So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仁神術!指の末梢神経(経絡のツボ)刺激法だった

仁神術!指の末梢神経(経絡のツボ)刺激法だった

仁神術ってご存知ですか。密教の経典のような名前ですが、指の末梢神経にある経絡のツボを刺激することで、体の不調に対する生体防御反応を高めよう、という健康療法だそうです。しかしこれは、すでに刺絡療法として、一部それを支持する施術者に採用されています。



医学は日々進歩しているはずなのに、昨今、民間療法、代替療法と言ったものが注目されています。

その背景には、1980年代以降、第二臨調主導のもとで社会保障制度の見直しが行われ、健康管理の自己責任化と、社会保障制度を市場へシフトさせる「構造改革」が行われてきたことがあります。

それによって、メディアは健康情報を報じ、健康食品など民間療法産業は、新たな市場を当て込んでたくさんの企業が参入してきました。

また、平均寿命の延び(高齢化)、少子化、核家族化、未婚化などによって、「病気になったらどうするのか」という問題が、以前よりも切実になったのかもしれません。

というわけで、今日、Facebookのタイムラインを眺めていたら、仁神術についての投稿がありました。

指を1分間揉むだけで心と体がリラックスできる『 仁神術 』の健康効果が凄い!血流を改善して免疫力をアップ!ストレス抑制、疲労回復などに効く!
http://medical-careerchange.com/blog-entry-250.html



仁神術
http://medical-careerchange.com/blog-entry-250.html より

手にある経絡のツボとともに、体の各部位に相当する所をもむことによって、血流がよくなり免疫力が上がるという健康療法が書かれています。

私が知る限り、仁神術というのは、経絡のツボをもむことをさしており、「体の各部位に相当する所をもむ」というのは初耳でしたが、子のサイトによると、手にも、先日ご紹介した足裏マッサージの「反射区」に相当するところがあるとしているわけです。

上の図ですが、これは、先日ご紹介した、足裏もみ健康法の「反射区」と、場所がほぼ同じですね。

「足もみ」で心も体も超健康になる!(王様文庫)
「足もみ」で心も体も超健康になる!(王様文庫)

同じサイトからお借りします。

足の反射区
http://medical-careerchange.com/blog-entry-406.html より

手に、経絡のツボがあることは以前から存じていました。

日本自律神経免疫治療研究会によると、自律神経免疫療法という、指の末梢神経にある経絡のツボに圧をかけて、「がん治療をする」(←同研究会がそう標榜)方法があるからです。

薬指をのぞく4本の指の爪の生え際を押す

いわゆる爪もみ療法、福田安保理論などともいわれます。

爪もみ療法
http://home.r08.itscom.net/a21/fabo/ より

私も、電子針を使って、この療法は実践したことがあります。
電子鍼

しかし、この爪もみ療法を標榜する日本自律神経免疫治療研究会ができて20年近くたちますが、例によって「がんを治す」エビデンスは確立できていません。

民間の健康雑誌(『爽快』など)にわずかに出ている「臨床例」では、進行の遅い前立腺がんや甲状腺がん、胃のマルト型悪性リンパ腫など「タチがそれほど悪くないがん」に対して、わずかに改善らしきものが見られただけだったと記憶しています。←それも統計的に有意がどうかはわかりません。

爪もみ健康法がまた脚光を浴びている!?自律神経のバランス調整

ただ、この治療を行う病院によっては、施術によって血の色が変わった、すなわち血流が改善された証拠としての画像は公開されています。要するにインチキではないよということなんでしょうね。

血流が改善
https://www.dr-madarame.com/medical/ より

スポンサーリンク↓

物は試しでいかが?


足裏もみ健康法で書いたように、これで直接「○○病が治る」と解するのではなく、「血流を改善する」ことで生体防御反応を高め、それが結果として病気の改善を下支えすることもあり得る、ぐらいに考えておけばいいのではないでしょうか。

上記の仁神術サイトには、その経絡のツボに加えて、足裏の「反射区」にあたるものが加わったわけです。

侵襲性もなく、電車の移動中、飲食店で注文したものが来るまでなど、ちょっとした空き時間に、物は試しでいかがでしょうか。

指つかみで病気が治る! 痛みが消える! (たった3分で63の不調とマイナス感情が消える!) -
指つかみで病気が治る! 痛みが消える! (たった3分で63の不調とマイナス感情が消える!) -
スポンサーリンク↓


nice!(257)  コメント(14)  [編集]

nice! 257

コメント 14

ナベちはる

>ただ、この治療を行う病院によっては、施術によって血の色が変わった、すなわち血流が改善された証拠としての画像は公開されています。

医学的に「インチキ」ではないにしても、それをやれば解決するわけではないはずなので、治療を受けたからといって安心してはいけませんね(汗)
by ナベちはる (2018-04-04 00:27) 

うつ夫

ツボの場所って正確にわからないのですが・・・
by うつ夫 (2018-04-04 00:38) 

末尾ルコ(アルベール)

仁神術!指の末梢神経(経絡のツボ)刺激法だった・・・まあ基本的に病院の治療や検査は心身に負担がかかるものが多いので、(できれば、病院へ行かずに)という気持ちはほとんどの人が持っているでしょうし、その点はわたしも理解できます。しかし「病院(現代医療)忌避」が極端になると人生を誤ってしまう結果となる可能性も高くなるもので、そのあたりのバランス感覚が大切ですよね。あわたしは民間療法の中の多くは非常にインチキ臭いと見ておりますが、興味を引かれている民間療法も少なくありません。いっぷく様がよく紹介してくださる「マッサージ系」や「揉む系」などは常に強く興味を持っておりますので、こうしてまとまった形で紹介してくださるのは大変ありがたいです。
それにしても「仁神術」って、一種の民間療法にしてはすごいネーミングですよね(笑)。この名前によって興味を引かれる人もいれば、最初から近づかない人もいるのでしょうね。それはさて置き、載せてくださっている「ツボ」の説明図はなかなか壮観です。しかし、例えば「胃なら、胃だけ」という考えよりも、「身体の各部が互いに複雑に影響し合っている」という考え方の方が好きですし、理にも適っている気がします。

>これで直接「○○病が治る」と解するのではなく、「血流を改善する」ことで生体防御反応を高め、それが結果として病気の改善を下支えすることもあり得る

完璧に賛成いたします。「~が治る」とか言っちゃダメだと思いますね。それと、これはわたしの民間療法などに対するスタンスなのですが、「期待し過ぎない」こと、そして「基本的に予防、あるいは軽い症状の内なら効果を期待できる、かもしれない」と考えています。もちろん現代医療との併用などで、重篤な症状に効果的な場合もあるのでしょうが、例えば風邪などでも症状がキツイときは、多分指揉みでの改善は無理などではないかと(笑)。やはりこういうのは、常日頃の習慣とすることで、「生体防御反応」などを少しずつ強靭にしていけるかも・・・というように考えております。でも、期待はしちゃいますよね。

よく考えたら、演歌を聴き始めてまだ1年も経ってないのにいろいろ書いている図々しいわたしなのですが(笑)、あれは去年の四月、丘みどりが「涙そうそう」を歌うのを観て、聴いて、演歌の世界にはまりました。その過程で山田姉妹という、演歌ではないけれどわたしの人生にとって極めて重要な存在とも出会い、その意味で丘みどりにはいくら感謝をしてもしきれません(笑)。
でも現実的には、「本当に聴きたい・観たい」演歌歌手はごくごく少数です。あ、これはもちろん「わたしにとって」ということですが。ただ、演歌歌手って全国にもの凄い人数がいるのだと思います。BSなどで歌番組をしょっちゅう観ていても、毎週のように「未知の演歌歌手」が出てきます。で、「演歌歌手」の前提として、「歌が上手いのは当たり前」ですから、そこからどれだけ「より多くの人に、聴きたいと思ってもらえる+α」を築けるかが一流になれるか、二流以下で終わるかの分かれ目だと思うのですが、まさにピラミッド型のヒエラルキーが存在する世界です。ごく僅かの超一流を聴いてしまえば、ピラミッドの下の方の人たちをわざわざ聴きたいとはなかなか思えないですね。この点は、ロックやポップスなどよりもヒエラルキーがはっきりした世界だと感じております。

それにしてもいっぷく様のご交際のエピソード、フランスの恋愛小説を読ませていただいているような感覚にさせていただいております。「フラれる前にフル」という恋愛作法を使う方もおれば、わたしの経験の中では、「フラれたような形だけれど、実は厄介払いでせいせいした」というのもありました。ある女性と短い期間付き合っていて、何となく予感はしていたのですが、「もう終わりにしましょう」なんて横着にも(笑)メールで連絡してきて、しばらくの間はわたしの方がどうも未練があったのですが、半年くらい経つと(いや、実は彼女のことを厄介に感じていたのが本音だったのではないか、これはとても上手いこといったのではないか)と、負け惜しみなどではなく、本気でそう感じ始めまして、あらためて人間感情は単純ではないなあと思ったものです。

田川寿美のお話に戻りますと(笑)、40過ぎても博多人形のような可愛らしさで、しかもあの素晴らしい発声、そしてコントなども軽快にこなす器用さもあります。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-04-04 01:28) 

green_blue_sky

ツボ、いろいろありますね。
触っていたらツボの時がありました
by green_blue_sky (2018-04-04 06:09) 

ヤマカゼ

手足にいっぱいツボがあるんですね。
by ヤマカゼ (2018-04-04 06:33) 

Rinko

病院へ行くほどのものではない身体の不調の不定愁訴に効きそうですね~。そのツボの図を見ているだけで肩こりが楽になりそうです^m^
by Rinko (2018-04-04 08:14) 

pn

あ、爪マッサージ最近してないや(^_^;)
by pn (2018-04-04 08:24) 

little_me

爪もみはお風呂で一日一回ですが、習慣化してます。
病気になってからやって効果があるかは ? 
ですが、日頃からやっておけば免疫力がアップするかなと。
夫にも勧めてるけど、思い出した時にやる程度で
なかなか習慣化には至らないようです。

by little_me (2018-04-04 12:48) 

なかちゃん

どれだけの効果があるかは分からないけど、自分でヒマな時に簡単に出来るのがいいですね ^^

by なかちゃん (2018-04-04 15:41) 

kiki

爪のキワを押すのは気付いた時にしてます。
一番効果があると思っているのは、
足の人差し指w は腹痛の時に押すと結構治ります。
by kiki (2018-04-04 16:34) 

makkun

私は毎朝の目覚めとともに揉んでますよ~
40年位前に整骨院の院長とゴルフする事になり
以降、院長が他界する3年前までお付き合いしてましたが
手足のツボの位置と揉み方を教えてくれました。
イタギモ・・・一番です(*∩ω∩*)
by makkun (2018-04-04 16:38) 

ヨッシーパパ

いろいろツボがあるんですね。
by ヨッシーパパ (2018-04-04 18:49) 

チャー

手の指なら 気軽にいつでも出来ますね ツボは 体の一部に通じている そう考えると 神秘的です
いっぷくさんが 高い所がダメとは意外でした (^^)
by チャー (2018-04-04 19:47) 

johncomeback

ツボが足にも手にも・・・ 覚えきれませんが、
「血流を良くする」って事が肝心なんですね。

by johncomeback (2018-04-04 19:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます