を
今でも無性に食べたくなる事があって、相方に作ってもらいます。
やはり「魚肉ソーセージ」です(^^)
by johncomeback (2017-05-07 19:35) 

こじろう

シマダヤの焼きそばは試したことがないけど,マルちゃん(粉末ソース)なら,最近のマイブームだ。
ダイソーで買った,焼きそばがレンチンで作れる器を買ったら便利なので,ついつい焼きそばを買ってしまうんだな・・・。
by こじろう (2017-05-07 20:24) 

Rinko

焼きそばブームなるものがあるんですね!
しかも現在は第4次!
奇遇にも今夜の夕食は「焼きそば」の予定です^m^
by Rinko (2017-05-08 08:16) 

れもん

シマダヤも知っていますが栃木には那須ソース焼きそばと言うのがあります。おいしいですよ。
by れもん (2017-05-09 13:57) 

犬眉母

生麺のほうがインスタント袋麺より割安ですね。
by 犬眉母 (2017-05-09 23:14) 

えくりぷす

焼きそばは、麺類のなかでビールにいちばん合うのが良いところだと思っています。
by えくりぷす (2017-05-10 15:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます