So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

桜田淳子、還暦でまたぞろ復帰説も「信教と広告塔の問題」は?

桜田淳子、還暦でまたぞろ復帰説も「信教と広告塔の問題」は?

桜田淳子が、明日の4月14日で還暦を迎えるそうです。還暦を自主的に祝う祝う『桜田淳子 勝手に生誕祭!』なるイベントもあるそうですが、桜田淳子本人も表舞台への復帰の意思があるといいます。しかし、例の宗教問題は未解決のまま。この問題、いかが思われますか。(上の画像はレコードジャケットより)



さる3月21日、桜田淳子の45周年記念ベストアルバム『Thanks45~マイ・アイドロジー~』が、公式サイトで限定販売されました。

過去の楽曲だけでなく、35年ぶりの新曲も含まれています。

27日には、東京・銀座の博品館劇場でコンサートも行いましたが、380人の定員に1000人以上詰めかけたそうです。

これまで、何度も取り沙汰されてきた、テレビ等メディアの“表舞台”復帰の動きが、還暦という区切りもあって、いよいよ本格化してきたところです。







1973年2月25日に、『天使も夢みる』で歌手デビューした桜田淳子。

オーディション番組『スター誕生!』でデビューした森昌子、山口百恵とともに『花の中三トリオ』として売り出されましたが、そのアイドル性は審査委員だった阿久悠氏の折り紙つきでした。

『スター誕生!』の収録において、初めて桜田淳子を見た阿久悠氏の衝撃がこう記されています。

「神がかり的なことを言うようだが、至極平凡な少年少女の輪の中で一人だけ、浮き上がって見える、あるいは、淡い蛍光色に光るように思える少女がいた。演出を心得ているのか、白いベレー風の帽子をかぶっていて目立ったが、大人の興奮が白い帽子で誘われるものではなく、彼女自身が発散している、彼女自身も気づかぬ何かが立ちのぼっているとしか言いようがなかった。/それが桜田淳子だった」(阿久悠『夢を食った男たち―「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代』文藝春秋)

当時の番組プロデューサー・池田文雄氏も、自著で彼女をこう褒めちぎっています。

「スターになるには二通りあって、この淳子のように初めから輝いているタイプと、これは磨けば輝くというタイプがある。スカウトする側にしてみれば、この淳子のような宝石タイプはすぐにでも飛びつきたくなるタイプ」(『テレビ人生!「そんなわけで」録』コアラブック)

桜田淳子は、デビュー以来順調にレコードセールスを稼ぎ出しました。

アイドルからの脱皮が求められる時期には、上手に女優としても活動のウイングを広げました。

たとえば、1978年10月には、長谷川一夫に呼ばれて東宝歌舞伎『おはん長右衛門』に出演。

女人禁制の芸能ともいわれた歌舞伎に、アイドル歌手出身としてはじめての出演という快挙も成し遂げました。

ところが、女優としてせっかく実績を重ねつつあった1992年、統一協会信者であることが明らかになり、“公式行事”の合同結婚式にも参加したことで、イメージダウンとともに広告塔としての責任を問われました。

しかし、同時期に入信が騒がれた、山崎浩子や飯星景子らが脱会したにもかかわらず、桜田淳子は信者であり続け、その結果、表舞台から姿を消しました。

途中、書籍を上梓したり、一夜限りのイベントを開催したりして、その都度復帰の“観測気球”を上げていましたが、根本的な問題がクリアになっていないことから、こんにちまでメディアに自ら顔を出す復帰には至っていません。

桜田淳子、変貌した姿でお通夜参列は引退セレモニー?
桜田淳子、一夜限りのステージ復帰で振り返る“青い鳥”の軌跡
『スター誕生!』と桜田淳子の40年

スポンサーリンク↓

自分の真実の思いを明らかにするか


新興宗教の信者であることが明らかな芸能人はほかにもいます。

にもかかわらず、桜田淳子がこれだけ問題になるのは、統一協会はそれだけ大きな社会問題であり、かつ彼女は合同結婚式に参加して、広告塔としての役割を果たしたからでしょう。

統一協会関連の訴訟では、壺や印鑑売りに対する経済的被害で原告(被害者)が勝訴しただけでなく、統一協会の伝道(勧誘の仕方)自体が最高裁で違法との民事判決が10年以上前に出ています。

「いまだに霊感商法に関する弁護士らが彼女の芸能界復帰に反対表明する中、自分の真実の思いを明らかにすれば、当時の騒動以来、彼女から離れていったファンも次の一歩を考えることができ、戻ってくる人もいるだろう。彼女の言葉を期待する」(『日刊ゲンダイ』2018年3月31日付けで芸能レポーター・城下尊之)

もう、桜田淳子を知らない人々も多いと思いますが、「タレントの信教と広告塔の問題」は、まだ解決していないテーマだと思います。

ゴールデン☆ベスト -
ゴールデン☆ベスト -

夢を食った男たち―「スター誕生」と黄金の70年代 (道草文庫) -
夢を食った男たち―「スター誕生」と黄金の70年代 (道草文庫) -
スポンサーリンク↓


nice!(245)  コメント(11)  [編集]
共通テーマ:芸能

nice! 245

コメント 11

うつ夫

昔からのファンがいるんですね。
by うつ夫 (2018-04-14 00:09) 

ナベちはる

デビューから45年経ってもチケットがなかなか取れない人気、凄いです。
by ナベちはる (2018-04-14 00:42) 

末尾ルコ(アルベール)

桜田淳子、還暦でまたぞろ復帰説も「信教と広告塔の問題」は?・・・少し前のNHK『五木先生の歌う!SHOW学校』で丘みどりが「わたしの青い鳥』を歌ったんですが、それがとても可愛くて、桜田淳子はいなかったことにして、この曲は丘みどりの持ち歌にしたらいいと思っていたところです(笑)。
しかし桜田淳子の評価はそんなに高かったのですね。知りませんでした。単に自分の好みではなかったから、関心が薄かっただけかもしれませんが(笑)。でも振り返ってみれば、中三トリオの中で最初から派手だったのは桜田淳子だったというのは分かります。
「復帰」に関しては、個人的意見としては、「お止めください」としか言いようが(笑)。やはり危険なカルト宗教の信者として、あれだけの広告塔的役割を果たした超有名人としての社会的責任は消えないと思います。飯干恵子があっさりテレビ復帰した時も、(いくら「洗脳が解けた」といっても、テレビ復帰はないのでは・・・)と感じました。「地道な仕事で一からやり直す」とかいうのであれば、まだ話は分かったのですが。

いっぷく様は夢のお話もとても美しく語られますね!常に敬服しておりますが、毎日敬服指数がどんどんアップするという状態でございます。
大豊は最終戦の前に「白い蛇」の夢を見たのですね。わたしの夢に白い蛇なんて出たことありません。結局「白い蛇」と「予言」を常日頃結び付けて意識している人がそんな夢を見るのでしょうね。ただ、巷に津々浦々存在するお粗末な占いと違い、「白い蛇」なんていう猟奇的なイメージの説話的世界は割と好きです。もちろんぜんぜん信じませんが(笑)。

夢にトランプが出てきたとは言え、わたしも政治情勢に対してもの凄く怒ったりというようなメンタリティにはさほどなりません。あまり達観的になるべきではないとは思いますが、歴史を概観すれば、(まあ、こんなものだろう)という気持ちにはどうしてもなります。結局、どんなことに対しても、「大きな期待をし過ぎてならない」という意識はありますね。だからかなりのことが起こっても、(政治に裏切られた~)なんて気分にはなりません。もちろん傍観者ではなく、正すべきは正すというアクションには関わっていくつもりではありますが、どんな政治家であれ、期待してもどうにもならないというのはどうしてもあります。それよりもまず、「自分でできることを少しずつでもやっていく」というのが優先です。

「親戚の叔母さん」などには、「夢の中にまで出てくるな!」と言いたいですね(笑)。夢の少し前にどうしても会わねばならない用事で渋々面会した影響は当然あるでしょうが、「夢」というある意味現実生活よりもプライベートな場所に、「親戚の叔母さんの来る場所はない!」と主張したい気分でした(笑)。
確かに疲れや体調は夢の内容に大きな影響を与えています。一つ興味深いのは、「人間は就寝中、必ず夢を見ているはず」と言われますが、目を覚ましてはっきり覚えている日もあれば、何も思い出せない日もあるということです。目覚める直前って、夢を見ている確率がかなり高い気がするんですが、目覚めてすぐに何も覚えてないことがあるのが不思議ではあります。
そう言えば、「どこかから落ちる」夢はある時期までよく見ていましたが、最近は見ません。

>そもそも、私は疲れていることが多いのか、夢の中はいつも雨か夜です。
 ↑
とりわけこのご一文、さりげなくも美しくて大好きです!
思い返してみると、わたしの場合は「雨」という夢はほとんど記憶にありません。そして朝昼晩も判然としない場合が多く(笑)、しかし太陽の下ではないのが普通なのではないかと思います。
そして、夢の間はそれがどんなに変な内容でも、(これは夢だ)とは認識してないようなのです。夢の中での「ナニ」も甘美で憧れはありますが、このところまるでそのような展開がありません(笑)。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-04-14 01:06) 

nikki

桜田淳子が還暦か。年月がたつわけですね。
宗教問題さえなければ・・・。
私自身宗教は好きではありません。
by nikki (2018-04-14 01:08) 

ゆうのすけ

旦那様が脱会した?!とかいう噂を聞きましたがどうなんでしょうかね。個人としては宗教の自由があるから問題はありませんが 公の場に立つとやはり問題になってしまうのは仕方ないですよね。淳子さんに限らず 有名人 芸能人 スポーツ選手等 新興宗教を信仰される方もかなりの方ですよね。出来ることなら公私で分けていただけると有難いですけれどね。☆才能がある方ですもの頑張っていただきたいです。(彼女がというのではなく ”宗教”を商売にしてしまう方に問題がありますよね。私は宗教って いにしえから続くもの 新興に限らず 集団ではなく 個々の為の内に秘める哲学だと思うんですよね。難しいですけれどね。)

by ゆうのすけ (2018-04-14 01:11) 

kinkin

そうだよな・・・自分と同い年(どちらかと言うと山口百恵と同じ誕生月^^;)還暦ですからね^^;

by kinkin (2018-04-14 05:37) 

pn

森昌子は良い具合におばさんになるまでの過程を見てるからいいけど、いったい今どうなってるのかと思うとなぁ。昔のファンの期待を裏切るだけでは?(^_^;)
by pn (2018-04-14 06:07) 

チャー

統一協会 合同結婚式 凄いですね〜
淳子さんをはじめ皆さん 幸せそうにバンザイ!異様な光景です

夏でも長袖 手袋 素晴らしい(^^)
ストレス これはなかなか防げない事もあります
by チャー (2018-04-14 09:35) 

名指さん

ズンコ…
by 名指さん (2018-04-14 18:06) 

kou

桜田淳子さんは同世代で、家から自転車でいける距離に住んでいました。しかし、まさか統一教会での合同結婚式の事実を聞き、当時は本当にショックでしたよ。

でも、もう一度テレビで観たいかな・・・。
by kou (2018-04-14 19:31) 

なかちゃん

思想や宗教が芸能活動に影響するのは本人も自覚していると思うので、それでもやるのはある意味アッパレかな?
絶対に応援はしませんが、どうぞご自由にです。
昔は大好きだったんだけど、歌い方が変わった時に嫌いになりました(^^)

by なかちゃん (2018-04-14 20:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます